2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 2012年2月のまとめ~冬クールドラマの中間報告その2 | トップページ | 名探偵ポワロ シーズン12「三幕の殺人」「複数の時計」 »

2012年3月 2日 (金)

最後から二番目の恋 第8回「大人のキスは切なくて笑える」

公式サイト

セリフを拾うのは、あきらめました(笑)。
ネタも多すぎて、拾いきれませんでした。

海辺のオープンカフェでいい感じでデートをする千明と真平。
千明を"イタリア人"のごとく(笑)、褒める真平。思わず照れる千明に「恋人でも同じことをするんだろう?」と。
恋をしたことのなかった真平。こういう接し方しか知らないのね。

で、千明は、過去の恋愛を振り返って、最初はそうなんだけど、段々ね・・・「恋愛って寂しいもんなのよ、意外と。」という結論に。そうそう。わかります。
でもピンとこない真平。生まれたの赤ん坊みたいです。
さらに千明に、今迄の恋愛体験を聞きますが。
さすがにこのシチュエーションでは・・・つまり、しらふでは言えない、と。
真平はあまり飲めないけれども、和平は意外と強いそうです。
「これはいっぺん、つぶしておきますか」とファイトを燃やす(なぜ?笑)、千明。

一方、和平は知美とデートでお洋服を買っています。
うーん、どうみても「お父さん」です。
気を使う知美に、親父はそんなことでは傷つかない、と。

今回、真平の初体験と、知美の生い立ち、そしてさくら貝の謎が明らかになりました。

真平はは高校生の時、検査などで通っていた病院のとても優しい看護師さん。いつも微笑みを絶やさない人が、ある時、とても寂しそうで、悲しそうだった。その姿を見て、真平は涙が止まらなくなり、僕にできることはないか、と訊ねた・・・
それが天使の初仕事だったわけです。

知美の父は自分の会社を潰した後、体まで壊してしまい、亡くなってしまった。それからは母、秀子が女手一つで育ててくれたこと。しかも働きながら栄養士の資格もとったこと。忙しくて一緒にいる時間が少ないから、何でも話そうと約束したこと。(一部、公式サイト参照)
だから和平の話題も共有しているしているんですね。

さくら貝の収集ついては。和平の亡き妻が集めていたから。でも、なぜ集めていたのか、理由を聞く前にいなくなってしまった。
亡くなった後も、理由もわからぬまま集め続けている和平。

後は・・・
真平のために禁煙しとうとする千明。しかし禁断症状でイラつくことを恐れて「このドラマが終わるまでは辞めないで」と無理矢理吸わそうとする、スタッフたち、特に、三井。(笑)
千明のファッションがカジュアル・・・というか真平チックに。でも、それ、和平が知美に選んでもらったシャツと微妙に似ている、と思ったら、後でネタになっていました。

千明とキスをする夢を見て、ますます千明を意識するようになった万里子。自分の気持ちをもてあましています。
真平と万里子。以前は影響しあっていたのに、今はお互いのことがわからなくなっているようです。
ミニスカの制服を着てファミレスでバイトを始めた典子。本格的に千明の家の居候になっている様子。
出会い系サイトも懲りずに続けています。
えりなにはBFができたようで、キスシーンまで目撃してしまった和平は大ショック。
えりなのことを信用していると言いつつも。
「信じるのと心配するのとは違う。」

なんやかんやあって、もう、さっぱりわからない和平。
そこへ混乱に輪をかけるがごとく、大橋母娘が訪れます。
さらに、夕飯を作るのがめんどくさくなった千明と典子がやってきて。
無垢な仕掛け人、真平のセッティングにより、ゴングがなりました。

すぐさま、いつも通り遠慮のないバトルを始める千明と和平の関係を疑う大橋母娘に。
「私にとって50はありえない」@千明
「私、今、53歳なんだけど」@秀子
千明が真平の彼女だと知ってその場はいったんおさまりますが、微妙な空気に、今日は飲もう、と「カフェ長倉」開店宣言をする千明。盛り上がる一同。
そんな千明に、さすが千明様、と影ながらほれぼれする万里子(笑)。

「今日は潰しますからね」と気合を入れた千明に、和平も気合を入れて応戦。
本気になった二人のバトルに入れない大橋母娘。

この一連の流れは、とても書ききれません(汗)。
二人の会話をテニス観戦のように見ている大橋母娘。
中井さんと小泉さんは言うまでもなく、「53歳」の入れ方を含め、美保さんの間も絶妙でした。

「あんな風に男の人と喧嘩してみたい」
と、酔っ払って上機嫌で帰っていく大橋母娘。面白い人です。

その後も飲み続ける二人。酔っ払った勢いで、千明の禁煙はあえなく失敗、なのをからかう和平、とカオスは続きます。

典子は誰かとヒットしたのか、こっそり抜け出しました。大丈夫?

