2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 2012年4月の読書 その1 | トップページ | 特命戦隊ゴーバスターズ 第13話  「サプライズな休日」 »

2012年5月20日 (日)

平清盛 #20「前夜の決断」

公式サイト

1156年(保元元年)。

上皇に近づき、治天の君の座を奪うことを説く権力の座を追われた悪左府、頼長。
二人の接近を危うんだ信西は先手を打って上皇たちに謀反の疑いをかけます。
こうして帝=美福門院、信西勢と上皇=頼長勢の関係は一発触発の事態に。

乱を前にしての平氏、源氏、それぞれの郎党、女性たちの様子が並列して描かれていました。

清盛を中心とした筋だけかいつまんでみます。

頼長への恩義から上皇につく源為義、鳥羽上皇に差し出した誓紙に忠実に、帝側につく源頼朝。

しかし清盛は一門の値打ちを上げるため、態度を保留することにしました。

「ただ勝つだけではだめなのだ。公卿になれぬでは、政には関われぬ。政に関われねば、世を変えることはできぬのだ。」

しかし武士の世を作る、という意味を理解するものは少ないようです。
いつも真っ先に反対を唱える叔父、忠正は、黙って清盛の策を受け入れました。忠盛が生きていれば同じようにしたであろう、と。
忠正の気持ちを察している家貞。

態度のはっきりしない清盛に苛立つ、故家成の息子、家親や藤原信頼たち。彼らは蔑みながらも、平氏の武力と財力が喉から手が欲しいほど欲しいのです。

後白河帝は清盛を呼び出して、たとえ恩賞を釣り上げても、地位は上がらない。忠盛と同じように夢が叶わぬまま終わるのだ、と言い放ちます。
黙って聞く清盛。

乱の前日。
清盛は帝側につくことを決意します。
伊藤忠清が弟、忠直を連れて馳せ参じますが、為義の下に強者として名高い鎮西八郎為朝がついたことなど、入り乱れる情況の中で、帝側につくことへの不安を覚える平氏一門。

清盛は何故帝側についたかを語ります。

帝に、どんな手柄を立てても武士は公卿になれぬ、と言われた。しかし、その言葉の中に、俺に登ってこい、登ってきてみせよ、と仰せなのだと悟ったのだ、と。

そんな勝手な思い込みで戦わされたのではたまったものではない、と反発する頼盛。

「いや、あのお方だけが、今の世における武士の力をようわかっておいでなのじゃ。」

戦は博打ではない、生きるか死ぬか、今、この時を戦いに打ち込まぬ者は命を落とす、と忠清も発言します。
現場の人、つまり戦略ではなく戦術の人ですから、戦を駆け引きに使うこと、戦に雑念を持ち込むことに反対の様子。でも彼のような立場の人間が戦略に口出しするとややこしくなるわけで。いや、忠盛なら口を挟まなかったでしょう。

「実にもっともじゃ。」

しかし、もう今までの清盛とは違う。
軍人としての忠清の意見を認めながらも自分の意を伝えます。

「皆に尋ねるが、こたびの戦は何がために戦うのか。
帝と上皇様になりかわり、関白様と悪左府様の名代として、武士同士が戦うのだ。
皆、これに命を賭して戦えるのか。」

黙り込む一門。

「俺は確かな手応えを得たい。武士の世はもう、そこまできておると。
我ら平氏はそのために戦う。帝方にお味方し、命懸けでな。」

決して利用されるだけの王家の犬として戦うのではない、と。

「方々、これは棟梁の命にございます。生きるも死ぬももろとも、それが平氏の強さ。
こは先の棟梁のお言葉。くれぐれもお忘れなきよう。」

盛国が場を仕切りました。
平氏一門の結束を信じて疑わない清盛。

しかし、思考が飛躍する清盛に危うさを感じ、過去のもろもろの因縁から反発する頼盛は、自分たちの一党は上皇側につくことを決意します。

母、池禅尼が止めるのも聞きません。
清盛に従って平氏一門を全滅させるわけにはいかない。家盛亡き後、父と母の血を受け継いだ唯一の息子として死ぬわけにはいかない、と。

頼盛の、清盛を危うく思う気持ちはよくわかります。足元を見ていない感じがするから。
しかし、今日の味方が明日の敵になることが普通だったこの時代にあっては、どう考え抜いて動いても、結局、運が大きく作用するような気がする。
.

