2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« カエルの王女さま 第3回「終わらない歌を歌おう」 | トップページ | 特命戦隊ゴーバスターズ 第10話  「戦う理由」 »

2012年4月29日 (日)

平清盛 #17「平氏の棟梁」

公式サイト

清盛の母の違う子供たちの屈折、時子の明子への遠慮などを絡ませながら、清盛お披露目の歌をクラマックスシーンとして、清盛と、棟梁の妻として一族を束ねることとなった時子の新米っぷりを描いたお話でした。

とは言え、清盛の慣れぬ棟梁ぶりが責められることもなく、まずまずは平穏な平氏たち。
やがて起こる争乱のまでの、つかの間の平和、といったところでしょうか。
忠正の表情が気にはなりますが・・・

清盛の息子たち、そして弟たちの弓矢のシーンはそれぞれの性格が出ていて、わかりやすくて面白かったです。

棟梁としてこなさねばならない仕事の多さに改めて亡き父、忠盛の偉大さを感じる清盛。
時子も、棟梁の家を仕切ることに戸惑います。
食事の用意が足らず、半端な魚の身がならんだ食膳(笑)。
では、宴にて場を盛り上げようとするも、すでに琵琶はやめた、と言って場をしらけさせる時子にああん?!と清盛。
この一連の流れは新しい棟梁夫婦の若々しさが出ていて微笑ましかったです。

家成は忠盛亡き後も、平氏の棟梁として清盛を引き立てることを、池禅尼に約束してくれます。
歌会は、家成が清盛を平氏の棟梁としてお披露目するためにお膳立てしたもの。
しかし、同時に、清盛に平氏の棟梁としての力量があるかどうかを試される場でもあります。
ドラマではほとんど描かれていませんでしたが、忠盛は歌人としても有名だったですからねぇ・・・

お披露目する歌のことで頭がいっぱいになる清盛。

一方、時子の弟、時忠は、時子の長子、清三郎にいらぬことを吹き込みます。

清三郎に、お前は清盛にとっては三男だが、正妻の時子にとっては長男。
正妻の子を清三郎というのは如何にもおかしい。お前の父は先の奥方様にそれは惚れておられたからな、お前よりも重盛、基盛が可愛いのだ。お前もいずれ邪魔になって寺にでもやられよう。そういうお前は文も武もわきまえずともよいのだ。

かつての忠正の姿が重なります。

傷ついた清三郎が反抗的な態度をとってわけを知らぬ清盛を苛立たせ、つい、口をすべらしてしまいます。

「明子ならば、もっとしかとした棟梁の妻となっていたぞ。」

あっちゃ~、です(_ _)

そこへ時忠が登場。
清三郎に言った内容、そして姉上が琵琶をやめた理由を話します。
耳の残る明子の音色をかき消されとうない、と清盛が言ったためだと。
姉のことを思った上だとしても、頑是無い子供に、お前は親に愛されていない、と言うのはいかがなものか。
自分がそのように見られている、という思いが後に禍根を残すのでは?

とは言え、時忠の忠告のおかげで、琵琶のことだけでなく、時子がおおらかに見えるため、ついずけずけと言い過ぎてしまうこと、そんな自分が言ったことが時子を知らず知らずの内に傷つけていたことに気がつく清盛。

結局、清盛が披露したのは

重盛に基盛それに清三郎 清四郎 みなわれらの子なり

歌にもなっておらぬ歌です。
それは清盛自身が重々承知。それでも代作を頼むことなくどうどうと、妻や子、わが一門の者たちを誰よりも大事に思っている意を込めた歌を歌う清盛に、眉を顰めるもの、あっけにとられるもの。