翌朝、リビングでご機嫌で酔いつぶれている千明と和平。
千明にそっと近づく万里子。と、酔っ払っている千明は、誰と間違えたのか、万里子にキスをしてしまいました。
窓越しに目撃した真平。驚愕した万里子と目が合います。
その瞬間に万里子の気持ちがわかっちゃったみたいです。

真平の病気がらみでしめっぽい展開になるかな、と心配していたら、予告を見ると、このキスが新たな混乱を呼ぶようで。
真平なんか「万里子に勝てるかな」なんて言ってるし(爆)。
最後はわかりませんが、ともかくコメディテイスな流れは続くようで、ちょっと安心しました。こういう展開は大好きです。

本当に仲がいい大橋母娘。二人っきりで生きてきた絆のようなものが見えました。親離れ子離れができていない、と言えるかもしれませんが、一番近しい人と一番仲がいいって、幸せだと思います。
和平のことは、取り合うというより、共通の話題ができて嬉しい、という感じなのかもしれません。

かつて真平が病気になったことがきっかけで精神のバランスを崩した万里子。
今、自分ができないと思っている恋を、真平が始めた。その姿に自分を投影している、とも思えますが、それはきっかけかもしれない。本当に千明を好きになっているのかもしれません。

今回、自分的に大ヒットだったのは、
「バブルの残り香」という和平のツッコミに、

「昭和の匂い、もっとさかのぼって平安時代の匂いがしてます。」(激爆)

次回が楽しみです。

.

.

#01 #02 #03 #04 #05 #06 #07

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 2012年2月のまとめ~冬クールドラマの中間報告その2 | トップページ | 名探偵ポワロ シーズン12「三幕の殺人」「複数の時計」 »

#ドラマ:2012年第1クール」カテゴリの記事

□最後から二番目の恋」カテゴリの記事

コメント

>セリフを拾うのは、あきらめました(笑)。
私もです(笑)絶対無理。あの二人が応戦しあうテンポの良さや、秀子が割って入ってきた時の微妙な空気とか、書ききれませんて・・
今回も細かい展開がいろいろありましたよね~
典子は和平に旦那さんのことけなされた時かばってたようですが、もとに戻る気はあるんですかねぇ・・
あの旦那さんが急に情熱的になるとも昔の恋心が蘇るとも思えないし・・・もはや、よっぽどのことがないと家に戻れないですよね( ̄∀ ̄)
来週は千明のキッスが多方面に影響を与えるみたいですね~
真平、万里子のために身を引いたりするのかちら・・・
ますます楽しみです。

きこりさん こんにちわっ。

>セリフを拾うのは、あきらめました(笑)。
どんどんヒートアップしてますもんね。アドリブも多いんじゃないかな、と思いつつ楽しみました。

>もはや、よっぽどのことがないと家に戻れないですよね( ̄∀ ̄)
この夫婦もわからないですね。典子のはじけっぷりと、何かあきらめちゃったような旦那さん。呆気なくまるっと収まるような気もしますが、そうだとしたらそのキッカケ、「よっぽどのこと」が何であるかも気になります。

>来週は千明のキッスが多方面に影響を与えるみたいですね~
和平の様子もおかしかったですもんね(笑)
誤解が誤解を生むパターンってイラっとする時もあるのですが、このドラマは楽しみです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最後から二番目の恋 第8回「大人のキスは切なくて笑える」:

