2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« リーガル・ハイ  3話 | トップページ | カエルの王女さま 第4回「オバサン、TVに出る」 »

2012年5月 3日 (木)

37歳で医者になった僕~研修医純情物語 4話

公式サイト

先週の感想で、一人一人の患者にのめり込むと体も心も持たないような気がする、と書きましたが、今週は木島のことを引きずる紺野が、再び末期ガンの患者と向き合うことで、自分なりの患者との境界線を見つけるまで。

一歩成長した紺野とともに、そんな紺野の影響で研修医たちが変わっていく様子も具体的に描かれていました。

ちょっと頭がいいから医者になったという下田。羨ましいです(汗)。
下田の「めんどくさい」発言は患者サイドから見たら許せないけれども、そういう時もあるだろうなぁ、と。
特に自分から治療を放棄するような患者に関わっている余裕はないだろうなぁ・・・下田は暇そうでしたが(大汗)。

外科系に比べると時間をかけて治す内科系は確かに地味かも。

下田と香織、切れる沢村の描き方は、ベタと言えばベタですが、全体的に粗かったような気がしました。

最後の最後に香織に声をかけるのが、ほとんど接点がない紺野っていうのは・・・主人公だからだから仕方がないですね。

と、下田関係は突っ込みどころがあったのですが、元大女優、羽山早苗と紺野のやりとりは、江波杏子さんの貫禄もあって、引き込まれました。
タバコもうまく使っていたと思います。
哀れまずに、ただ医者の役を演じて欲しい。死ぬまで、プライドを保てるように。
彼女の死と向き合う姿勢が、紺野の患者との付き合い方の指針のひとつになりました。
最後、お化粧した早苗が美しかったです。

すずの職場に新しい職員として阿部力さんが登場しました。
高校時代の怪我がもとで足を悪くした青年です。(役名、忘れました;;)
あからさまに訳ありげ。

そういえばまだほとんど出番のない谷口。
来週あたりあるようです。

森下先生が決して孤高の天才肌の医師ではないことがわかって、なんだかほっとしました。

「リーガル・ハイ」と同じ曜日なので、感想を書く余裕がなくなるかも・・・(汗)

.

.

#01 #02 #03

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« リーガル・ハイ  3話 | トップページ | カエルの王女さま 第4回「オバサン、TVに出る」 »

#ドラマ:2012年第2クール」カテゴリの記事

□37歳で医者になった僕~研修医純情物語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 37歳で医者になった僕~研修医純情物語 4話:

» 37歳で医者になった僕〜研修医純情物語〜 case4 [レベル999のgoo部屋]
『医者として僕はそこに線を引く』 内容 祐太(草なぎ剛)は、木島(甲本雅裕)を亡くし、立ち直れずにいた。 「そのうちに慣れる」と直美(真飛聖)は励ますのだが、 それは、、、、人の死と向き合う毎日であることも意味した。 そんなある日のこと。 数年前に引退し...... [続きを読む]

» 【37歳で医者になった僕 ~研修医純情物語~】第4話 [ドラマ@見取り八段・実0段]
もう関わりました。吉野さんも僕も。 羽山さんに関わったから、ホスピスにもお見舞いに行きます。 それが僕の決めた僕の役割です。 自己満足ですよ。 行ってどうしても嫌なら追い返してください。 ...... [続きを読む]

» 37歳で医者になった僕~研修医純情物語~ 第4話 [ぷち丸くんの日常日記]
裕太(草彅剛)は、数年前に引退した大女優・早苗(江波杏子)の担当になる。 早苗は、肝臓がんの手術のために、外科に入院していたが、既に治療が出来 ない末期状態のため、ホスピスに移るまでの間、内科で預かることになった と言う。 裕太は、お見舞に来ていた早苗の家族に... [続きを読む]

» 『37歳で医者になった僕』 医者の役割とは? [美容師は見た…]
「大丈夫よ。きっとそのうち慣れるから」看護師長の相澤(真飛聖)に励まされる紺野先生は、「患者さんが死ぬことに?」う~んお医者さんってそういうことなんですかね。。。このドラマの登場人物は、医者だけでも色んなタイプが居ますけど、本当に色んな人間が存在するんだ... [続きを読む]

» 37歳で医者になった僕〜研修医純情物語〜 第4話 [ドラマハンティングP2G]
第4話「医者として僕はそこに線を引く」2012年5月1日 木島(甲本雅裕)が亡くなったショックを引きずる祐太(草なぎ剛)。森下(田辺誠一)からも「自分と患者の間に線引きしろ」とアドバイスをされるが、なかなか納得できない。そんなある日、元有名女優・羽山早苗(江波…... [続きを読む]

» 《37歳で医者になった僕~研修医純情物語》☆04 [まぁ、お茶でも]
患者を死なせた事を引きずる祐太。すずにお守りと言われた事がずっと引っかかっていて、「治る」と言ってあげればよかったと涙をこぼした。瑞希は、まだ言っていなかった事に驚いた。 研修医は、救急救命に移動。 しかし中島医師は、日頃お忙しい先生方に、ゴルフでリフレッシュして頂くために... [続きを読む]

» 37歳で医者になった僕〜研修医純情物語〜 第4話 [ドラマハンティングP2G]
第4話「医者として僕はそこに線を引く」2012年5月1日 木島(甲本雅裕)が亡くなったショックを引きずる祐太(草なぎ剛)。森下(田辺誠一)からも「自分と患者の間に線引きしろ」とアドバイスをされるが、なかなか納得できない。そんなある日、元有名女優・羽山早苗(江波…... [続きを読む]

« リーガル・ハイ  3話 | トップページ | カエルの王女さま 第4回「オバサン、TVに出る」 »

作品一覧