2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« たぶらかし~代行女優業・マキ~ 1話「死者の代役」 | トップページ | 劇場版 SPEC~天~ »

2012年4月11日 (水)

37歳で医者になった僕~研修医純情物語 1話

公式サイト

原作:川渕圭一「研修医純情物語~先生と呼ばないで」「ふり返るなドクター~研修医純情物語」(幻冬舎文庫)
脚本:古家和尚/演出:三宅喜重、白木啓一郎/プロデュース:木村淳/音楽:菅野祐悟
出演:草なぎ剛、川あさみ、ミムラ、八乙女光、桐山漣、斎藤工、真飛聖、鈴木浩介、藤吉久美子、志賀廣太郎、田辺誠一、松平健

.

原作未読です。

感想のみ書きます。

「僕生き」スタッフで草なぎさん主演。
主人公のキャラを含め、想像していた通りのテイストのドラマでした。
ですので、安心して見ていられる部分及び、突っ込みどころも似てるかな、といったところです。

早く一人前の医師になりたい。患者と信頼関係を築ける医師に。
病院を変えたいなんて思っていない、自分をやり直す為に医者になった。

"患者が本当に求めている医療”を模索していく紺野。

納得できない上司の命令に従わなければならなかったサラリーマン時代。
色々理由があって(それはこれから)、すべてをリセットして医者を目指したはずなのに。
医者の世界も結局サラリーマンと同じ。
出世をとるか、自分の意見を通すかで悩む紺野の姿にはリアリティを感じました。

しかし、言い方はきつくて乱暴だけど、沢村の言っていることの方に、肯いてしまいました。

医者を信頼しきって、セカンドオピニオンを放棄する患者は馬鹿だ。

・・・馬鹿だ、とは思わないけれども(汗)。

身内や友人の身内で何例かあったのですが・・・信頼できる、というよりウマが合う担当医、というのも、一歩間違うと馴れ合いになっちゃうこともある、と。
もう手の施しようがない状態になったので、お世話になった病院で最期を迎えたい、という人もいました。
特に高齢者の場合ですが、お世話になっている、という意識があると、病院側が積極的にでてくれないと患者の方からは言いにくいものらしい。ここでくじけちゃいけないのですけどね。
自分自身のことならまだしも、いったん覚悟を決めた高齢の身内を説得するのは、結構大変でもあります。

・・・紺野が、こういうことも含めて信頼に応えられる医師になりたい、と言ってることはわかりますが、ついつい、思ってしまったことです。

また、患者で賭けをしてはいけない、というのも正論だと思いました。

食事こそ生命力の源、というのは、とってもよくわかります。
辞めさせられるかもしれない。そんな危険を冒しても、自分の信念を貫く紺野。
しかし。
もちろん可能性を試さない病院サイドがそもそも問題なのですが、今回の紺野の手段は、危なっかしいというか。
無事で良かったけれども、もし誤飲が起きたら・・・手術と一緒。試す前に家族の承諾書をとっておくべきだと思いました。

全て終わった後に、しゃらっと沢田に礼を言う紺野が、ちょっと恐かったりしました.。
恐さと優しさの狭間を漂う。
草さぎさんの個性がよく出ていたシーンでもあったと思います。

と、とりあえず突っ込みましたが、主人公を取り巻く環境を少し極端に描くのは「僕生き」と同じ。
現実の大学病院の内幕は、ドラマより厳しいかもしれません。

松平さんの院長のスタンスは「任侠ヘルパー」と同じ?・・・あの時は最後までよくわからなかったんですけどね。恐らく題材のためでしょうけれども。
斉藤工さんはまたこういうキャラなのね(苦笑)。
紺野の過去はもちろんですが、水川さん演じるツンデレな沢田の過去が気になったりしました。

レギュラー・キャラはステロタイプではあるけれども、それゆえの安定感は予想通り。
何より、主人公としての草なぎさんの存在感はさすがだと思いました。

原作の粗筋を読む限りですが・・・そこそこ波乱万丈な展開になるかも?

あ、一つだけ・・・テストをする時のBGM。煩かったです。(汗)

感想は、書いても遅れると思いますが、次回も見ます。

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« たぶらかし~代行女優業・マキ~ 1話「死者の代役」 | トップページ | 劇場版 SPEC~天~ »

#ドラマ:2012年第2クール」カテゴリの記事

□37歳で医者になった僕~研修医純情物語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 37歳で医者になった僕~研修医純情物語 1話:

» 37歳で医者になった僕〜研修医純情物語〜 第1話 [ドラマハンティングP2G]
第1話 2012年4月10日「僕は自分をやり直す為に医者になった」 紺野祐太(草なぎ剛)は東央医科大学病院・総合内科病棟の新人研修医。ある出来事をきっかけに勤めていた大手企業を辞め、医学部に再入学。37歳でようやく研修医となったが、同期の若い研修医、沢村瑞希(水…... [続きを読む]

