2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« ATARU #03 | トップページ | 鍵のかかった部屋  3話「盤面が語る密室の謎」 »

2012年5月 1日 (火)

宮沢賢治が伝えること:朗読劇(メモのみ)

シス・カンパニー公演
出演:木村佳乃、段田安則、山本耕史(敬称略

「よだかの星」は子供心に一番印象に残ったお話。堪能いたしました。

ひとつだけ・・・この劇場(世田谷パブリックシアター)、客席の傾斜があまりないので、前の席に大きい人が座ると、何も見えなくなってしまう。(汗)
朗読会、という動きの少ない舞台だと、余計に感じました。
.

.

« ATARU #03 | トップページ | 鍵のかかった部屋  3話「盤面が語る密室の謎」 »

*DVD・映画・観劇 ま行」カテゴリの記事

*DVD・映画・観劇 総合」カテゴリの記事

#ドラマ:2012年第2クール」カテゴリの記事

@山本さん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宮沢賢治が伝えること:朗読劇(メモのみ):

« ATARU #03 | トップページ | 鍵のかかった部屋  3話「盤面が語る密室の謎」 »

作品一覧