乱の当日、忠正が頼盛を止めにきます。

上皇を助けることはならぬ。
例え上皇が勝ってお前だけが生き残れば、一門の棟梁を裏切ったと、謗りを受ける。
さようなことになれば、池禅尼がどれほど悲しむか。

「何より、兄上に顔向けができぬ」

まさか、いつも清盛が平氏に災いするのを危ぶんてきた忠正に止められるとは思っていなかった頼盛。

「平氏が根絶やしになったらなんとなさります。」

頼盛の問いににやっと笑う忠正。

シーンが変わって。

清盛の下にやって来た頼盛。
しかし忠正はこない。頼盛の代わりに自分が上皇側についたのです。

連れ戻す、と出かけようとする清盛。

「もとより、忠正様のお心の軸は平氏を守ることでござります。こたびの戦も、断じて平氏を絶やさぬように戦うお覚悟にござりまする。」

と、止める家貞を

「生きるも死ぬももろとも。それが平氏の絆じゃ。絆を断って何を守れるというのじゃ。」

と振り切ろうとする清盛に、頼盛が、清盛はきっとそう言うであろう、と見越した忠正からの伝言を伝えます。

「清盛、わしとお前の間には、絆など、はなっからないわ。」

崩れ落ちる清盛・・・

しかし、もう以前のように吠えたり泣いたりはしませんでした。
池禅尼、忠盛の、そして父祖代々の一族の思いを身を呈して受け止めた忠正の思いを飲み込んで、決意を新たにします。この表情、良かったです。

清盛以外のエピソードとして。

「やっかいな殿を見捨てられぬのはわし譲りじゃな」
鎌田通清と息子、正清の別れのシーンが忘がたかったです。

女性たちのエピソードでは、義朝が由良御前の避難先に常盤を連れてきた話でしょうか。

出陣する義朝に父、兄弟たちと戦っていいのか、と、常盤。
これには由良御前もむかっときたのでは。
義父と夫の間に立った私の苦労も知らずに。あんたに今更そんなことを言われたくないわってところですよね。
ご武運を、義朝に刀を渡す由良御前。事、ここに至ってはもう、送り出すしかない。
複雑な表情で刀を受け取る義朝。

.

今までで一番面白かったです。

やはり、事が大きく動く話は面白い。
戦前夜の人々を描きつつも、清盛がちゃんと核になっていたのも良かったです。
それも今までのような迷える清盛ではなく、平氏の棟梁として描かれていたのが。

もう、むやみに感情を爆発させない。
後白河帝に挑発されても乗らずにその裏にある気持ちを汲み取り、一門の反論に喧嘩腰で応じるのではなく、まず相手の意をくんで、自分の信念を伝える。

一門を説くイントネーション、声音が忠盛に似てきました。

いや、もう、すごい成長です。
ぐっと堪える姿に、次の一手を考えている気配が漂ってきました。
これからはカリスマ性を持った平清盛が見れるかな?そうであって欲しいです。

ラスト、腕組みをしたまま騎乗する姿が格好良かったです。
義朝と二人並んだシーンにはちょっとワクワクしました。

清盛を格好良い、と思ったのは初めてです。
やはり主人公には格好良い部分がないと。

・・・ここまでの描き方については、ひとまず置いておいて。(汗)

次回を楽しみに待ちます。

.

