2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« くろねこルーシー 第9話「先人は言う。雷がなったらへそをなんたら・・・」 | トップページ | カーネーション・不定期観測メモ 第22週「悔いなき青春」 »

2012年3月 7日 (水)

ストロベリーナイト 第9回「ソウルケイジ 前編」

公式サイト

原作:誉田哲也「シンメトリー」「ソウルケイジ」「感染遊戯」(光文社刊)

原作未読です。

今日の食事にも事欠く、貧窮にあえぐ親子。
建設中のビルの中。工事関係者らしき男に、子供を痣ができるほど殴れば虐待しされていると認知され、保護してもらるのに。そうすれば子供だけでも救えるのに。でも、どうしても殴れない、と愚痴る、どうやらトビ職らしい父親。
直後、ビルから転落して死亡する男。

13年後。
血まみれの左手首だけが、ワンボックスカーから発見された。
近くにある工務店のガレージが現場らしい。
指紋から手首の主がその工務店、高岡工務店の主、高岡賢一であることが判明、また血の量から、すでに死んでいると断点された。
しかし、遺体は見つからない。遺体なき殺人。

この事件は、日下、姫川の両班体制で追うことになりました。
主導権が日下にあるので、機嫌の悪い姫川。

容疑者は高岡工務店の従業員で、現場の第一発見者の三島耕介。
第一容疑者となりますが、彼の恋人、中川美智子がアリバイを証言しているらしい。

視聴者には、この青年が13年前の、父を亡くした少年であることが明かされています。
父が死んだ工事現場を訪れる少年に、工事現場には似つかわしくない服装の男が無理矢理香典を渡す・・・それを見つめる、最後に父親といた男、それが高岡。

その後、福祉施設に引き取られた耕介を心配し、可愛がった男。
その高岡自身にも暗い記憶がある。首吊り自殺のカット。

日下から、本ボシと見られる耕介ではなく、恋人の美智子の捜査を命じられて、ますますご機嫌な斜めの姫川。

そうそう、今回の姫川のバディは、巡査部長に昇進して事件の起きたショカツに移動してきた井岡です。ショカツの「ポープエース」なんだそうです。昇進理由になった手柄のいくつかは姫川班とともに動いた事件なのかもしれません。
階級が一緒になった、と、菊田に宣戦布告(笑)。
ちょっとネチこいけれども、常識的な感覚の持ち主なので、安定感はあります。

さて。次回のために、シーンは多少前後しますが、整理整頓しておきます。

耕介と美智子が付き合いだしたのは一ヶ月前。
美智子の父親は、木下興業という工務店に勤めていたが、二ヶ月前に事故死している。
事情聴取をしている時。アパートの住人の夫婦の大声での罵りあいに、思わず怯える美智子の様子に、自分の過去を重ね合わし、ひっかかるものを感じる姫川。

菊田たちは、高岡賢一の過去を調べています。
独立する前は中林建設に勤めていた。
耕介を大変可愛がっていたこと。かといって甘やかすことはなく、言うべきことはきちんとしつけていたらしい。
実家の高岡たばこ屋はすでになく、息子である賢一は鉄道会社に勤めているはずで、建設業、特に中林建設に関わるわけがない、との情報を近所の不動産屋から聞き込みます。
なぜなら。
賢一の父が母と自分に残してくれたたばこ店を地上げで、しかも非常に悪辣なやり口で取り上げたのが、中林建設だったから。そのため、賢一の母は自殺してしまったという。
その旨、姫川に報告した上、高岡の家に向う菊田。

一方、耕介を事情聴取する日下。
耕介と美智子の出会いの不自然さをつついています。

その晩、菊田と日下は高岡の自宅前で鉢合わせ。菊田は上司権限で、日下に追い払われてしまいました。

耕介の追想。
高岡の大工にならないか、という誘いを喜んで受けたこと。
見習いの自分をいつも優しく見守ってくれた高岡の姿。

合同捜査会議にて。
中林建設は大和会系の田嶋組のフロント企業。
美智子の父が勤めていた木下興業は中林建設の下請けだった。
木下興業は耕介の父もかつての勤め先でもあった。
日下班の調査により、木下興業では数多くの事故死が起きていてることが判明。
亡くなった人たちはいずれも会社に多額の借金をしており、事故死でおりた保険金で返済しているとのこと。
そして事件の二ヶ月前に、高岡と耕介が言い争っているところが目撃されていた。

ということは、高岡が会社に命じられて耕介の父を殺したと、そのことを知った耕介が復讐をしたと、日下は疑っているのか?と、色めきたつ姫川を、勘で動くな、証拠を挙げろ、と制する日下。

菊田が聞き込んだ高岡像が、保険金殺人の実行犯であることと結びつかない姫川は、さらに高岡の周辺を洗い出そうと、高岡の幼馴染から話を聞こうとしますが。
幼馴染は、見せられた写真を見て、高岡ではない、と言います。

次回へ続く。

組織犯罪っぽいので、今回も犯人がつかまってすっきりする、という結末にはならないように思います。
若い二人が直接手を下していなければいいのですが。

姫川と日下ががっぷり当たっていたので、面白かったです。

冒頭、日下に食いつくも「おまえはガンテツか」と言われてむかっぱらを立てる姫川。
日下が姫川を嫌っていないことが前回でわかっているためか、お姫様をあしらうコワモテの侍従長、みたいでちょっと微笑ましかったです。

