2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 特命戦隊ゴーバスターズ 第13話  「サプライズな休日」 | トップページ | ATARU #06 »

2012年5月21日 (月)

仮面ライダーフォーゼ #36「本・気・伝・歌」

公式サイト

JK=ジーンの物語の後編。

ロックスターになるという夢のために仮面ライダー部を去っていったJK。
絆の一角が崩れたために、コズミックパワーも消滅してしまいました。

JKとカプリコーンが共演するネット放送を聴いて異常に興奮する人々。
中でもステックでそこら中を叩きまわる賢吾が相当ヤバそう、と思ったら倒れちゃいました。病弱設定ですもんね。
でもユウキも友子も疲労困憊、エネルギーを吸い取られてゾンビのようになっちゃってます。

どうやらジーンの番組のファンだった人間ほど共鳴度が高いようだと分析する流星。
(だから番組を聴いていない大文字先輩と美羽には影響がないのかな、と推察。)
自分やジーンのファンの弦太朗に影響がないのは、コズミックパワーで守られているから。

このままでは大変なことになる。
三日後に開催されるJKたちの復活ライブは絶対阻止せねば。

そのころ立神(横山一敏)は、カプリコーンのギターが発する特殊音波がすべてのスイッチに共鳴すると我望(鶴見辰吾)に進言。失われたはずのコアスイッチも見つかるのでは、と提案する。コアスイッチと聞き色めき立つ我望。いったいコアスイッチとは?(公式サイトより)

番組を止めに行く流星、大文字、美羽たちは、JKたちを取り逃がしてしまいます。
代わって現れたレオ相手に苦戦するメテオ。
レオはどんなスイッチにも対応できる特殊体質だそうで、ライダーたちが過去に倒した幹部ゾディアーツに次々に変身、しかもパワーアップしています。
タチバナは、逃げずに戦う、というメテオを、勝てるわけがない、と強引に助けます。
これからレオと出会ったら逃げるんだ、という忠告に屈辱を感じる流星。

別行動をとった弦太郎は、猟師町で釣り。
漁師のおっさんと何か賭けをしているようで。←何を賭けていたかは公式サイトを参照下さい。

ライブ当日。
悪夢にうなされて目覚めるJK。
ライダー部の仲間を裏切ったことが、じわじわ効いてきたようです。
これでスターになったとしても。それは・・・やっぱり間違っているのでは?
迷うJK。
誘惑するカプリコーンの殺し文句は、「親父のようになりたいのか」。
その言葉でフラフラとステージに立つJK。

一方、メテオが再びレオと戦っています。
先の戦いで負傷しているのに。タチバナさんに何と言われようとも、俺は絶対に逃げない、と。
しかし、力の差は歴然としています。

ライブ開場は憑りつかれた客で満杯。ゾディアーツを見ても恐がりません。
賢吾たちもフラフラになりつつ一緒になって騒いでいます。

観客たちのパワーに圧倒されるJK。
ここでヘタな歌を歌って、かつてのように罵倒されたいのか、というカプリコーンの悪魔の囁きに押され、ついに歌い出そうとしたJKの前に、弦太郎がE.ギターを持って現れます。

「さぁ、歌え、JK!俺の魂のギターで」。
弾きだした曲にはっとするJK。
やがて歌い出します。

ヘタくそな歌に、というより、カプリコーンの魔術の音楽が聴けなくて怒り出す観客たち。
カプリコーンは・・・歌うのを止めないのね(^^;;

最後のシャウトあたりは随分上手だったと思う。←中の人は本当は上手だしね(^^;;

歌い終わって。
憑き物がおちたように清々しい表情になるJK。
改めて弦太郎と友情のシルシを交わします。
観客も、正気に戻り、三々五々帰っていきました。皆、どうしてここにいるかも覚えていないようです。

企みが失敗して怒るカプリコーンを、復活した絆を元にコズミックスティツに変身したフォーゼは撃破します。

メテオもレオの右足首に攻撃を集中さすことで、一矢報いました。

倒されたカプリコーン。
我望にスイッチを回収された後、ゾディアーツになっていた時の記憶を消されて解放されます。
闇オチ・・・ダークネピュラに落とさなかったのは、カプリコーンのおかげでコア・スイッチの存在を確認できたから。

何も知らず学園生活を送る五藤。ゾディアーツになった今までの生徒たちはそうとうダメージを負っていたのだけれども、えらく元気そうです。(汗)

大文字先輩と美羽様はここのところサンドバック状態だなぁ。
登場してくれるだけで嬉しくはあります。

.

