2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 鍵のかかった部屋  2話「窃盗事件と練炭自殺」 | トップページ | 37歳で医者になった僕~研修医純情物語 3話 »

2012年4月25日 (水)

リーガル・ハイ  2話

公式サイト

今回も面白かったです。

最後まで「あれは恋でした」がボニータの曲と似ているとは思えませんでした。(爆)

アレンジって凄いです。著作権も入ってこない裏方仕事だけど、技術とセンス、理解力がないと絶対にできない。そのアレンジを作者本人が気に入るかどうかは、また別の問題ですけれどもね。

バタバタしておりまして、セリフのメモをとらなかったので(汗)、バラバラっと書きます。

まず、冒頭の、振り向きざまの「パクられた」から。
うっそ~って突っ込んじゃいました。
いいツカミです。

この「著作権侵害」の件を、地道に仕事をもらいにまわる黛が拾ってくることで、今回のお話が始まります。

免許も持っていないのに高級外車三台にクルーザーまで持つ男、古美門。バカだな~(笑)
そうそう、上達しないバイオリンのレッスンも。良かったぁ、あれが上手認定されなくって(^^;;

ともかく、「著作権侵害」は金になる、ということで二人はボニータたちのバンド「自爆魂」(笑)のライブを観に行きますが・・・

同じ曲とも思えず(笑)、依頼人がど貧乏なパンクロッカーとあっては引き受ける気にならない古美門をその気にさせたのは、服部の「あれは恋でした」を唄っている柊しずかに会えるかも、という囁きでした。服部、ナイスです。耳コピもばっちり。フォークソングをかじっただけってぇ。
というか、古美門、友近・・・じゃない、柊しずかのファンなのね(笑)
そんでもってあの唄、このご時世に200万枚も売れてるそうで、いや、もんのすごいですな。出来高払いなら、そりゃ古美門もやる気になりますわ。
その上「あれは恋でした」の作詞作曲者の葛西サトシ側に三木法律事務所がついていると知って、ますますファイトを燃やします。
それは三木の方も同じで、普通なら若手に任せるところを自ら乗り出してきます。

服部がおこした譜面によると、二つの曲は似てないわけではないようです。黛の「似てる」は全くあてになりませんが(笑)。
そのことを証明しようとする古美門ですが、作戦失敗(激爆)。
パンカーファッションで登場するボニータと傍聴席のバンド仲間のジャンゴジャンゴのために法廷は大騒ぎとなって、ひとまず閉廷となりました。

微妙に裏返された歌詞の内容、そして法廷で黛の唄(のようなもの)を聴かされる古美門の表情に爆笑。
新垣さん、音程はともかく、あれだけ拍子を外して唄うのは難しかったろうと思います。

対して三木の方は波形を持ち出したりして、抜かりがありません。
しかし、葛西に一抹の不安を覚える三木・・・それは。

3年間に300曲以上を作曲したヒットメーカー葛西サトシには、ゴーストライターが何人もいる、ということでした。
その事実を知られることを盗作疑惑をかけられるより恐れる葛西。
三木には解せません。盗作の方が不名誉なのでは?
曲を持ってきた人間が盗作したのだから、葛西自身には落ち度はない。

しかし。葛西は音楽業界内での自分の立場を吐露します。
葛西の曲は葛西が作ってこそ値打ちがある。
「葛西サトシ」の看板の看板があってこそ、曲が売れる。自分がこけると、「葛西サトシ」プロジェクトの下で働く大勢の人間が路頭に迷う。

そう言われれば、三木も戦術を変えざるおえません。

一方、古美門も、服部の手抜き料理からヒントを得て、葛西がゴーストライターを抱えていることを嗅ぎつけますが、金のなる木である「葛西サトシ」の名を貶めることを業界人が証言するわけがない。さて、どうしたものか、と行き詰った時。
過去の葛西の作品から、ボニータの元バンド仲間、小枝子が葛西に曲を提供したらしいことを気がつく一同。
ボニータが一人で直接会いに行きます。

今はバンドから足を洗い、ピアノ講師をしている小枝子は、葛西に曲を提供したことを認めました。そしてボニータの才能に嫉妬していたことも・・・やはりアレンジだなぁ(笑)

が。小枝子は法廷にて、前言を撤回して曲を提供していないと証言。三木から圧力を受けたようです。
そこへ、先日とは打って変わったスーツ姿で現れるボニータ・・・古美門の練った、保守的な裁判長向けのギャップ作戦です。
形勢逆転の一発は。
ボニータが録音した小枝子との会話でした。

そして法廷で堂々と発言するボニータ。

歌は誰のものでもない。でも、歌を作るのは子供を産むようなもの。
その子がいつのまにかさらわれて、服を着せ替えられて、その人の子として世に出たら。
やっぱり悲しい。わたしは自分の子供を取り返したい。(概略です)

勝負ありました。

裁判は取り下げられ、和解となり、和解金で「葛西サトシ基金」を創設するボニータとジャンゴジャンゴ。
パンカーらしさを失わず真摯に音楽を続けるが素敵でした。
福田沙紀さんと窪田正孝さんというキャスティングが、またツボ。全日本国民的美少女コンテストって(爆)。
そんな娘たちをなんだかんだ言いながら応援する豆腐屋の夫婦の入り方も、絶妙でした。

