2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 特命戦隊ゴーバスターズ 第4話  「特命と決意」 | トップページ | ラッキーセブン 第10話 最終回「仲間たちよ永遠に!」  »

2012年3月19日 (月)

仮面ライダーフォーゼ #27「変・身・却・下」

公式サイト

もう、27話目なんですね。

27話目にして、主人公、弦太朗の家と家族、おじいちゃんだけですが、登場し、今まで、二次元的存在だった弦太郎に、やっと厚さを感じることができました。

バイク修理工場で、元レーサーだった、コワモテのおじいちゃんと二人住まい。両親が小学校3年の時に事故で亡くなった後は、おじちゃんとともに、各地のサーキットを点々としていた。
両親の仕事はというと、「何か難しいことをしていた」らしい。
弦太朗の、友だちを作る、と言う信念は、友だちをつくると亡き父が笑顔になったから。父の笑顔がみたい、というのが原点だった。

これで、弦太朗という青年にドラマを感じることができました。おじいちゃんがゲストなのが残念・・・

弦太朗の話は、仮面ライダー部にまとまりができるまで、差し控えていたのでしょうか。
流星の友だちの話とぶつけたかったのかもしれません。でも、そこまでの仔細はともかく、弦太郎のバックボーンはもう少し早く描いて欲しかったと思います。そうすればもっと暖かく見守れたのに。

弦太朗の言う「友だち」が、軽い、と反発する流星には、そう思うだけの背景があり、小出しでも、描かれてきましたからねぇ、バランスが悪いような気がします。

一方、その流星にも大きな動きが。
ついにキャンサーにメテオの正体がばれてしまいました。
正体がバレたらメテオには変身できない、という約束を、タチバナは冷酷に守ります。
変身できなくなってしまった流星。

バレたら変身させない理由はわかりません。それは、タチバナの正体、意図とともに、これからの話でしょう。
弦太朗の両親にも、何か秘密がありそうです。

素体でボコボコになれた後、変身できなかったことのショックと合わせて、パンチドランカーのようになってしまった流星が哀れでした。
大喜利しながらの戦いがコミカルだった分、負けた姿との落差があって、印象に残るシーンでした。キャンサー、いいキャラです。

宇宙鍋がまずそうなのは、お約束。
辛くて火が吹きそうな大文字先輩をフードロイドが凍らしてしまうシーンは、コネタですがウケました。
部活動らしさが漂う、楽しそうな鍋パーティでした。
そして、ひとり、流星の様子がおかしい、と気がつく友子。賢吾も久しぶりに参謀として活躍していました。

次回、いよいよ仮面ライダー部の皆にも流星の秘密が明かされるようで、楽しみです。
流星は本心からライダー部の一員になるのでしょうか。それともまだ紆余曲折あるのでしょうか。
.

前から思っていたこと。タチバナですが・・・もし、生身の人間だったら、ずっと無重力生活をしていたら、筋力がなくなってしまいそう。

.

.

#01 #02 #03 #04 #05 #06 #07 #08 #09 #10 #11 #12 #13 #14 #15 #16 #17 #18 #19 #20 #21 #22 #23 #24 #25 #26

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 特命戦隊ゴーバスターズ 第4話  「特命と決意」 | トップページ | ラッキーセブン 第10話 最終回「仲間たちよ永遠に!」  »

△特撮:仮面ライダーフォーゼ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仮面ライダーフォーゼ #27「変・身・却・下」:

» 仮面ライダーフォーゼ 第27話「変・身・却・下」 [MAGI☆の日記]
仮面ライダーフォーゼの第27話を見ました。 第27話 変・身・却・下 鬼島から流星は共闘を呼び掛けられ、即座に断った流星は鬼島に隠れてメテオに変身すると、鬼島の変身したキャンサー・ゾディアー...... [続きを読む]

» 仮面ライダーフォーゼ 第27話 変・身・却・下 [レベル999のgoo部屋]
『変・身・却・下』 内容 ある日のこと流星(吉沢亮)が鬼島(タモト清嵐)に体育館に呼び出される。 そこにはすでに多くの生徒たちが鬼島に生体エネルギーを切られ眠っていた。 すると鬼島は流星に“同じニオイがする”と共闘を持ちかけてくる。 当然のように流星は断りを...... [続きを読む]

» 仮面ライダーフォーゼ第27話「変・身・却・下」 [OPUS MAGNUM]
今回は第27話「変・身・却・下」。 ストーリーは仮面ライダーフォーゼ第27話「変・身・却・下」で! とうとう明かされた如月弦太朗の素性! 今回は実家から家族まで登場しました。 実家は如月モータースというバイク店を経営しているようです。 家族は如月弦太朗の...... [続きを読む]

» フォーゼ「変・身・却・下」 [blog mr]
 美羽が一週で「名誉会長」に出世している。  これまで弦太朗のバックグラウンドがわからない、ってことで彼個人のことについては保留してきたが、いきなり「俺んちに来い」でびっくりした。しかも、爺さんが八名信夫。道理で強いわけだ。  両親は何か難しいことをしていたらしい。わかりやすい伏線。  居眠りしてる爺さんがギター抱いてるカットで、そこは野村義男の家かと思った。  Pixiv で小説「仮面ライダー vs. スケバン刑事」公開してます。  美羽たちの退場はなかったけど、流星の正体バレとかあって状況... [続きを読む]

» 正体がバレたら、動物に姿を変えられるんじゃなかったのか? [新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~]
 確か、原作ではクルクルパーにされるんだったかな?だって動物になるんだったら、もともとチンパンジーは2号はどうなるんだって話しだし(そんな事を、本編でも言ってた気がする)。  だいたい、人間も広義では動物なわけだから、そう考えると正体がバレた時のデメリットっ... [続きを読む]

» 正体がバレたら、動物に姿を変えられるんじゃなかったのか? [新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~]
 確か、原作ではクルクルパーにされるんだったかな?だって動物になるんだったら、もともとチンパンジーは2号はどうなるんだって話しだし(そんな事を、本編でも言ってた気がする)。  だいたい、人間も広義では動物なわけだから、そう考えると正体がバレた時のデメリットっ... [続きを読む]

« 特命戦隊ゴーバスターズ 第4話  「特命と決意」 | トップページ | ラッキーセブン 第10話 最終回「仲間たちよ永遠に!」  »

作品一覧