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 2012年4月の読書 その1 | トップページ | 特命戦隊ゴーバスターズ 第13話  「サプライズな休日」 »

△大河:平清盛」カテゴリの記事

コメント

>清盛を格好良い、と思ったのは初めてです。
やはり主人公には格好良い部分がないと。

確かに!!
今までは一体いつまで中二病やってんだよって感じでしたからね^^;
今日も「平氏はどちらにもつかぬ」と言うのを聞いた時は、あんたまだ…と
一瞬思っちまいました^^;
武士の世を作るためにじらすと言う発想がやっと出来るようになって父上も
お喜びのことでしょう…。

平氏、源氏それぞれのシーンで何度もウルッとしましたわ。
役者さんも脚本も本当に素晴らしかった。
この先も期待できそうでしたね~。

くうさん こんにちわ。

>今日も「平氏はどちらにもつかぬ」と言うのを聞いた時は、あんたまだ…と

ええ、先週も言ってましたものね。
でも、先週のように鳥羽院と崇徳院の中を取り持つ、なんていう甘い考えではなかったのでほっとしました。

>武士の世を作るためにじらすと言う発想がやっと出来るようになって
後白河帝が言っていたように、見え見えではありますが、かといって平氏の恩賞狙いを無下にはできないのが、貴族たちにとっては余計憎たらしいのでしょう。

そういう駆け引きができるほど余裕のない源氏が哀れでもあります。
ドラマを見る限りですが、そのことが乱の後、平氏と源氏の運命を変えるのか、と思うと。

>役者さんも脚本も本当に素晴らしかった。
素晴らしかったですね。
この調子でいって欲しいです(^^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平清盛 #20「前夜の決断」:

» 平清盛 第20回 前夜の決断 [レベル999のgoo部屋]
『前夜の決断』 内容 保元元年、鳥羽法皇の死により、 後白河帝(松田翔太)と崇徳上皇(井浦新)の対立は深まっていく。 信西(阿部サダヲ)に退けられた悪左府・頼長(山本耕史)は、崇徳上皇に接近。 その行動を口実に信西は、崇徳上皇と頼長に謀反の疑いありと断じる...... [続きを読む]

» 【平清盛】第20回 [ドラマ@見取り八段・実0段]
ついに物語は前半最大の山場・保元の乱へ!崇徳上皇(井浦新)と頼長(山本耕史)は共闘し、 後白河帝(松田翔太)と信西(阿部サダヲ)方との決戦は避けられないものになっていた。 清盛(松山ケンイチ)...... [続きを読む]

» 「平清盛」第20話。 [Flour of Life]
視聴率低迷であれこれ言われておりますが、今週も「平清盛」見ました。もう20話、もうすぐ折り返し地点だと思うとさびしいです。 [続きを読む]

» 平家、割れる ~平清盛・前夜の決断感想~ [早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常]
鳥羽院の死後、崇徳上皇と後白河天皇の権力争いはひどくなる。 かねてから周りの反感を買い、失脚していた頼長は崇徳上皇に近付き、 かたや信西は、後白河天皇の乳父として、政敵排除の総仕上げにかかってい...... [続きを読む]

» 平清盛 第20回「前夜の決断」〜松田翔太 vs 松山ケンイチ‥大河らしく [世事熟視〜コソダチP]
『平清盛』第20回「前夜の決断」 前回、HPの人物相関図の更新が滞っていることも、『平清盛』がダメ大河であることを示す一つの事象である旨を書きました。 いつまでたっても無頼の清盛(松山ケンイチ)の写真のままでしたし、新登場の人物が加筆されませんし、ひどいものでした。 ところが、今回までに、清盛の写真は凛々しいものに差し替えられ、鬼籍に入った人物については半透明の白い幕がかかったようにして、この世から去られたことを表現し、新登場の人物もアップされました。 (頼朝=岡田将生くんが早... [続きを読む]

» NHK大河ドラマ『平清盛』第20回「前夜の決断」 [よくばりアンテナ]
やっと清盛がかっこよく見えてきました~~~!! 保元の乱の直前、 崇徳上皇と後白河帝の間には戦をせずにはいられないような 2つに陣営が次々と分かれて、殺伐とした空気が流れてきました。 崇徳上...... [続きを読む]

