2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 鍵のかかった部屋  4話「先入観殺人」 | トップページ | 37歳で医者になった僕~研修医純情物語 5話 »

2012年5月 9日 (水)

リーガル・ハイ  4話

公式サイト

印象に残ったことを大急ぎでパラパラと書きとめておきます。

日照権を巡る訴訟のお話でした。
住民側の弁護士は、人権派として数々の実績を挙げている大貫。
古美門は訴えられたマンションを建設する会社の弁護士に。

どちらも裁判には持ち込まず、示談で終わらしたい、と言うのが本音です。
大貫の提示した額は一世帯あたり500万。
古美門は5000円。
ここは狐と狸の化かしあいです。

住民の一人、出産間近い久美子と親しくなった黛は大いに不服ですが、服部にだまされたと思って、と言われて古美門についていきます。

まず、自分で人権派弁護士って看板を上げてるのって何か胡散臭いと思いました。
しかもポエム、唱えているし(笑)。

で、助さん格さん再会のシーン(激爆)。サウンドつきでの大サービスです。
この時はスタッフの遊び心であって、お話的にはなくてもいいシーンかな、と思ったのですが。

今回は古美門が全開でした。

「東に日が沈むのは天才バカボンの世界だけです」などなど、とても拾いきれませんでしたが、名言及び迷言の数々を立て板に水のごとくまくし立てる堺さん、素晴らしいです。

蘭丸も活躍していました。新しい住人として住民サイドに動揺を起こします。
大貫も建設会社の新たなマンション計画をネタに脅すなど揺さぶりをかけてきますが、古美門は揺るぎません。
住民一人一人の弱みを握り、悪魔の囁きとともに切り崩していきます。

「他の人は20万円だけど、自分に協力すればあなただけ40万円渡しますよ。いいお小遣いにはなるでしょ?・・・」

古美門のやり方、さらに日照権が争点のはずなのに、町民をまきこんでのマネーゲームになってしまった訴訟のあり方に、どうしても納得できない黛。
お金ではなく、純粋に日照権を守りたいと思っている久美子に、訴訟団から抜けて単独で裁判を起こすことを提案します。

自分の信じる正義のために動こうとしている黛に古美門は、町内にある小さな工務店を見せます。
あの工務店は建設会社の下請けで何とか食っている。もしマンション建設が頓挫したら、あの工務店は潰れるだろう。君の言う「正義」のために。(概略です)
虚をつかれる黛。

「嘘だ」
あの工務店は何の関係もない。しかし、君の見えないところで、今言ったようなことがおきるんだ。

「正義ってなんですか」
セリフの順序は前後しますが、初回と同じ質問を古美門にぶるける黛。
「弁護士にとっての正義とは、クライアントの利益を守ることだ。弁護士は神ではない!」(概略です)

結果は。
全会一致で、古美門の示した金額で手を打つことが決まりました。

悪徳企業をのさばらせるのか、この国の諸悪の根源は政治家とゼネコンだ、とあくまで戦うことを呼びかける大貫。
しかし、町内会の人々は、そんなことをしてなんになる、と醒めた反応です。
「社会正義だ!」と叫ぶ大貫。
「それはあんたの自己満足だろ?」と町内会長。

大貫は本当に儲けを考えないで動く弁護士だったんですね。
誤解していたとあやまる古美門。
だから、水戸黄門のテーマを流したんだな、とここで何となく・・・納得しました。少なくとも人権派を振りかざした悪徳弁護士ではなかったのだから。
どちらともとれる大和田さんの表情が今回の話の鍵の一つだったかもしれない。
憑き物が落ちたように、悄然と雨の中を去っていく後ろ姿が印象的でした。

面白かったし、問題提起も含んでいて考えされられました。

町内会の人々と建設会社の関係は日本の縮図。

今作っているマンションの南側に平気で新たな高層マンション計画を立てるゼネコン。
一つの計画が頓挫すれば、関連する下請けにしわ寄せがいく。
善も悪もひっくるめて、昔ながらの村社会の長の象徴としての町内会長。
わすかなお金で当初の争点を見失ってしまう住民たち。
ここに住んでいる限り、皆の利益に反することはできない、という久美子。
自分の正義を貫くことに拘るあまり、自らを汚すことに疑問を持たなくなってしまった大貫。

そして自分の家の近所に高層マンションが建つと聞いた途端「訴訟だっ」と息巻く古美門もね。(笑)

正義とは。
よく練られたシナリオで見応えがありました。

そんな古美門に晴れやかに宣戦布告する黛。
どうやって黛を倒すのかな?

今後の紆余曲折が楽しみです。

.