» 37歳で医者になった僕~研修医純情物語~ 第1話 [ぷち丸くんの日常日記]
大手食品メーカーに勤めていた紺野祐太(草彅剛)は、ある出来事をきっかけに 会社を辞めて医学部に入り、37歳でようやく東央医科大学病院の研修医となる。 同期の研修医は、沢村瑞希(水川あさみ)、下田健太郎(八乙女光)、谷口篤志 (桐山漣)で、祐太はどう見ても彼らの... [続きを読む]

» 【37歳で医者になった僕 ~研修医純情物語~】第1話 [ドラマ@見取り八段・実0段]
人生のスタートラインには適正年齢というものがある。 人が何かを始めるのに年は関係ないという言葉をよく聞くけれど ぶっちゃけそれはただのきれい事だ。 ある年齢を超えれば体力は衰え、物覚えが悪く...... [続きを読む]

» 37歳で医者になった僕~研修医純情物語~ [のほほん便り]
『僕は自分をやり直す為に医者になった』 って、いかにも誠実そうな主人公。思うところあって、大手食品会社を辞め、医者になる道を選んだ、新米・研修医・紺野先生役に草なぎ剛、ハマリ役! どうも、きっかけは、7年前の事故。「彼女の病気(腎臓)を治すため」みたいでしたが、手話をしてたところをみると、すず(ミムラ)は言葉を喋れない障害もあるのかな? でも、彼女の存在やメールが随分と彼にとっての救いになってるみたいですね。芯が強くて、笑顔が素敵なミムラもまた、とても合ってます。 同期で研修医とな... [続きを読む]

» 37歳で医者になった僕〜研修医純情物語〜 case1 [レベル999のgoo部屋]
『僕は自分をやり直す為に医者になった』 内容 東央医科大学病院の総合内科病棟に研修医としてやって来た紺野祐太(草なぎ剛) 年齢は37歳だが、同じくやって来た沢村瑞希(水川あさみ) 下田健太郎(八乙女光)谷口篤志(桐山漣)と同期の研修医だった。 初日、早速...... [続きを読む]

» 37歳で医者になった僕 [AKIRAのドラマノート]
初回の感想 [続きを読む]

» 「37歳で医者になった僕」 第一話 僕は自分をやりなおすために医者になった [トリ猫家族]
 さて、ファンの方には申し訳ないが、私はツヨポンにほとんど興味がないので、今までドラマもスルーしてきたのだが、30歳で転職を決意、しかも医師という設定(実話らしいが) ... [続きを読む]

» 患者が馬鹿だからです [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
東大工学部卒パチプロ数社の会社勤務1年間の引きこもり30歳で医師を目指す37歳で京大医学部卒ユニークな経歴を持つ内科医の川渕圭一の『研修医純情物語一先生と呼ばないで』を... [続きを読む]

» 患者が馬鹿だからです [虎団Jr. 虎ックバック専用機]
東大工学部卒 パチプロ 数社の会社勤務 1年間の引きこもり 30歳で医師を目指す [続きを読む]

» 37歳で医者になった僕~研修医純情物語~ - 草彅剛 水川あさみ [新ドラマQ]
37歳で医者になった僕~研修医純情物語~ 火曜 22:00 フジテレビ・関西テレビ 2012年4月10日~ [キャスト] 草彅剛 水川あさみ ミムラ 八乙女光 桐山漣 鈴木浩介 斎藤工 田辺誠一 松平健 ほか [スタ...... [続きを読む]

» 《37歳で医者になった僕~研修医純情物語》☆01 [まぁ、お茶でも]
<人生のスタートラインには 適正年齢と  いうものがある。  人が何かを始めるのに年は関係ないと  いう言葉をよく聞くけれどぶっちゃけ  それはタダのキレイごとだ。  ある年齢を越えれば、体力は衰え  もの覚えは悪くなり 人によっては  臭いも気になったりする。  だから 新しい場所で新しい何かに  チャレンジするのは間違いなく若い方がいい。> 紺野祐太は東央大学付属病院の研修医、初日を一番乗りで病棟医師室に入った。 ... [続きを読む]

» 37歳で医者になった僕〜研修医純情物語 (第1話)〜草なぎ君はやっぱり良い人!? [世事熟視〜コソダチP]
37歳で医者になった僕〜研修医純情物語〜第1話 『良い人・草なぎ君』を中心にした、標準的なドラマ。 テレ朝の沢村一樹主演ドラマ『DOCTORS 最強の名医』と、フジの変態医師ドラマ『蜜の味』とかを混ぜ合わせた感じかな・・・。 −◆− 患者の多田(北村総一朗)の『胃瘻造設』問題が生々しいエピソードでした。 「摂食できずに衰弱する」「誤嚥が原因の肺炎な‥」「餓死する‥」などの理屈で、人為的に瘻孔を設けて体外から胃内腔に栄養を送り込む『胃瘻』 現実に『胃瘻』の是非について苦慮されて... [続きを読む]

« たぶらかし~代行女優業・マキ~ 1話「死者の代役」 | トップページ | 劇場版 SPEC~天~ »

作品一覧