母の言うことなすことに反発してしまう、姫川。
心配してくれていることはよくわかっているのに。
事件をバネにして、自分を生まれ変わらせてくれた仕事に情熱をかける娘にとって、事件をなかったことにして、女性としての幸せを掴んで欲しいという母の気遣いは、一層傷を深めるだけ。掛け違ったボタンのような状態です。
そして、一々反発し、母を傷つけてしまう自分が嫌だから、余計に避けてしまう。
その母が、心筋梗塞で倒れてしまい、意識が戻らない状態に。

ショックを受けながらも、いや、だからこそ仕事に戻る姫川。
ただ、妻を見守り、娘を見送るしかない父。母娘の間に父親は入りにくいよなぁ・・・

定宿にしているホテルに帰ると、心配した菊田が待っていてくれました。
おお、ついに・・・でも、さすが菊田。その後、元の距離間に戻します。ちょっと微妙ですが(笑)。
「13年前に夏、私は死に、そして生まれた」
姫川の気持ちが、女性としても前に向くには随分時間がかかりそう。というか、そういう姫川が想像できない・・・
がんばれ、菊田。そして、無事でありますように。

日下も引き篭もり・・・家庭に何か悩みを抱えているようです。

次回はガンテツも登場するようで、日下との三つ巴が見れる?楽しみです。

.

.

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

.

.

« くろねこルーシー 第9話「先人は言う。雷がなったらへそをなんたら・・・」 | トップページ | カーネーション・不定期観測メモ 第22週「悔いなき青春」 »

#ドラマ:2012年第1クール」カテゴリの記事

□ストロベリーナイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ストロベリーナイト 第9回「ソウルケイジ 前編」:

» 「ストロベリーナイト」 第九話 ソウルケイジ その1 [トリ猫家族]
 (゚Д゚ ) ハッ!あっと言う間に1時間が過ぎてたわ!早い、早い、早い〜 今回は捜査と共に、日下と姫川の家族の問題も描かれそうですな〜  多摩川土手の路上に放置 ... [続きを読む]

» ストロベリーナイト「ソウルケイジ」 [のほほん便り]
ラストまで3回シリーズなのですね。遺体なき殺人。保険金詐欺疑惑、二人の高岡の謎… そして、ミーハー的に、今回の見どころは、何といっても、玲子(竹内結子)と菊田(西島秀俊 )の抱擁シーン! 出ました、心の弱ってるヒロインにナイトが抱きっ (^。^*) また、玲子の心の傷、プレイバック・シーンが、やたら多く描かれましたね。「すべては、あの13年前の夏にはじまった。13年前の夏、あたしは死に、そして生まれた」これが、事件と、どう関わってくるのでしょうか? それにしても、まるで自分の子のよ... [続きを読む]

» ストロベリーナイト - 竹内結子 [新ドラマQ]
ストロベリーナイト 火曜 21:00 フジテレビ 2012年1月10日~ [キャスト] 竹内結子 西島秀俊 津川雅彦 遠藤憲一 渡辺いっけい 高嶋政宏 生瀬勝久 武田鉄矢ほか [スタッフ] 原作:誉田哲也 脚本:...... [続きを読む]

» ストロベリーナイト 第9話 [ドラマハンティングP2G]
ソウルケイジ 2012.03.06 Tue On-Air 多摩川土手の路上に放置された軽自動車の下から、ビニール袋に入った血まみれの左手首が発見された。姫川玲子(竹内結子)や日下守(遠藤憲一)たち捜査一課の刑事たちは捜査本部が置かれる所轄署に赴く。玲子は日下との合同捜査は避…... [続きを読む]

» ストロベリーナイト 第9話 ソウルケイジ [レベル999のgoo部屋]
『ソウルケイジ』 内容 橋爪管理官(渡辺いっけい)が、科捜研にいると知り 事件のニオイを感じる玲子(竹内結子) 直後、今泉係長(高嶋政宏)は玲子と日下(遠藤憲一)両班に捜査を命じる。 所轄の蒲田南署に立ち上げられた帳場には、 昇進して転属してやって来た井岡...... [続きを読む]

» BLEACH&ストロベリーナイト [別館ヒガシ日記]
はバトル開戦の回だけども 原作の通り進みオリジナルも無く VSジャッキーは満足したし VS雪緒はバトル短過ぎるし VS獅子河原は単純明快で 1話で3... [続きを読む]

» 別館の予備(BLEACH&ストロベリーナイト) [スポーツ瓦版]
3月8日 BLEACH&ストロベリーナイト 下記TBアドレスの別館にTBして頂けると有難いです TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/11184991114/0f4bdde6 [続きを読む]

» 『ストロベリーナイト』 第9話「ソウルケイジ」 [英の放電日記]
 今回のテーマは「親子愛」というところか?(全編を見ていないので、まだ断定できません) 姫川親子……過去の強 姦事件で傷つき、それまでの玲子(竹内結子)は死に、新しく生まれ変わった玲子。しかし、無理やりに生まれ変わったせいか、両親には過去の玲子との違いに戸...... [続きを読む]

« くろねこルーシー 第9話「先人は言う。雷がなったらへそをなんたら・・・」 | トップページ | カーネーション・不定期観測メモ 第22週「悔いなき青春」 »

作品一覧