2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 37歳で医者になった僕~研修医純情物語 3話 | トップページ | 平清盛 #17「平氏の棟梁」 »

2012年4月27日 (金)

カエルの王女さま 第3回「終わらない歌を歌おう」

公式サイト

感想のみ、バラバラっと書きます。
すごく突っ込んでおります。ご注意下さい。

由芽市桜祭りで初めて歌を披露したシャンソンズの様子が地元新聞にも掲載されたことによりシャンソンズの評判が街中でも少しずつ話題になっていく。(公式参照)

ワンマンな澪に反発しつつも、真面目にロックを踊る忠子が可愛かったです。
旦那の哲郎と玲奈、思わせぶりなだけじゃなくて、本当に過去に関係があったみたいです。
2年前っていうと不倫なの?結婚前なの?

市からの補助金を打ち切られて危機に陥る誤解されて鉄工所。
「気が立っている」同僚たちから誤解を受けていじめを受ける忍。いじめられるのは慣れているそうですが、現場に居合わせた澪から負け犬、と詰られます。

元旦那から金をせびられ、DVを受けている南。

澪の感化を受けて東京で就職活動をすることを決意したまひる。
東京で働くお姉さんは、本当にしっかりしたいい人でした。
でも、母親が姉妹を比較するのは良くないです。ドラマが終わるまでには好転するのでしょうけれども。

ついに明かされる謎の男、一希の過去とは。
ビジュアル系ロックバンドでデビュー直前だったのに、カメラの前に立つ恐怖に負けて逃げ出したのヴォーカリスト、ということでした。
哲郎とは高校の同窓生だったんですね。

と、主なメンバーそれぞれの境遇や過去と、シャンソンズを自分のステップボードに利用しようとする澪を描いていました。

でも、詰め込みすぎでは?

忍が次の就職活動をしているのではなく、実は新しい取引先とのコネクションを開拓しようとしていた、というエピと一希の過去話、哲郎と玲奈、そして南まで。
その上、それぞれのエピソードが皆中途半端な気がしました。いくら伏線とは言え、広げすぎているように思いました。

そのため、今回のメインのはずの一希の心境があまり描かれていないのが残念でした。
フォローとしては、まひるの「東京は恐い」というのがありましたが、後は澪が勝手に一希の気持ちを推測して喋りまくっただけ。
この構成は澪にとってもマイナスな気がしました。

一希自身の気持ちは、後のお楽しみ、ということなのかなぁ。
なんだかビジュアル系のファッションの玉山さんを見せたかっただけ・・・出オチになってしまったような気すらしました。
負け犬キャラは似合ってましたが(^^::

そして。
主人公の澪の気持ちも描かれていない。
なので、一希のことと言い、自分のことしか考えていない、ズケズケ文句ばかり言う嫌な女にしか見えませんでした。
南の子守唄にじっと耳を傾けるシーンから、もう少し広がりを見せても良かったように思います。
誰かが歌った後、シーンがすぱっと変わるのはミュージカルによくある手法なのですが・・・その形だけ日本のドラマに取り入れても、視聴者の気持ちがついていけない気がします。

もし、南の子守唄と被せるように澪の、皆に隠している気持ちを歌わせたら。
もっとミュージカルっぽくなっただろうに。
その歌はあくまで澪の心の中の気持ちだから皆には聞こえていない、という設定で。

ラストの、オフ・ブロードウェイっぽいシャンソンズのショークアイアも同じです。

ショーのシーンでシャンソンズが結束するのはお約束なのですが、ドラマとしては結束する理由が描かれていないから、浮いて見えました。
忍は一応気持ちを発散させましたが、グループとしての結束がどうの、というエピには発展しないままでしたし。
その上玲奈がいるのに、とつい思っちゃいました・・・いるのかな、哲郎と南の関係。(汗)

スタッフの皆さんがミュージカルが好きなのはよくわかるのですが、ドラマの部分とうまく融合していないように感じました。
もう少し人間関係を整理して、何とか頑張って欲しいです。

そうそう、今回ゲロゲロジングルが少なかったです。
入れるところがなかった、とも言えるでしょう。

フジオカ・・・できる男です。(笑)

.

.

第1話 第2話

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 37歳で医者になった僕~研修医純情物語 3話 | トップページ | 平清盛 #17「平氏の棟梁」 »

#ドラマ:2012年第2クール」カテゴリの記事

□カエルの王女さま」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カエルの王女さま 第3回「終わらない歌を歌おう」:

» カエルの王女さま 第3話 [レベル999のgoo部屋]
『終わらない歌を歌おう』 内容 市長・清忠(岸部一徳)により、桜まつりの出し物を壊されかけたシャンソンズ。 が、、澪(天海祐希)が強引に参加させ、やって来た人たちは大喜び。 翌日には、その復活劇が新聞に掲載されメンバーたちは満足する。 それを受け澪は、次...... [続きを読む]

» 『カエルの王女様』 第3話 [英の放電日記]
ロックは反抗心だ!  一番激しい感情は「怒り」である。 (忍の激情にややビビった澪は「ょぉのなか」と発音したが)  世の中や現状に腹が立つなら、今みたい、にこぶしを握りなさいっ!  屈辱から目を離していても、風向きは一生変わらない。  でも、風向きを変えた...... [続きを読む]

» カエルの王女さま (第3話・4/26) [ディレクターの目線blog@FC2]
4/12からフジテレビで始まったドラマ『カエルの王女さ』(公式)の第3話『終わらない歌を歌おう』の感想。 演出家交代で昼ドラみたいに… 第2話まではもっと登場人物たちが熱く描かれていたような...... [続きを読む]

» 「カエルの王女さま」 第3話 終わらない歌を歌おう [トリ猫家族]
  「返してもらってない。 私の大事な靴を盗み、私に無駄な時間を費やさせ、与えた精神的苦痛を返してちょうだい。 過去に反抗したいんなら私たちの次のステージに参加しなさい ... [続きを読む]

» カエルの王女さま #3 [blog mr]
 なんだかんだ言いつつ、割と楽しく見ている。  澪と忠子のやりあいも安定期と言うか、もうそうそう決裂はないだろうな、って感じ。  THE MODS で弾けてる石田ゆり子がおかしい。  澪の「男が欲しい」って台詞は、狙ってああいう雰囲気にしてるんだろうけど、まんまと笑わされてしまう。 「フレンズ」の使い方はうまいと思ったが、あれって 30 年近く前の歌だぜ。知ってるもんなのかな。  澪は、つっぱらかってるだけじゃなくて、少しずつ色んな表情が見えてくる。今回の、忍の力を見たときの引きつった顔とか。... [続きを読む]

» 《カエルの王女さま》#03 [まぁ、お茶でも]
香奈絵の思惑通り、シャンソンズは、注目を浴び、一躍土地の名士になった。だが、澪は、素人っぽさから抜けない一団にハッパをかけ続けた。 市長は、どうしてもシャンソンズを目立たせたくなかった。だから、安見重工の下請けをしていた忍の兄の工場を潰しにかかった。 忠子の夫は、市長にイエスマンで、夫婦としての会話もなかった。 ... [続きを読む]

« 37歳で医者になった僕~研修医純情物語 3話 | トップページ | 平清盛 #17「平氏の棟梁」 »

作品一覧