何とも諸刃の剣のごとき男、と得子。
だが、もっとも我らに足りぬものをもっている、とは鳥羽院。
そして雅仁親王は人を食った男、と。

屋敷に帰ると、時子が息子たちにせがまれて琵琶を弾いていました。

実の母亡きあと、今の母上、時子のおかげでずっと健やかに生きてこれた。父といえども母上を傷つけつことは許さない、と父に詰め寄る重盛、基盛。

自分が言わなくても、わかっている息子たち。

清盛は、そなたの音色と明子の音色はまるで違う、いずれも忘れはせぬ、と時子を琵琶の音を所望します。

一家揃って時子の琵琶の音に耳を傾ける清盛たち。

一家一族を大事にしたことで有名な、清盛の人となりを描いたお話でもありました。

対照的なのが源氏でした。
家督争いが勃発します。

義朝は父、為義が長男の自分ではなく、弟の義賢に家督を譲る、と聞いて激高します。
しかし為義は、強くなりすぎて、己が父の誇りを踏みにじってなんの痛みも覚えぬようになった、左様なものに源氏を背負わせるわけにはいかん、と義朝を突き放します。
ならば我が道を行く、と出ていく義朝。
かつては、自分が父を守る、と言っていたのに・・・

そうそう義朝は常盤と結婚しました。
今、自分があるのは常盤のおかげだと、メロメロです。
押しかけ女房とは言え、完全に打ち捨てられた由良御前。
それでも父や常盤を決して悪く言わない、寂しげな母を見つめる頼朝、この時7才

清盛を中心に、自ら政をすることを諦めていない崇徳院と、我関せずの雅仁親王、何か企んでいそうな信西、相変わらず崇徳院を蔑ろにする得子など、宮廷内の人間関係をコンパクトに描いていました。

次週、いよいよ後白河天皇の誕生ですね。
風雲急を告げる展開が始まります。

.

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« カエルの王女さま 第3回「終わらない歌を歌おう」 | トップページ | 特命戦隊ゴーバスターズ 第10話  「戦う理由」 »

△大河:平清盛」カテゴリの記事

#ドラマ:2012年第2クール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平清盛 #17「平氏の棟梁」:

» 平清盛 第17回 平氏の棟梁 [レベル999のgoo部屋]
『平氏の棟梁』 内容 仁平3年 弟・家盛(大東駿介)の突然の死。そして父・忠盛(中井貴一)の死で、 名実ともに平氏の棟梁となった清盛(松山ケンイチ) 「武士の世を目指す!」 平氏一門を前に、清盛は高らかに宣言する。 が、、、棟梁の仕事は、想像していた以上に...... [続きを読む]

» 【平清盛】第17回 [ドラマ@見取り八段・実0段]
1153年、ついに清盛(松山ケンイチ)は平氏の棟りょうの座につく。 父・忠盛(中井貴一)の仕事を引き継いでいく清盛だったが、忠盛が残した功績は計り 知れなく棟りょうの器に不安を感じ始める。 妻・時...... [続きを読む]

» 第2部「清盛棟梁編」開始!/平清盛 第17回「平氏の棟梁」 [(不肖)大河ドラマ批評家「一大河」の批評レポート]
平清盛 第17回「平氏の棟梁」レビュー ◎『平清盛』登場人物/キャスト 「義朝。誇らしき我が子よ。お前は強うなりすぎた。」 (源為義) 【あらすじ】 1153(仁平3)年、清盛は平氏一門の棟梁となる。 しかし、尋常でない棟梁の重責に清盛は... [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」 Vol.17平氏の棟梁 [Refreshing-wind-blows※別館※]
【送料無料】平 清盛 前編 (NHK大河...価格:1,100円(税込、送料別) 【送料無料】2012年NHK大河ドラマ「平...価格:980円(税込、送料別) 【送料無料】 西行と清盛価格:1,575円(税込、送料別) 平 清盛 公式HP 平清盛 公式HP(広島放送局版)... [続きを読む]