» 『平清盛』 第20回「前夜の決断」 [ふるゆきホビー館]
JUGEMテーマ:大河ドラマ鳥羽院の亡き後、都の情勢はいちだんと険悪に。ついに考えを決めた清盛は、平氏一門の結束を強化しますが・・・・・・。ところで、西行が偶然この場にあらわれ、もと北面の武士として仕えた方に歌を詠みました。崇徳上皇に頼長が急速接近。手をたずさえ、天下の権をとりもどすべく行動を起こします。これを知った信西は、もはや何の遠慮もなく、「上皇様と頼長殿に謀反の疑いあり!」と断言。諸勢力は、このアピールを受け、それぞれの活動を開始しました。平氏は、清盛の意志でどちらにも組せぬまま、両派をじら... [続きを読む]

» 平家、割れる ~平清盛・前夜の決断感想~ [早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常]
鳥羽院の死後、崇徳上皇と後白河天皇の権力争いはひどくなる。 かねてから周りの反感を買い、失脚していた頼長は崇徳上皇に近付き、 かたや信西は、後白河天皇の乳父として、政敵排除の総仕上げにかかってい...... [続きを読む]

» 金環日食を観れなかった人達 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
日本列島を興奮させた金環日食。前回の金環日食があった平安時代を舞台にしている大河ドラマ平清盛第20回前夜の決断しかし、金環日食とは違い、殆どの人は目もくれず、視聴率は1... [続きを読む]

» 金環日食を観れなかった人達 [虎団Jr. 虎ックバック専用機]
日本列島を興奮させた金環日食。 前回の金環日食があった平安時代を舞台にしている大 [続きを読む]

» 『平清盛』 第20話「前夜の決断」 [英の放電日記]
 今回が一番面白かった。実は、ある事情で、『平清盛』の記事はやめようと思っていたのですが、それを踏み止まらせるくらいの出来でした。  清盛(松山ケンイチ)、忠正(豊原功補)、池禅尼(和久井映見)、頼盛(西島隆弘)、後白河天皇(松田翔太)、信西(阿部サダ...... [続きを読む]

» 平清盛 第20回 [to Heart]
脚本 藤本有紀 演出 柴田岳志 制作統括 磯智明 音楽 吉松隆 語り 岡田将生 出演 松山ケンイチ/深田恭子/玉木宏/豊原功補/藤木直人/松田翔太/山本耕史/森田剛/西島隆弘/小日向文世/和久井映見/阿部サダヲ/中村梅雀/井浦新/上川隆也 第19回 「前夜の決断」 11.8% 1156年(...... [続きを読む]

» 【平清盛】第20回感想と視聴率急落「前夜の決断」 [ショコラの日記帳・別館]
「前夜の決断」 第20回の視聴率は、前回の14.7%より急落してしまって、11. [続きを読む]

» 【平清盛】第20回感想と視聴率急落「前夜の... [ショコラの日記帳]
「前夜の決断」第20回の視聴率は、前回の14.7%より急落してしまって、11.8%でした。最低視聴率の11.3%に次ぐ低い視聴率です。視聴率、最近、持ち直しかけていたのに、残念... [続きを読む]

» 平清盛「前夜の決断」 [blog mr]
 この松田翔太、かっこいいよな。「篤姫」のときはいい子の役だったけど、今回の後白川帝はなかなか造作にも合ってるし。  つまり、忠正が上皇側についたのは、どちらかに偏ることによって平家が滅亡するのを避けるため、つまりリスク分散策。それを忠正がやったのは、頼盛と清盛という親子を対立させたくないから、って理解でいいのだろうか。 ... [続きを読む]

« 2012年4月の読書 その1 | トップページ | 特命戦隊ゴーバスターズ 第13話  「サプライズな休日」 »

作品一覧