» 最後から二番目の恋「大人のキスは切なくて笑える」 [のほほん便り]
今回、ウケたのは、真平(坂口憲二)との恋人関係が、いい感じになってきた千明(小泉今日子)のファッションが、急に若返り、彼みたいなカジュアル路線にチェンジ それと並行して、デートで知美(佐津川愛美)と歩いてた和平(中井貴一)が、若々しいブルーのシャツをすすめられ、大照れ。 でも、後半。恒例の千明と和平の仲良し口喧嘩(!)で、「それ、まるかぶり!」と指摘するシーンがあり、思わずプププ… あいかわらず、楽しいですよね。二人のかけあい。(そんな彼等をテーブルの両サイド。真ん中で、微妙に嫉妬... [続きを読む]

» 「最後から2番目の恋」 第8話 大人のキスは切なくて笑える [トリ猫家族]
 衝撃キッス!! 万里子も驚いたけど、真平も驚いた! 千明ったら、寝ぼけて真平と間違えちゃったのかちら・・ それとも、万里子の気持ちに気づいてたの?たまたま、そんな気に ... [続きを読む]

» 最後から二番目の恋 (第8話 3/1) 感想 [ディレクターの目線blog@FC2]
1/12からフジテレビで始まったドラマ『最後から二番目の恋』(公式)の第8話『大人のキスは切なくて笑える』の感想。 中盤から終盤への転換だけに、少々無理があったかも? 全11話として、今回は...... [続きを読む]

» 最後から二番目の恋 第8話 [ドラマハンティングP2G]
第8話「大人のキスは切なくて笑える」 3月1日 木曜 夜10時 吉野千明(小泉今日子)は、長倉和平(中井貴一)の弟・真平(坂口憲二)との交際をスタートさせる。デートに出かけた千明たちは、カフェでこっそりキスをしたり、お互いの初体験の話をしたりしながらデートを楽…... [続きを読む]

» 『最後から二番目の恋』 第8話 [美容師は見た…]
本当の恋だとか愛だとか、進展するとかしないとか、そんなありきたりの恋愛話はここでは必要ないのです。今回は更にパワーアップした和平と千明のやり取りが可笑しくて…子供かて(笑)「今日は潰しますからね、絶対に」「何言ってんですか。私はね、ウオッカでロシア人を潰した... [続きを読む]

» 最後から二番目の恋 第8話 大人のキスは切なくて笑える [レベル999のgoo部屋]
『大人のキスは切なくて笑える』 内容 真平(坂口憲二)とつきあい始めた千明(小泉今日子) 楽しい会話をしたり、キスをしたり。。。そして初体験の話まで。。。 楽しいデートだった。 一方、和平(中井貴一)は、知美(佐津川愛美)とデートしていた。 しかし親子と間...... [続きを読む]

» 「最後から二番目の恋」第8話感想 [Kanataのお部屋へようこそ]
 千明と真平は恋人としてデートします。  和平は知美と付き合ってみます。  万里子は千明に恋心を抱き、典子はバイト先を見つけ、懲りずに今度はメル友を捜しています。 [続きを読む]

» 最後から二番目の恋 8話 感想 [ドラマとアニメの感想日記]
「最後から二番目の恋」の第8話 「大人のキスは切なくて笑える」の感想いきまっす! ネタバレ注意ですv 千明と真平のデート、なんだか初々しいな~v 千明、タバコに手が伸びるのは、緊張しているせいかな? 和平は酒が強い=「一回潰しちゃいますか」に笑ったv 一方の和平と知美は、見た目ホントに親子~。 知美を諭す和平、その話しぶりがお父さんだよん。(笑) ほっぺにチュ~の後の知美の行動を不思議がる和平。 ええ、ホントにあの親子の関係、わからんよね~。(苦笑) このまま和平を共有しそうなくら... [続きを読む]

» 《最後から二番目の恋》☆08 [まぁ、お茶でも]
真平と2人で入った雰囲気のある喫茶店。 「へ~、なんか素敵なお店だね」 「千明 ここ禁煙」 「そうだ。ごめんごめん」 「なんか嬉しいな。 恋人同士なんだよね 俺たち。」 「フフ、そうだね。」 「うん。 嬉しいよ。人生初の恋人が千明で」 「え~ ああ、でも初だ私が」 「千明きれいだし 一緒に歩いてても 自慢」 「またまた。今ちょっと天使に 戻ってない?ボランティア精神 発揮したでしょ」 ... [続きを読む]

« 2012年2月のまとめ~冬クールドラマの中間報告その2 | トップページ | 名探偵ポワロ シーズン12「三幕の殺人」「複数の時計」 »

作品一覧