» 平清盛 第17回「平氏の棟梁」〜常盤(武井咲)は俺の心の支え [世事熟視〜コソダチP]
『平清盛』第17回「平氏の棟梁」 今回から《第2部》なんだそうな・・・。 相変わらずセットは豪華で、衣装は美しいし、配役も多彩。 ただ物語が見事に面白くないだけのことです。 −◆− 棟梁の座に就き「亡き父上の固き志を継ぎ、武士の世を目指す!」と宣言する清盛!! 小生が多少なりとも大河ドラマらしさを感じたのは、ここだけですわ。 主人公の目指すものが、シンプルに出てた。 しかしながら、清盛が少々緊張して一門の前で「平清盛である」と自己紹介をしてしまい、笑いを取ったのはどうなん... [続きを読む]

» 『平清盛』 第17話「「平氏の棟梁(とうりょう)」」 [英の放電日記]
平氏の棟梁、一家の長 清盛(松山ケンイチ)「平清盛であるっ!」 盛国(上川隆也)「みな・・存じております」  突っ込んだらあかんやろ!  平氏の棟梁となった清盛、一族の前に颯爽と登場!(小奇麗になっている)  緊張の中の第一声!  緊迫の静けさ?固まる空気...... [続きを読む]

» 平清盛 第17回「平氏の棟梁(とうりょう)」 [あしたまにあーな]
物語の屋台骨をしっかりと支えてきた中井貴一演じる平忠盛が前回までで、本当に静かに去っていってしまい、名実ともに清盛の世界がやってきます。中井貴一はやはり、ミキプルーンを飲用しても、DCカードで薬を購入してもダメだったのでしょう。 周囲から疑問符が生じていた清盛が平氏の棟梁になるのですから、はじめからうまくいくわけがありません。様々な場面で、火種がくすぶるのも無理はないと思っていましたが、今回は早速それがやってきます。 いくつか同様の無茶っぷりがあるのですが、全ての共通しているのはとにかく叫んでその場... [続きを読む]

» NHK大河ドラマ『平清盛』第17回「平氏の棟梁」 [よくばりアンテナ]
いよいよ、第2部ってことで、 清盛が忠盛の後を継いで棟梁になった。 ちょっとはキレイになったかな。 でも、忠盛の仕事の多さに驚き、 自分でも不安になってた様子。 それに時子も、 家人が大勢集...... [続きを読む]

» 平清盛 第17回 [to Heart]
脚本 藤本有紀 演出 柴田岳志 制作統括 磯智明 音楽 吉松隆 語り 岡田将生 出演 松山ケンイチ/深田恭子/玉木宏/豊原功補/三上博史/山本耕史/田中麗奈/武井咲/森田剛/小日向文世/和久井映見/阿部サダヲ/國村隼/中村梅雀/井浦新/上川隆也 第17回 「平氏の棟梁」 % 1153年...... [続きを読む]

» 新たなる出発 ~平清盛・平家の棟梁感想~ [早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常]
父が亡くなっていよいよ平家の棟梁となった清盛。 このあたりの時間経過があまり感じられなくて残念だったけど。 そんな折、貴族達の間で我が子を大切に思う歌を詠む清盛。 以前にも書いたが、大政大臣...... [続きを読む]

» お前が笑うな! [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
「子を増やすのは大事な務めじゃ」塩谷瞬は生まれる時代を間違えたな「まずは誠心誠意謝罪すべき」山路徹先輩が、ありがたい助言を「帝など、はよう身罷れば良いのに」昭和天皇の誕... [続きを読む]

» お前が笑うな! [虎団Jr. 虎ックバック専用機]
「子を増やすのは 大事な務めじゃ」塩谷瞬は生まれる時代を間違えたな 「まずは誠心 [続きを読む]

» 平清盛「平氏の棟梁」 [blog mr]
 新聞タイトルが「平氏の棟りょう」となっていてエラく恥ずかしいことに。  冒頭の「平清盛である!」には笑った。  笑ったと言えば、真面目な演技を続けている佐藤二朗、清盛の妙な歌を披露した後、無茶振りされて「は?」がいかにも佐藤二朗っぽかった。  清盛の暴言に怒る子供たちが健気。 ... [続きを読む]

« カエルの王女さま 第3回「終わらない歌を歌おう」 | トップページ | 特命戦隊ゴーバスターズ 第10話  「戦う理由」 »

作品一覧