2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 鍵のかかった部屋  6話「舞台を密室にした犯人の話」 | トップページ | 37歳で医者になった僕~研修医純情物語 7話 »

2012年5月23日 (水)

リーガル・ハイ  6話

公式サイト

ちょっとバタバタしてまして、感想のみにさせていただきます。
2週間ほどは短縮営業になるかと・・・m(_ _)m

今回は男女の機微を描いたお話。

芥川賞受賞作家、神林とフリーキャスター、安奈のおしどり夫婦・・・と思いきや。
神林から古美門に離婚調停の依頼が。
ハイパー・メディア・クリエーターの依頼(激爆)と痴話喧嘩の仲裁だけはやらない、と、即、断ろうとした古美門に安奈サイドの弁護士事務所から電話がかかってきます。

三木!

これはポリシーの問題ではない!
一転して闘志満々で引き受ける古美門の前に現れたのは、三木がわざわざアメリカから呼び寄せた、圭子・シュナイダー・・・古美門の元妻だった?!
トイレに逃げ込む古美門!

今回の感想、「!」が多いです(^^;;

古美門と圭子はかつて三木事務所の同僚で、息がぴったりあったパートナーでもあったそうです。でも1年ももたなかった。
この二人・・・わかるような気がします。

ああ、井手君は今回も外されちゃいました。
ま、仕方がないですね。

離婚の条件で折り合わない神林夫妻。
安奈がヒステリックになることは古美門が体を張って証明しました。服部さん、格好いい。情報通だし。
そして神林が浮気三昧なのは、本人が告白(笑)。
不貞は圧倒的に不利。丸腰で法廷に立つことになると、古美門。

法廷では・・・夫婦喧嘩は犬も食わない、などどいうレベルを越えたドロドロの展開に。
どっちもどっちです。
有名人の場合は、いくら頭に血が上っていても、離婚調停はなるべく和解で終わらした方がいい、というのがよくわかりました。

そういう展開になることを予想していたんでしょうねぇ。さすがの古美門も、もう、口を挟むのをあきらめちゃった。(笑)
そんな古美門を楽しそうに眺める圭子。

圭子に「赤毛のアン」と呼ばれる黛・・・なんで「赤毛のアン」なのかな?「夢見る夢子さん」・・・今はそんな言い方はしませんが(汗)、からの連想だけ?何か裏設定があるのでしょうか。

で、圭子姉御とアンジェリーナ姐さんにつかまっちまいました。
この三人の女子会・・・影からそっと見てみたい(^m^)。

圭子からのヒントに気がついた黛。蘭丸の手も借りてある事実を突き止め、古美門に報告します。これなら勝てる、と手応えを感じる古美門。でも、いつものテンションじゃない?

ある事実とは。
安奈と親友の夫との不貞疑惑。
下ネタの応酬で恥をかくことには耐えられても、これだけは明かされたくない、ということで、安奈が折れ、和解にもって行くことに成功しました。
一番繊細な部分だったのでしょう。
最後、別れの時に、そんな妻の気持ちを神林が思いやるのは、甘い結末かもしれませんが、古美門、圭子の関係ともども後味が良かったです。

さて。和解、ということは、三木事務所の負け。
悔しがる三木に、もう、私はあなたの部下じゃない、と立ち去る圭子。
仕方がないです、古美門を倒すのは三木先生しかいない、とそっと焚きつける沢地。
沢地は、古美門と三木の直接対決を仕組んでいるように見えます。2話で1度対決しているのですが・・・何故なのでしょうか。

黛は、圭子がわざとヒントをくれ、古美門を勝たせたことに感動し、正義のためには負けてもいい、そんな人の下で働きたい、働かせてください、と、圭子にお願いしますが、あっさり断られてしまいます。

あなたは一生、私のようにはなれない。古美門の下で滑った、転んだやってなさい。
そうすればいつかあいつに勝てるかも。
彼に勝てるのは、私ではない。

がっかりして戻った黛に、古美門も圭子がヒントをくれたことを知っていた、と告げる服部。
驚く黛に、それが、阿吽の呼吸、ということなのでしょうかな、と。
神林夫妻がこれ以上傷つかないための、暗黙の了解、チームプレイ。