#01 #02 #03

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 鍵のかかった部屋  4話「先入観殺人」 | トップページ | 37歳で医者になった僕~研修医純情物語 5話 »

#ドラマ:2012年第2クール」カテゴリの記事

□リーガル・ハイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リーガル・ハイ  4話:

» リーガル・ハイ 第4話 [ぷち丸くんの日常日記]
真知子(新垣結衣)は古美門(堺雅人)のところに、日照権を巡る訴訟を持ち込む。 建設中の高層マンションによって自宅が日陰になるという主婦・久美子(村井美樹) の訴えだった。 古美門は、真知子の案件に興味を示さない。 そんな折、久美子から町内会で弁護士を立てること... [続きを読む]

» 「リーガル・ハイ」 第四話 太陽を返せ!マンション裁判仁義なき戦い [トリ猫家族]
 やっぱり古沢さんだねぇ・・ 「人権派」というものに対する何かもやもやした思いを(私だけか?)ひとつの形にして、見せてくれた。 でも、彼らが戦っているのも事実。 真実は ... [続きを読む]

» リーガル・ハイ 第4話 [ドラマハンティングP2G]
vol.04「太陽を返せ!マンション裁判仁義なき戦い」2012年5月8日 21:00〜21:54 昼寝中の古美門研介(堺雅人)に、黛真知子(新垣結衣)が持ち込んだのは、日照権を巡る訴訟。近くに建設中の高層マンションのために、自宅が日陰になるという主婦、桑田久美子(村井美樹)…... [続きを読む]

» 【リーガル・ハイ】第4話 [ドラマ@見取り八段・実0段]
君が正義とか抜かしてるものは、上から目線の同情にすぎない。 その都度、目の前のかわいそうな人間を哀れんでいるだけだ。 「リーガル・ハイ」第4話     近隣住民の反対を押し切って、15階...... [続きを読む]

» リーガル・ハイ 第4話 [レベル999のgoo部屋]
『太陽を返せ!マンション裁判仁義なき戦い』 内容 15階建てのマンションの建設が強行されると自宅が日陰になってしまうと、 桑田久美子(村井美樹)という主婦から相談された真知子(新垣結衣) 古美門(堺雅人)に、仕事が入ったと告げるが、乗り気ではなかった。 ...... [続きを読む]

» リーガル・ハイ(第4話・5/8) [ディレクターの目線blog@FC2]
4/17からフジテレビで始まったドラマ『リーガル・ハイ』(公式)の第4話『太陽を返せ!マンション裁判仁義なき戦い』の感想。 面白いのに、なぜか消化不良気味… 今週は法廷シーンが無くとも、堺雅...... [続きを読む]

» 「リーガル・ハイ」第4話〜正義は特撮ヒーローものと少年ジャンプの中にしかない [世事熟視〜コソダチP]
「リーガル・ハイ」第4話 ビリー・バンバン/特選・歌カラベスト3 白いブランコ/さよならをするために/遅す価格:1,300円(税込、送料別) 広い庭に白いブランコを買って、生まれてくる子供との日々を楽しみにしている庭に妊娠中の主婦・桑田久美子(村井美樹)。 ところが、高層マンションの工事が始まって自宅が日陰になる・・・。 温かい日差しの中で、子供をブランコに乗せる生活が高層マンションのせいで破壊される。 で、日照権を巡る訴訟になるのですが、広い庭にブランコという羨ましい生活環境を持... [続きを読む]

» リーガル・ハイ「太陽を返せ!マンション裁判仁義なき戦い」 [のほほん便り]
今回は、日照権を巡るシビアなオハナシだっただけに、コミカル色も満載。ラストのオチ。我身に降りかかったとたん豹変する姿勢には、あははは… 古美門(堺雅人)の顔芸と、潔いまでの明快さ。揺れる、真知子(新垣結衣)の、初々しい若さ。対する“人権派”弁護士・大貫善三(大和田伸也)が、それぞれの立場でイイ味だしてたのでした。 妊婦・桑田久美子(村井美樹)の、理想を抱きつつもマネーゲームに翻弄されて、オロオロぶりもヨカッタですよね。 微妙なところや、モヤモヤをうまく代弁してた気がして。 執... [続きを読む]

» リーガル・ハイ&クイーンズブレイド&SKET DANCE [別館ヒガシ日記]
リーガル・ハイは第4話だけど 今回は日照権の示談だけども 古美門が上手く示談が成立だが 真知子が少し微妙な... [続きを読む]

» 別館の予備(リーガル・ハイ&クイーンズブレイド&SKET DANCE) [スポーツ瓦版]
5月11日 リーガル・ハイ&クイーンズブレイド&SKET DANCE 下記TBアドレスの別館にTBして頂けると有難いです TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/112 ... [続きを読む]

» 《リーガル・ハイ》☆04 [まぁ、お茶でも]
そろそろ出産予定の久美子は、一番日当たりの良い庭の部分に子供のためにブランコを置いた。その時、前の空き地にブルドーザーが入った。島津エステートと書かれた看板を、見ながら黛は、日照権が侵されるなら、設計の変更を、要求しましょうと、話した。 古美門の事務所に行くと、古美門が今日は休日と宣言し、それを侵すものがいれば首だと、わけのわからない事を言いだしていた。 町内会では、もう弁護士を頼む人が決まっていた ... [続きを読む]

« 鍵のかかった部屋  4話「先入観殺人」 | トップページ | 37歳で医者になった僕~研修医純情物語 5話 »

作品一覧