2話目にして直接対決した古美門と三木。
予想以上に深い因縁があるようです。
「また悲劇を起こすぞ」「贖罪」
という、穏やかならぬ三木の言葉。何があったのでしょうか。
沢地も意味ありげな佇まいも気になります。

前回と同じく適当な証拠をでっち上げようとする古美門と、それを制する黛の掛け合い、合い間に入る適度な遊びもテンポが良くて、楽しめました。

堺さんと生瀬さんのがっぷり四つの対決含めて、結局柊しずかに会えなかった古美門、というオチまで、今回も完成度が高くて、嬉しい。(^^)

儲け損なってソファーでだだをこねる古美門・・・堺さん、弾けてるなぁ(大爆)

次回も楽しみです。

.

#01

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 鍵のかかった部屋  2話「窃盗事件と練炭自殺」 | トップページ | 37歳で医者になった僕~研修医純情物語 3話 »

#ドラマ:2012年第2クール」カテゴリの記事

□リーガル・ハイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リーガル・ハイ  2話:

» リーガル・ハイ 第2話 [ドラマハンティングP2G]
vol.02「著作権裁判はカネになる!?」2012年4月24日 21:00〜21:54 古門研介(堺雅人)は因縁のある古巣の法律事務所のトップ、三木長一郎(生瀬勝久)を怒らせ、収入のほぼ全てを依存していた大手クライアントを失う。さらに古美門の事務所には三木のもとで働いていた黛…... [続きを読む]

» リーガル・ハイ「著作権裁判はカネになる!?」 [のほほん便り]
やはり、コメディは楽しくてイイですね。物語の出来もさることながら、ガッキーちゃんの可愛さと堺雅人の百面相ぶりを、今回も充分に堪能…  古美門研介(堺雅人)の変人ぶりや、執事・服部さん(里見浩太朗)、三木法律事務所の生瀬勝久 、小池栄子 と、ますますイイ味出してること。 思えば、先日。「ブラックボード」の二夜目で、昭和のつっぱり少女を熱演した志田未来 にも「… 誰?」だったけれど、今回の依頼者・パンクロッカーの荒川ボニータにも ( ̄◇ ̄;) 最後にスーツ姿で、今をときめく福田沙紀と分... [続きを読む]

» 「リーガル・ハイ」 第二話 著作権裁判は金になる !? [トリ猫家族]
 「俺はお前をこの世界から葬ると決めたんだ。 そのためなら地位も名誉も喜んで捨てる。 刺し違えても、お前を地獄に引きずり込む。必ずな。それが俺の贖罪だ」三木  何に? ... [続きを読む]

» リーガル・ハイ 第2話 [レベル999のgoo部屋]
『著作権裁判はカネになる!?』 内容 古美門(堺雅人)に依頼し訴訟で勝った真知子(新垣結衣) しかしその事で三木(生瀬勝久)を怒らせてしまい、古美門は仕事を失う。 それとともに、三木のやり方に嫌気がさした真知子は、 古美門の事務所に移籍してくるのだった。 ...... [続きを読む]

» リーガル・ハイ 第2話 [ぷち丸くんの日常日記]
古美門(堺雅人)の法律事務所に、パンクロッカーの荒川ボニータ(福田沙紀) とジャンゴジャンゴ東久留米(窪塚正孝)が訪ねて来る。 二人は、柊しずか(友近)が歌う大ヒット曲「あれは恋でした」が、自分たちが 作った曲の盗作だと主張する。 古美門と真知子(新垣結衣)は... [続きを読む]

» 「リーガル・ハイ」第2話〜ボニータ福田沙紀の唄が『八日目の蝉』にされた [世事熟視〜コソダチP]
「リーガル・ハイ」第2話 『楽曲著作権侵害事件』 盗作被害者の荒川ボニータ(福田沙紀)とジャンゴジャンゴ東久留米(窪田正孝)は、「謝礼金3万」程度しか払えない金欠クライアント。 金がないけど弁護士に相談したい場合は、榎本(大野智)と知り合いになっておけば 青砥(戸田恵梨香)を紹介してもらえる。 そんなことはさておき、とりあえずは賠償金から高額の成功報酬が期待できることと、歌手・柊しずか(友近)に会えるかもしれないと古美門(堺雅人)が期待して案件を引き受けました。 この時点で、... [続きを読む]

» 別館の予備(リーガル・ハイ&クイーンズブレイド&SKET DANCE) [スポーツ瓦版]
4月27日 リーガル・ハイ&クイーンズブレイド&SKET DANCE 下記TBアドレスの別館にTBして頂けると有難いです TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/112 ... [続きを読む]

» リーガルハイ&クイーンズブレイド&SKET DANCE [別館ヒガシ日記]
リーガル・ハイは第2話だったが 今回は曲の著作権問題だけども 法廷メインだから面白かったけど 弁護士の対立が早々に開始されて... [続きを読む]

« 鍵のかかった部屋  2話「窃盗事件と練炭自殺」 | トップページ | 37歳で医者になった僕~研修医純情物語 3話 »

作品一覧