タイトル、黛が段々古美門に近づいてきました。
本当にキックは決まるのでしょうか。

古美門と圭子・・・堺さんと鈴木京香さんのバトル、期待通り見応えがありました。
情けなさを体当たりで演じる堺さんに、京香さんも貫禄たっぷりの長セリフで応酬。
いいもの見させてもらいました。
永久保存版です。

各々が半分に割った金貨を大事に持っている、という幕切れ、予想はできましたが、このお二人が演じられると、余韻が増すなぁ。

粗筋だけ、それも大分端折ったのですが、結構長くなってしまいました。
今回は苦味の少ない、コメディテイスト全開のお話でした。
とにかくひとつひとつのセリフが面白い。テンポもいい。
とっても楽しかったです。

と、思ったら。
衝撃の予告がっ

なんじゃ、こりゃ!!!(^□^);;

好きなように遊んでませんか?
そういうの、大好物です!(^^)v

しかも木南晴夏さんに、伊吹吾郎さんまで・・・

もう、来週が待ちきれないです!!

.

#01 #02 #03 #04 #05

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 鍵のかかった部屋  6話「舞台を密室にした犯人の話」 | トップページ | 37歳で医者になった僕~研修医純情物語 7話 »

#ドラマ:2012年第2クール」カテゴリの記事

□リーガル・ハイ」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ~
本編もおもしろかったけど、予告にも食いついちゃいました。
まさか、「犬神家」を持ってくるとは・・・(笑
石坂さんの後継者がこんなとこにいたとはねぇ・・・
いや~もう来週が楽しみでしかたありません。
で、今回は元妻VS古美門の息の合った戦っぷりで魅せてくれましたね~
ホント、貫禄十分。あの古美門に対抗できるだけのキャラをしっかりともってきてくれましたよね~
情けない古美門も、またよし(笑)でしたね。
お仕事忙しいんですね。暑くなったようだし、お体ご自愛くださいね。

きりこさん、こんにちわ。

>いや~もう来週が楽しみでしかたありません。
もう、堺さん、似合いすぎ(^^)v
ゲストの皆さんも楽しみすぎます。
木南さんなんて七瀬そのままの目つきでしたし(爆)

と、予告で盛り上がりましたが、本編もとても楽しかったですね~。

>で、今回は元妻VS古美門の息の合った戦っぷりで魅せてくれましたね~
よくぞ、このキャスティングを組んでくれました、と。よくわかってらっしゃるスタッフさんたちです。

>情けない古美門も、またよし(笑)でしたね。
堺さんがノッてる姿を見ているだけで幸せざんす(^^;;

>お仕事忙しいんですね。暑くなったようだし、お体ご自愛くださいね。
ありがとうございますm(_ _)m

仕事の方は調節していたのですが、衝動買いのせいで、プライベートの段取りもガタガタに・・・身から出た錆状態?(笑)
何を買ったかは、時間があったら一言記事にするつもりです。だは~。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リーガル・ハイ  6話:

» 「リーガル・ハイ」 第六話 DV? 二股? 流血の離婚裁判 刺客は元妻 [トリ猫家族]
 (⌒∇⌒)キャハハハ!! 金田一先生、事件です! なんだぁ?!あの予告は・・・ 『犬神家の一族』愛のバラードまで使っちゃって・・・いいのぉ? 堺様の金田一耕助を ... [続きを読む]

» 「リーガル・ハイ」第6話〜逃亡者おりん (青山倫子)が堺雅人に切りかかる [世事熟視〜コソダチP]
「リーガル・ハイ」第6話 フリーキャスター・岡崎安奈(レオタードではない青山倫子)と芥川賞受賞作家の神林彬(鈴木一真)が凄まじい夫婦喧嘩!! おりん(青山倫子)の《必殺花瓶攻撃》は、神林が死んじゃいそうな勢いでしたが、365日怪しい男・鈴木一真は花瓶攻撃を跳ね返しました!! 逆に、突き飛ばされた安奈の額から血が流れていて、おりんの目で睨み返します!! そんなこんなで、理想の夫婦だと思われていた神林と安奈が離婚調停になって、神林は古美門(堺雅人)に依頼。 「離婚紛争など汚... [続きを読む]

