2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 2012年3月の読書 その1 | トップページ | 特命戦隊ゴーバスターズ 第8話  「マシン設計図を守れ!」 »

2012年4月15日 (日)

平清盛 #15「嵐の中の一門」

公式サイト

オープニングのナレーションがありませんでした。今後もこのままでやって欲しい。

落馬で命を落とした家盛。

泣すがる宗子。
駆けつけた清盛を、触るでない、と拒絶します。
忠正は「お前が死ねばよかったのじゃ」と罵倒。

今まで何かと騒動をおこしてきた清盛に対する反感に加えて、家盛の突然の死の原因は清盛が神輿を射たためだと思っているんですね。

雨の中、屋根の上で呆然と座り込む清盛。
木を眺めるは、家盛の思い出をたどっているのでしょうか。

そこへ、家盛の同腹の弟、頼盛が訪れます。
奇矯な清盛の姿を見て「やることがいちいち仰々しい」と。これが平氏一門の大方の気持ちなんでしょう。

家盛が落馬したときに後ろにいた頼盛は家盛が最後に「兄上」と呟いたことを伝えます。
しかし、頼盛は清盛が苦手。
騒々しく何かをしでかしても、そうやってくよくよと悩まれる。

代わりに死ねばよかった、とまでは言わないけれども・・・そう思っているんでしょうね。
ただ一人父と母とを同じくする心安い兄と慕っていた家盛が死ぬくらいなら・・・しかし、いくら嫌いな相手でも、その兄上が最後の言葉、最後に伝えたかった相手に伝えるのは務めである、と。

頼盛は今後平氏一族の中でも独特のスタンスをとる人物。
このドラマではどう描かれるのでしょうか。

さて、喪のあけた忠盛は、鳥羽院に謁見し、変わらぬ忠誠を誓う。そして、高野山の宝塔再建という鳥羽院の命を受け、自分の名代を清盛に務めさせたいと申し出る。(公式サイトより)

家盛の死で揺れる平氏。
その元を作った自分が、こんな大役を果たせるかどうか、自信のない清盛。
そこへタイミングよく義清改め西行が旅から帰ってきて、清盛にしかできないことがあるはず、と励まします。
この仕事をやり終えることが家盛への供養にもなる、と気持ちを切り替えて没頭する清盛。

家盛の一周忌。
舞子の、そして忠盛の志の象徴である鹿の角を粉々にして忠盛を詰る宗子。
その志のために家盛は死んだのだと。

そんな父母の様子を言葉なく見つめる清盛、そんな清盛を見やる時子。
時子は、平氏の中の清盛のスタンスが微妙であることを見聞きするにつれ、清盛の抱える孤独感に対する理解を深めていきます。

美福門院となった得子は、院に忠誠をつくす忠盛に満足している様子。
落成のあかつきには、公卿になれるかもしれない、とほのめかします。

ついに夢が叶うか、と喜ぶ忠盛の前に現れたのは頼長。
家盛のことを悔やむ素振りで、ねちねちと自分と家盛との関係をばらします。
家盛が平氏の棟梁になるために全てを投げ出したこと。その行為が一門を売ることになる、と気づいて悩んでしまった小心者。
「さすが武士の子、見事な犬死じゃ」

わー、すごい蔑み。しかも「終わったことじゃ」と新たな愛人に声をかけるダメ出しつき。
期待通りの悪役っぷりです。

次男の頼長を偏愛する忠実は、長男忠通に摂関の座を頼長に譲れと迫っていました。
ちょっと残念なのが、ここまで忠実と頼長が直接会話するシーンがほとんどないことでしょうか。
摂関家内部の確執はサイドストーリーだから、あまり深く描くと清盛の話が飛んじゃうし、これはこれでいいのかもしれません。

近衛帝が元服すると、頼長が娘多子を入内させると、忠通は美福門院の養女を自分の養女とした呈子を入内させる動きをとる。張り合ってます。
この兄弟喧嘩に崇徳院と鳥羽院の確執が加わり、平氏、源氏ともに巻き込まれるんですね。
特に源氏は深刻な影響を受けるようで・・・。

高野山に納める曼荼羅に筆を入れようとしている清盛の元に、頼長から侮辱を受けた忠盛が現れ、今すぐこの仕事をやめよと、怒りをもって命じます。

武士の世を作るという志のために清盛を長男とした。そのことが家盛や宗子に犠牲を強いることを承知で。しかしそのことが家盛をどれだけ追い詰めていたか。
もう、院に媚を売るのは辞める。出世のための努力も無駄だ。
持っていきようのない怒りと自責の念で、曼荼羅に筆を入れることをやめない清盛を殴りつけます。
忠盛パパ、ちょっと八つ当たりしているように感じがしました(汗)。

しかし、打ちつけられ、血を流してもやめない清盛。
自分は家盛の兄だ、と言いながら、自分の血で大日如来の唇を書き入れます。
そこへ宗子たちがやってきて。
どことなく家盛に似ている曼荼羅を見て、家盛が兄上によろしく、と言っているようです、と清盛に微笑みかけます。

ナレーションによるとこれでどうやら平氏の嵐はおさまったそうです。

うーん、ラストの曼荼羅による怒りと和解のシーンは、俳優さんたちの力で何となく納得させられたけれども、セリフだけだと、意味がよくわかんなかったです(大汗)。
なにが、どう、収まったのでしょうか?
宗子が清盛に心を開いたから?殴られつつも曼荼羅に筆を入れることをやめなかった清盛の姿を見て、忠盛の中の志が蘇ったから?宝塔が無事完成するから?
特に宗子の心が融けるきっかけが・・・それだけで長年鬱屈したきた気持ちが晴れるのかな~?と。

出家してもモテモテな西行。(笑)
同居する崇徳院と雅仁親王・・・こちらもあぶない兄弟です。
徐々に源氏の舵取りを巡って為義との溝を深めていく義朝。
義朝の説得で宮中に入り、呈子につかえることにした常盤。

次回は・・・忠盛パパとお別れのようです。
寂しいです。

.

