2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« カエルの王女さま 第2回「新しい私へ!浪漫飛行」 | トップページ | 特命戦隊ゴーバスターズ 第9話  「ウサダ奪還作戦!」 »

2012年4月22日 (日)

平清盛 #16「さらば父上」

公式サイト

ついに忠盛パパがお亡くなりになりました。

引越しのようなものをしたら、風邪をひいてしまったようです。
必ず見ている「世にも奇妙な物語」、録画するのも忘れてしまいました。(泣)

三組の親子を描いた今回。
印象に残った部分をいくつか書きます。

久安6年(1150年)、藤原忠実は長男である摂政忠通の屋敷を襲い、藤原氏の長者の証である家宝・朱器台盤を奪う。(公式参照)
次男、頼長を氏の長者にするためですが、親子なのにどうしてこんなに仲が悪いのか描かれてません。事実がどうであるかというより、ドラマとしてどう見せるか、ということです。
摂関家の親子、兄弟喧嘩が国を揺るがす乱を引き起こす大きな原因のひとつなのだから、わずかなカットでもいいから描いてくれてもいいんじゃないかな、と思いました。
鳥羽院関係を、平氏の出番を削っても長く描いたことと比べると(汗)、ちょっとバランスが悪いかな、とも。王家の話が多すぎたとも言えます。このへんは好みでしょう。
また、このころから平氏の方も忠盛パパが亡くなるなど動きが活発になりますしね。

これで左大臣となっていた頼長は翌、仁平元年に内覧となり、関白の忠通を尻目に、バシバシ政をしきり始めるのですが。
同年、美福門院得子の策略で鳥羽院のお気に入り家成を襲ったために、彼の仕事ぶりの描写はあれだけで終わりそうな気がします。
これは時間的には史実だから仕方がないでしょう。

さて、忠実の命に従って忠通や家成を襲ったのは源為義。
武士の世にする、という理想を持つ義朝は、財力のない源氏の郎党を食わしていくためには汚れ仕事も厭わない為義の生き方に反発を強めていきます。
親子を心配する由良御前の心遣いも水の泡。
それどころか、義朝君、常盤を唯一の理解者って。(_ _)
由良御前がかわいそう、と思わずおもっちゃいました。

常盤は立板に水のごとく義朝の心情を口にしてましたが、いつの間にそんなに仲良しになっていたのでしょうか。
義朝を見て驚かなかったから、度々訪れていたみたいですが、常盤の職場は近衛天皇がらみの屋敷のはず。あ、お姫様の里の摂関家、というこという可能性もあるかな?ともかくそんなところでラブシーン・・・ま、てっとり早くまとめてはいました。

一方、平氏は忠盛がついに公卿まで後一歩となり、清盛が安芸守に命じられるなど、院と得子の信頼もあつく順風満帆です。
しかし、得子サイドからの頼長邸を襲え、という命を拒否することを主張する清盛。
その姿に平氏を、そして自分の果たせなかった夢を清盛に託す決心を固めたのか、体調のすぐれない忠盛は、ついに清盛を跡目に指名しました。
思わず宗子の表情を見る清盛。かすかに頷く宗子。

そして仁平3年(1153年)。
忠盛の魂は安芸の浜辺に清盛を訪れます。
忠盛パパのカーテンコールですね。
序盤を支えた中井さん、お疲れ様でした。

平忠盛、享年58才。
回想シーンでの、忠盛の勇姿が眩しかったです。

次回からは平氏の棟梁となった清盛の話が始まります・・・が、新米にて、まだ色々と悩みそう。

.