と、突っ込みどころはあったのですが。

JKの後悔、弦太朗とJKの、今はミュージシャンを辞めて漁師になっている父親、メテオの意地。

それぞれの話の塩梅が良かったような気がします。

「宇宙キター」と陽気なフォーゼとは対照的に、いつも悲壮感が漂うメテオの戦いぶりにライダーの原点を見るからでしょうか、惹きつけられます。
陽と陰。いいコンビです。

JKの父の話、もっとベタかと思ったのですが、生活臭を出さず、あくまで音楽を通じての和解、というのも好みでした。

JKと向き合って問題を解決し、ダチになる、という思いを全うする弦太郎。
弦太郎に主人公としてのオーラを感じました。

ジーンの最後の放送、・・・JKのちょっと格好つけたナレーションをバックに、改めてライダー部の一員になった姿などが流れるラストに・・・あれ、なんだろう、泣けちゃいました(照)。

自分へのケジメとして歌を封印したJK。
自分には才能がない、とわかっていても捨てられなかった夢を、捨てる。
まだ若いのだから、そんなに自分の才能を決めつけなくても、とも思うのですが。
その一途な思い込みに、ちょっとじんわりきたのかもしれません。

それとも一見チャラそうな人間がふと見せる真剣さが良かったのかな?
あー、そういうのを良い、と思うってことは、所謂ダメ人間好きで、あげくドツボにはまる思考パターンなのかも。気をつけようっと。(苦笑)

あ、話は戻って(汗)。

JKの歌がヘタだからこそ、弦太朗のギターで歌う姿にぐっときたのだと思います。
中の人・・・土屋シオンさんが魅せてくれました。

で、じんわりした後に、オチがJK の本名って。(爆)

神宮海蔵。

男らしい名前・・・ですやん・・・(爆々)
.

個人的にですが、今までのフォーゼの中でもベストテンに入る話となりました。

.

.

#01 #02 #03 #04 #05 #06 #07 #08 #09 #10 #11 #12 #13 #14 #15 #16 #17 #18 #19 #20 #21 #22 #23 #24 #25 #26 #27 #28 #29 #30 #31 #32  #33 #34 #35

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 特命戦隊ゴーバスターズ 第13話  「サプライズな休日」 | トップページ | ATARU #06 »

△特撮:仮面ライダーフォーゼ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仮面ライダーフォーゼ #36「本・気・伝・歌」:

» 仮面ライダーフォーゼ 第36話「本・気・伝・歌」 [MAGI☆の日記]
仮面ライダーフォーゼの第36話を見ました。 第36話 本・気・伝・歌 ジーンとしてJKがネットラジオでカプリコーン・ゾディアーツの演奏で歌を披露すると、放送を聴いた生徒達が異常に興奮してケガ人...... [続きを読む]

» 仮面ライダーフォーゼ 第36話 本・気・伝・歌 [レベル999のgoo部屋]
『本・気・伝・歌』 内容 カプリコーン・ゾディアーツとの戦いの中、 JK(土屋シオン)がライダー部を辞めると宣言した直後、 フォーゼのコズミックステイツは解除される。 弦太朗(福士蒼汰)は、JKへの説得を試みつつ、 マグネットステイツで対処を行うモノの、逃...... [続きを読む]

» 仮面ライダーフォーゼ第36話「本・気・伝・歌」 [OPUS MAGNUM]
今回は第36話「本・気・伝・歌」。 ストーリーは仮面ライダーフォーゼ第36話「本・気・伝・歌」で! 今回のフォーゼは前回に引き続きJKのお話し。 JKの夢を叶える話しでしたが…。 ちなみに、今回初めて明らかになったのはJKの本名。 JK=神宮海蔵だそうです。 チャ...... [続きを読む]

» リーゼントでギターといえば… [流浪の狂人ブログ ~旅路より~]
  とか、 [続きを読む]

» フォーゼ「本・気・伝・歌」 [blog mr]
 レオもあっちゅう間に退場。  JK の父ちゃんは、「相棒」組対課の人。この人、最近、あちこちで見るなぁ。  ギターは SG。弦太朗がセミアコというのは合ってるのか合ってないのか。  個人的に、高校生の一人暮らしって設定には無理があると思うんだけど、そんなに多いのかね。  賢吾ってオヤジさん死んでるけど、母ちゃんと二人? ユウキも家庭が出てこないよなあ。  つか、ユウキも実は謎の存在だよな。弦太朗と転校前から知り合いだったはずだし。  それにしても「神宮海蔵」。  んー、“JK”って名乗りたく... [続きを読む]

« 特命戦隊ゴーバスターズ 第13話  「サプライズな休日」 | トップページ | ATARU #06 »

作品一覧