» リーガル・ハイ「DV?二股?流血の離婚裁判!現れた最強の敵は古美門の元妻!?」 [のほほん便り]
出ました、相手側から送り込まれた最強の刺客は、オンナ古美門・圭子シュナイダー(鈴木京香)… 古美門(堺雅人)の元・奥さん。 思いっきり似た者夫婦のケンカップルだったのですね。訴訟を起こした夫婦のバトルも凄かったけれど、場外乱闘。このカップルの男女の妙も、リンクして、また、なかなかに味わい深かったのでした。 ドロドロの形勢不利に見えて、最後は、キレイにまとまったあたりも「ほ~~っ」 また、服部さん(里見浩太朗)も新たな技。漢方薬の配合から、モンゴル相撲の腕前で、錯乱し、刃物を振り回す... [続きを読む]

» リーガル・ハイ 第6話 [ドラマハンティングP2G]
vol.06「DV?二股?流血の結婚裁判、刺客は元妻」2012年5月22日 21:00〜21:54 古美門研介(堺雅人)、黛真知子(新垣結衣)、服部(里見浩太朗)がテレビを見ていると、芥川賞受賞作家の神林彬(鈴木一真)と、フリーキャスターの岡崎安奈(青山倫子)が出演しているト…... [続きを読む]

» 【リーガル・ハイ】第6話 [ドラマ@見取り八段・実0段]
結婚に理想などない。 あるのは妥協か諦めか、あるいは血で血を洗う抗争だけだ。 断ってください! 離婚紛争など汚物だ! 「リーガル・ハイ」第6話     朝の古美門法律事務所のテレ...... [続きを読む]

» リーガル・ハイ 第6話 [レベル999のgoo部屋]
『DV?二股?流血の離婚裁判刺客は元妻』 内容 芥川賞受賞作家の神林彬(鈴木一真)とフリーキャスターの岡崎安奈(青山倫子) 夫婦円満であると、、、テレビ出演していた。 見ていた真知子(新垣結衣)は、理想の夫婦だと賞賛し、 古美門(堺雅人)に対し、不純だと...... [続きを読む]

» 別館の予備(リーガル・ハイ&クイーンズブレイド) [スポーツ瓦版]
5月25日 リーガル・ハイ&クイーンズブレイド アメブロが5月15日よりTB廃止する事が発表されましたので 5月15日以降に更新した記事では当ブログでTBを受付ます 当 ... [続きを読む]

» リーガル・ハイ - 堺雅人 新垣結衣 [新ドラマQ]
リーガル・ハイ 火曜 21:00 フジテレビ 2012年4月17日~ [キャスト] 堺雅人 新垣結衣 生瀬勝久 小池栄子 田口淳之 矢野聖人 里見浩太朗 ほか [スタッフ] 企画:成河広明・加藤達也 プロデュース...... [続きを読む]

» 《リーガル・ハイ》☆06 [まぁ、お茶でも]
芥川賞作家神林彰。フリーキャスター岡崎安奈との離婚調停を望んでいた。 古美門は、離婚は汚物だと言って、受けたがらなかったが、服部の取りなしでしぶしぶ・・・ しかし相手が三木の事務所に行き、当日現れたのが、圭子シュナイダー! 古美門の別れた妻がNYから飛んできた。これも三木の差し金だった。 どんどん一方的に話を勧めていた古美門は、圭子の顔を見た途端トーンダウン。 黛に少しつないでろと言って消えた。... [続きを読む]

« 鍵のかかった部屋  6話「舞台を密室にした犯人の話」 | トップページ | 37歳で医者になった僕~研修医純情物語 7話 »

作品一覧