2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 仮面ライダーフォーゼ #34「天・穴・攻・防」 | トップページ | 鍵のかかった部屋  4話「先入観殺人」 »

2012年5月 8日 (火)

ATARU #04

公式サイト

舞子たちに連れられて、入院・保護されたチョコザイ。
そこへラリーが現れます。もう少し泳がせるつもりだったのが、チョコザイの方から車に乗り込みました。条件反射?
同じ事を三回言うと、その言葉の意味をインプットするそうです。

ラリーの英語は、ちっちゃい画面(15インチ)で見てたためもあるでしょう、背景が重なって字幕が読みにくかったので、ほとんど推測状態でした(汗)。洋画だとそんなことないんですが。字幕の場所って大事なのがわかりました・・・と、ドラマに関係のない話でした(^^;;

沢、舞子とともに解決した事件ファイルを見ていた時のセリフと併せると、チョコザイ・・・ATARUはラリーの下で犯罪捜査のスペシャリストとして訓練を受けており、日本に帰るまではまだ実践経験がなかった、ということでいいのかな?
日本へ帰したのは、何かのトレーニングのためだったのだが、思ったほどの効果が見られないので引き取りにきた。
ところが「特別な絆がある」、つまり自分の言うことなら受け入れるはずのATARUが、制止を振り切り、自らの意思で事件を解決しに行ってしまった。

この変化に興味を覚えるラリー。
もう少し様子を見よう、ということになったようです。

メインのお話は、激突死した小型飛行機のパイロット、橋田を巡って。事故なのか自殺なのか、それとも殺人なのかを見極めるお話でした。

状況は、限りなく自殺に近い。しかしパイロットの婚約者、理子は自殺なんかじゃない、と訴えます。
しかし、橋田の両親は、息子が婚約したことはおろか、理子の存在すら知らなかった。

理子は果たして本当に婚約者なのか?
警察を信用できない理子の依頼を受けた民間の事故鑑定士、公原。
普通なら依頼者の利益をかんがみて事故を主張すべきところを、限りなく自殺だと断定するのは何故か。

橋田を巡る人間関係は、明かされてしまえば単純なものでしたが、それなりのミスリードにはなっていました。

何より、飛行機事故、という専門的な知識がいる推理は、チョコザイによくあっていたと思います。能力トレーニングをした国がアメリカ(多分)という設定にもあっていたとかと。
飛行機がらみの犯罪なんて、日本ではほとんど起こらないだろうから。

そして、例えチョコザイがヒントを呟いても、理解できる人がいなければ無意味。そこで理子の幼馴染として専門家を配し、また、単なるチョコザイのサポートで終わらせなかったのもいいバランスだったと思います。

・・・実際あのようなことが可能かどうか、ということはさておき、飛行機そのものを道具にした犯罪は珍しかったので、楽しめました。

舞子にまとわりつく松島の使い方も良かったと思います。
今回一番受けたのは「刑事」って、間髪入れずに答えた中津川。あんたも見てるんかいっ(爆)

犯人は、自殺に見せかけることが可能な人間。同じくパイロットの笹井でした。演じておられたのは安藤サクラさん。
最初から怪しくはあったのですが、トリックを考え、実行するだけならまだしも。まさか、最後の最後は暴力でトドメを指すとは。一度は、いやもしかしたら今でも惚れた人なのにねぇ。
でもこの人ならやりかねない、と思わすのはさすがでした。腕力もありそうだし。

ラリーが登場した分、小ネタに割く時間は大分少なくなりました。それはそれで寂しいかもしれない。
場面転換のテンポの良さ、舞子と沢のコンビは安定していました。

今や完全にチョコザイの能力を頼りにしている舞子・・・と沢。

頼りにしているのだけど・・・「私はチョコザイのことを何も知らない」、と呟く舞子。
チョコザイがラリーの制止を振り切って出かけたのは、舞子の姿を見たからなのか、それとも飛行機事故に興味を惹かれたのか。

この二人に通ういあうものは生まれるのか、生まれているのか?といったところも含めて、続く。

なぜチョコザイが花にこだわるのか。花を活けてもらって嬉しそうな表情が、なんだか切なくて気になります。

.

.

01 02 03

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 仮面ライダーフォーゼ #34「天・穴・攻・防」 | トップページ | 鍵のかかった部屋  4話「先入観殺人」 »

#ドラマ:2012年第2クール」カテゴリの記事

□ATARU」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ATARU #04:

» ATARU 第4話 [ドラマハンティングP2G]
MISSON 04「最大の危機!!チョコザイ拉致&天才鑑定士の罠」2012.05.06 ON AIR   入院が決まったチョコザイ(中居正広)を病院に送り届けた舞子(栗山千明)。今まで面倒を見てきた舞子を無視するかのように看護師について行くチョコザイに、舞子は少し寂しさを覚えて…... [続きを読む]

» ATARU 第4話 [ぷち丸くんの日常日記]
舞子(栗山千明)は、入院が決まったチョコザイ(中居正広)を病院に送り届ける。 看護師と一緒に院内に入って行ったはずのチョコザイは、病院の外に出て行って しまい、そこをラリー(村上弘明)に連れて行かれてしまう。 そのころ、小型飛行機が樹木に衝突し、パイロットの橋... [続きを読む]

» ATARU CASE04 [レベル999のgoo部屋]
『最大の危機!!チョコザイ拉致&天才鑑定士の罠』 内容 身元が分からないまま、入院することになったチョコザイ(中居正広) その手続きにやって来た舞子(栗山千明)だが、アッサリ入院したことに なにか、不安と寂しさのようなモノを感じていた。 そんななか、セス...... [続きを読む]

» JSQ&黒子のバスケ&ATARU [別館ヒガシ日記]
SQは例の如く立読みし &テニプリは休載だけど は再編集+オリジナルも 順番的に次は左之助 っぽいし 青の祓魔師は退治だが アニメで同じ様なの見た思うし TOLOVEるは古手... [続きを読む]

» 別館の予備(JSQ&黒子のバスケ&ATARU) [スポーツ瓦版]
5月8日 JSQ&黒子のバスケ&ATARU 下記TBアドレスの別館にTBして頂けると有難いです TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/11237004420/96e4c20b アメブロが5 ... [続きを読む]

« 仮面ライダーフォーゼ #34「天・穴・攻・防」 | トップページ | 鍵のかかった部屋  4話「先入観殺人」 »

作品一覧