2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 平清盛 #12「宿命の再会」 | トップページ | 仮面ライダーフォーゼ #28「星・嵐・再・起」 »

2012年3月26日 (月)

特命戦隊ゴーバスターズ 第5話  「キケンな熱暴走!」

公式サイト

ゴーバスターズの今回の特命は、エネトロンタンクを破壊された地区へのエネトロン輸送トラックの護衛。(公式サイトより)

レッドさんは、トラックの護衛に、ブルーさんとイエローさんはマーカーとしてあらわれたメタロイドの元に。正確には、マーカーとしてのメタロイドを作ろうとしているエンターの元ですが。

ブルーさんは熱暴走を起こすと悪役になってしまうんですね。
今まで兄のように慕っていた、ブルーさんの見たことのない凶悪な姿に怯えて泣き出すイエローさんが可愛かったです。
そうかぁ、童顔女子をキャスティングした意味がわかりました。
ストーリー的に、子供のように泣く姿が欲しかったんですね。かといって完全に子供でもいけない。
ブルーさんも悪役っぷりがはまってましたし、よく考えられたキャスティングです。

ブルーさんが凶悪な分、チャリンコの化けた(違)タイヤロイドが可哀想に見えました。
最期は串刺しだもんなぁ。

限界点に達して倒れたブルーさんは、駆けつけたゴリサキによって冷却されますが、なんだか酔っ払ったあげく道端で寝てしまった人のようにも見えます。
ともかく、戦える状態ではないので、イエローさんひとりで、レッドさんの元に行きます。

ウサダから、ショックを受けているイエローさんをフォローしてくれ、と頼まれたニックは、レッドさんにそんなことができるか?と心配そう。とりあえずレクチャーはしますが、人間そんなに簡単にはかわれない。
案の定、「自分の理想と違うのがショックだったのか」と身もフタもない言い方をしてイエローさんを怒らしてしまいます。
が、その後、泣きはらしたイエローさんのためにハンカチを渡すのは、大きな進歩でした。

イエローさんはラビットに乗ってトラックを護送、レッドさんはゴーバスターエースになって転送されてきたタイヤゾードと戦う途中、ニワトリの絵を描いた大看板を見て、フリーズ寸前に。
その隙に、タイヤゾードはトラックを追いかけます。

トラックを護送しながら、イエローさんは、長いつきあいの中で、今まで一度も熱暴走したところを見せなかったブルーさんの思いやりに気がつきます。
長い間、ずっと、ブルーさんに甘えていたんだ。

そこへタイヤゾードの攻撃が。危ないところを、ゴリラに乗ったブルーさんに救われます。

イエローさんに、熱暴走した自分を見せてしまったことをあやまるブルーさん。
でも、いいタイミングだったと。
戦いが本格化してきた今、いつまでもいいお兄さんではいられなくなったきた。かっこう悪いところもみせるけれども、それも俺。

ブルーさん、大人です。

大丈夫。いままでありがとう、と少し大人になったイエローさん。

ここで、ラビットがバスターアニマルに変形。
後ろ足攻撃や土にもぐったりと、ウサギそのもので、可愛い!戦隊モノのメカで可愛いと思ったのは初めてかもしれません。
最後は足蹴りでタイヤゾートをレッドさんの元へ飛ばしてしまいました。

一件落着したあと。

熱暴走にフリーズ、だらしがない、と二人をからかうも、自分が倒れてしまうイエローさん。
イエローさんがお菓子を持っていることを確認した二人は、「じゃあ大丈夫」とほったらかして行ってしまいました。

ブルーさんのお話でもあり、イエローさんが庇護されるものから仲前へと少し成長するお話でもありました。
レッドさんもまた、言葉は足りなくても、その分態度で見せることができるようになったわけで・・・少し、ね。

三人三様の成長を無理なくバランスよく描いていて、文句なく、面白かったです。

また、レッドさんが、エンターの仕業なのか、ハンドルの利かなくなったトラックのタイヤを撃つシーンなど、シチュエーションとしてはベタなのですが、スタッフさんたちの熟練の技でスマートな流れになっているのは、さすがです。こういうのを見ると嬉しくなります。

ラビット、可愛いのに。次週、もう合体?
そうなったら、もうあまり見れないのかなぁ。

.

.

#01 #02 #03 #04

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 平清盛 #12「宿命の再会」 | トップページ | 仮面ライダーフォーゼ #28「星・嵐・再・起」 »

△特撮:特命戦隊ゴーバスターズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 特命戦隊ゴーバスターズ 第5話  「キケンな熱暴走!」:

» 特命戦隊ゴーバスターズ Mission5「キケンな熱暴走!」 [MAGI☆の日記]
特命戦隊ゴーバスターズの第5話を見ました。 Mission5 キケンな熱暴走! 黒木指令はエネトロンタンクを破壊された地区にエネトロンを援助するよう特命を出す。 そして、ヒロム達がエネトロン輸送...... [続きを読む]

» 特命戦隊ゴーバスターズ Mission5 キケンな熱暴走! [レベル999のgoo部屋]
『キケンな熱暴走!』 内容 エネトロンタンクを破壊された西澤地区へエネルギー管理局から エネトロン援助のため輸送。 そのトラックの護衛が、今回のゴーバスターズの特命だった。 トラックの警護を開始したヒロム(鈴木勝大)たちだったが、 やはりメタロイドによる襲...... [続きを読む]

» ゴーバスターズ「キケンな熱暴走!」 [blog mr]
 おいおい、ヨーコを泣かせるなよ。可愛かったけど。  ヨーコは、リュージたちの気遣いで、リュージの熱暴走の本態を知らずにいた。「何年いっしょにいると思うの」って台詞が辛い。  一方、ニックに殴られてるヒロムがおかしい。  人数が少ないと、濃く描けるからいいよな。  今回のも、「ヨーコ編」とも「リュージ編」とも言いづらいもん。  まぁ、その内、増えるんだろうけど。  今回も、シビア描写はあり。  上から落ちてくるところを下から突き刺してる。  カットが変わってるから、そこスキップするかと思った... [続きを読む]

« 平清盛 #12「宿命の再会」 | トップページ | 仮面ライダーフォーゼ #28「星・嵐・再・起」 »

作品一覧