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« カエルの王女さま 第2回「新しい私へ!浪漫飛行」 | トップページ | 特命戦隊ゴーバスターズ 第9話  「ウサダ奪還作戦!」 »

△大河:平清盛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平清盛 #16「さらば父上」:

» 平清盛 第16回 さらば父上 [レベル999のgoo部屋]
『さらば父上』 内容 久安6年、忠実(國村隼)の命により、源為義(小日向文世)は、 忠通(堀部圭亮)の屋敷を襲撃した。 すべては、藤原摂関家を頼長(山本耕史)に継がせるためであった。 が、父・為義の思わぬ行いに、 義朝(玉木宏)は、“盗賊”だと不快感をあらわ...... [続きを読む]

» 忠盛の意志は、清盛へ/平清盛 第16回「さらば父上」 [(不肖)大河ドラマ批評家「一大河」の批評レポート]
平清盛 第16回「さらば父上」レビュー ◎『平清盛』登場人物/キャスト 「強うなったな、清盛」 (平忠盛) 【あらすじ】 1150(久安5)年、9月。 忠実の命により、為義率いる源氏の軍勢が忠実の屋敷に押し入り、 藤原摂関家家宝・朱器台... [続きを読む]

» 【平清盛】第16回 [ドラマ@見取り八段・実0段]
美福門院(松雪泰子)の策略は、増長する忠実・頼長親子(國村隼・山本耕史)をワナにかけ、 その報復に平氏を使って彼らを襲撃させるというものだった。 病床の忠盛(中井貴一)は判断に迷うが、そこに安...... [続きを読む]

» 平清盛 第16回「さらば父上」〜浜辺で戯れる中井貴一と松山ケンイチ [世事熟視〜コソダチP]
『平清盛』第16回「さらば父上」 相変わらず、平板でメリハリがなく、どんよりしてるなぁ・・・。 申し訳ないけど、「ここが面白かった」って場面が浮かばないわぁ・・・。 −◆− 摂政・藤原忠通(堀部圭亮)と左大臣・頼長(山本耕史)を中心とした藤原氏の揉め事に、源氏と平氏を巻き込んで火に油を注いじゃおうとしてる美福門院得子(松雪泰子)の策略・・・。 もう、この手の謀には飽きました・・・。 もう、けっこうです。 −◆− 清盛(松山ケンイチ)が子供(5歳)にアーサー王のエクスカリバ... [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」 Vol.16さらば父上 [Refreshing-wind-blows※別館※]
【送料無料】平 清盛 前編 (NHK大河...価格:1,100円(税込、送料別) 【送料無料】2012年NHK大河ドラマ「平...価格:980円(税込、送料別) 【送料無料】 西行と清盛価格:1,575円(税込、送料別) 平 清盛 公式HP 平清盛 公式HP(広島放送局版)... [続きを読む]

» 父の背中 ~平清盛・さらば父上感想~ [早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常]
いきなり為義が藤原忠通を襲撃するという場面から始まる。 元々為義はかなり粗暴な性格だったらしく、本人と郎党の乱暴狼藉が多かったらしい。 ただ、この頃には検非違使復帰しており、それなりに出世の足が...... [続きを読む]

» 平清盛 第16回「さらば父上」 [to Heart]
脚本 藤本有紀 演出 柴田岳志 制作統括 磯智明 音楽 吉松隆 語り 岡田将生 出演 松山ケンイチ/深田恭子/玉木宏/豊原功補/三上博史/山本耕史/田中麗奈/武井咲/小日向文世/和久井映見/上川隆也/阿部サダヲ/國村隼/中村梅雀/中井貴一 第16回 「さらば父上」 11・3% 美福門...... [続きを読む]

» 『平清盛』 第16話「さらば父上」 [英の放電日記]
  忠盛退場 ★忠盛と宗子 「かたじけない」 「かたじけない?」 「ん?」 「妻となって、初めて言われた気が致しまする」 「そうか?」 「はい」 「左様なことはない。有り難いと思うておる。一緒になってから……ずっとな」  忠盛(中井貴一)の言葉に、戸惑いと恥じら...... [続きを読む]

» 平清盛、忠盛の死!! [函館 Glass Life]
刑部卿を最後に58歳で亡くなった忠盛、その人生は成り上がり そのものだったのかも知れません 地方の国主から公卿の一歩手前まで登りつめたのですから大し たものです。 白河院が亡くなり鳥羽院が院政を始めた時、白河院の寵臣を殆 ど受け入れなかった鳥羽院 しかし...... [続きを読む]

« カエルの王女さま 第2回「新しい私へ!浪漫飛行」 | トップページ | 特命戦隊ゴーバスターズ 第9話  「ウサダ奪還作戦!」 »

作品一覧