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 2012年3月の読書 その1 | トップページ | 特命戦隊ゴーバスターズ 第8話  「マシン設計図を守れ!」 »

△大河:平清盛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平清盛 #15「嵐の中の一門」:

» 平清盛 第15回 嵐の中の一門 [レベル999のgoo部屋]
『嵐の中の一門』 内容 鳥羽法皇(三上博史)の熊野詣での警固を無事務めた家盛(大東駿介)だったが、 その帰り道、家盛は落馬し、命を落とす。 突然の出来事に平氏一門、そして清盛(松山ケンイチ)は衝撃を受ける。 しかし宗子(和久井映見)は、清盛に冷たくあたり...... [続きを読む]

» 【平清盛】第15回 [ドラマ@見取り八段・実0段]
家盛(大東駿介)は、頼長(山本耕史)の謀略にはまり失意のうちに落馬死する。 家盛の死に絆強き平氏一門は初めて大きく揺れる。 だが家盛の死は清盛(松山ケンイチ)のせいだとする忠正(豊原功補)ら...... [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」 Vol.15嵐の中の一門 [Refreshing-wind-blows※別館※]
【送料無料】平 清盛 前編 (NHK大河...価格:1,100円(税込、送料別) 【送料無料】2012年NHK大河ドラマ「平...価格:980円(税込、送料別) 【送料無料】 西行と清盛価格:1,575円(税込、送料別) 平 清盛 公式HP 平清盛 公式HP(広島放送局版)... [続きを読む]

» 西行の言葉が意味するものは?/平清盛 第15回「嵐の中の一門」 [(自称)大河ドラマ批評家「一大河」の批評レポート]
平清盛 第15回「嵐の中の一門」レビュー ◎『平清盛』登場人物/キャスト 「父上がどうお考えになろうと、わたしは家盛の…兄にござります!」 (平清盛) 【あらすじ】 家盛が死んだ。 現実を受け止められない宗子は、取り乱して何度も家盛の名... [続きを読む]

» 平清盛 第15回 「嵐の中の一門」〜血ぃダラダラ、血曼荼羅!! [世事熟視〜コソダチP]
『平清盛』第15回 「嵐の中の一門」 相変わらず、陰気くさくで、どんよりしてるなぁ・・・ −◆− 家盛(大東駿介)が、熊野詣の帰途に兄・清盛(松山ケンイチ)との楽しい思い出にしたりながら落馬死。 「兄上」 死して兄弟和解?? 館に帰ってきた遺体に取り縋る宗子(和久井映見)は、映画『エクソシスト』で悪霊にとりつかれたリンダ・ブレアみたいなダミ声で、清盛に「 (家盛を)触るでない!!」とキツイ口調。 忠正(豊原功補)は「お前だぁ! お前が神輿に矢を射たゆえ・・・お前が死... [続きを読む]

» 『平清盛』 第15話「嵐の中の一門」 [英の放電日記]
風雪を耐え忍んだものだけが見られる美しきもの (忠盛邸、家盛の亡き骸を前にして) 宗子「触るでないっ!……家盛に触るでない!」(清盛を睨みつける) 忠正「お前がこの家に災いを持ち込んだ!    お前が神輿に矢など射たゆえ、家盛に神罰が降じたのじゃ!    ...... [続きを読む]

» 感じられておいでじゃ [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
「まこと変わらぬ」佐藤義清改め西行は坊主になっても、モテモテぶりは変わらず盛国は、目をパチクリして驚いた平清盛第15回嵐の中の一門熊野詣から、亡骸になって帰ってきた家盛... [続きを読む]

» 感じられておいでじゃ [虎団Jr. 虎ックバック専用機]
「まこと 変わらぬ」佐藤義清改め西行は坊主になっても、モテモテぶりは変わらず盛国 [続きを読む]

» 平清盛 第15回 [to Heart]
脚本 藤本有紀 演出 柴田岳志 制作統括 磯智明 音楽 吉松隆 語り 岡田将生 出演 松山ケンイチ/深田恭子/玉木宏/豊原功補/三上博史/藤木直人/山本耕史/松田翔太/森田剛/田中麗奈/武井咲/小日向文世/和久井映見/上川隆也/阿部サダヲ/井浦新/中村梅雀/中井貴一 第15回 「嵐...... [続きを読む]

» 弟の死から ~平清盛・嵐の中の一門~ [早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常]
家盛が落馬で亡くなってから、悲嘆にくれる宗子と、怒りを清盛にぶつける忠正。 血がつながっていないとはいえ、やはり悲しいのな。 そうした中で宮仕えもろくにできず、頼長は嫌味全開。 こいつの男色のお...... [続きを読む]

« 2012年3月の読書 その1 | トップページ | 特命戦隊ゴーバスターズ 第8話  「マシン設計図を守れ!」 »

作品一覧