2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 特命戦隊ゴーバスターズ 第3話  「GT-02アニマル、出撃!」 | トップページ | ラッキーセブン 第9話「恋という名のワナ」 »

2012年3月12日 (月)

仮面ライダーフォーゼ #26「優・秀・輪・舞」

公式サイト

コーマ・ゾディアーツは、新聞部の弥生でした。
天ノ川学園を愛する気持ちが、スイッチのせいで、卒業したくない、だったら卒業式そしてプロムをぶっ潰そう、という風に歪んでしまったのでした。
髪振り乱して頑張っていたのですが、今回のメインは、ゾディアーツより、美羽と大文字と弦太朗の三角関係。
今までで一番学園ドラマテイストが強かったです。ライダーシリーズとしてはどうなのか、というところでしょうが、割り切って見たので、面白かったです。コーマ・ゾディアーツの空気っぷりはちょっと不憫でしたが・・・。

感想のみ書き出してみます。

美羽様、そう言えば、フォーゼを意識したシーンがありました。
自分に厳しいから、他人にも厳しい、という男前な人。
仮面ライダー部に入って自分が変われた。今や、自分でも意外なほど、ライダー部に愛着を感じている。
ライダー部に入れたのは・・・自分の生き方が変わったのは、弦太朗のおかげです。
ですので、好意以上に、弦太郎と踊るのことこそが、美羽の中では高校生活の集大成なのでしょう。

最後の最後に、格好いいところを見せた大文字先輩。
大文字先輩も最初は嫌な奴だったのが、ライダー部に入ったことで変わりました。その純情と男気、弦太朗とは違う意味で暑苦しくて、好きです。
タキシードは、タッパのある大文字先輩の方が断然似合ってました。弦太朗だと、髪型のためもあるでしょうが、チンンピラみたいに見えちゃって(汗)。

で、回想シーンで盛り上がったところで・・・
皆さんが予想していた通り、大学のキャンパスがすぐ近くなので、高校は卒業しても、ライダー部は卒業しないそうでして。
いやいや、良かったです。
この先、流星の正体がバレる時、弦太朗がどうするか。残ったメンバーだけでは不安ですし。
何よりこの二人がいないと寂しいもの。

流星、先週流れた予告のブラックなセリフは、美羽と大文字がいないと「仮面ライダー部は大丈夫じゃない」、という意味だったようで、さりげなくフォローしていました。
脅されてプロムに出ることになるシーンも、短かったですが、面白かったです。

そうそう、大文字と野本、正装して並ぶと一層際立つ濃い顔の二乗(笑)。
伝統の唄・・・浅そうな伝統だ(以下自粛)
怪物が出まくっているのに。普通は中止だよね、とざわめく生徒たちに、それでも予定通り卒業式をするのが、この学校、という大杉先生が何気にツボでした。

弦太朗はプロムを踊った意味や、美羽の気持ちはほとんど理解してなさそうです。
美羽には、弦太朗より大文字の方がお似合いだと思うのだけど。
大文字はこれからも美羽を見守っていきそうです。いつか気持ちが通じればいいなぁ。

さて、次回。
やっと、本当にやっと、弦太朗の話になりそう。
その一方で流星にも危機が?

楽しみです。

.

.

#01 #02 #03 #04 #05 #06 #07 #08 #09 #10 #11 #12 #13 #14 #15 #16 #17 #18 #19 #20 #21 #22 #23 #24 #25

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 特命戦隊ゴーバスターズ 第3話  「GT-02アニマル、出撃!」 | トップページ | ラッキーセブン 第9話「恋という名のワナ」 »

△特撮:仮面ライダーフォーゼ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仮面ライダーフォーゼ #26「優・秀・輪・舞」:

» 仮面ライダーフォーゼ 第26話 有・終・輪・舞 [レベル999のgoo部屋]
『有・終・輪・舞』 内容 復活したゾディアーツの正体は、コーマ・ゾディアーツだった! フォーゼとなって戦いはじめた弦太朗(福士蒼汰) それを“新部長”ユウキ(清水富美加)賢吾(高橋龍輝)JK(土屋シオン)が フォローしていく、、、新しい“仮面ライダー部” その...... [続きを読む]

» 仮面ライダーフォーゼ第26話「有・終・輪・舞」 [OPUS MAGNUM]
今回は第26話「有・終・輪・舞」。 ストーリーは仮面ライダーフォーゼ第26話「有・終・輪・舞」で! とうとう卒業してしまった大文字隼と風城美羽。 卒業式も、その後のプロムも無事終了してしまいました。 で、その後はどうなるのか…と思っていたら、案の定、大学...... [続きを読む]

» フォーゼ「有・終・輪・舞」 [blog mr]
 なんだ、やっぱりか。そのまま小姑となるわけだ。  にしても、美羽のは恋愛感情ではなくて、高校生活を輝かせてくれた人への敬意ってところかと思ってたんだが、隼が身を引いた感じの描写になってるのがどうにも微妙。  つか、そういう連中がそのまま部に残ってるって、ごっつ気まずくねぇか。  流星が、JK が自分の疲労に気づいてない、とか言って驚いてたが、あれってどういう意味なんだろう。  鈴木かすみの、「こんなところでやられるわけにはいかないね」の声がよかった。 ... [続きを読む]

» 卒業と言えば、夜の校舎窓ガラス壊して周るモンじゃないのか?(違) [新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~]
 えっ?だってうちの中学、二つ上の先輩がやってたよ。その後、すぐにバレて捕まってたよ(それはバカだから)。  まあでも、最近の若人は尾崎に感情移入できないそうだからねぇ。やっぱり、あの刺激的な歌詞を受け容れられないのかしら。いやだからさ、四角四面に受け止め... [続きを読む]

« 特命戦隊ゴーバスターズ 第3話  「GT-02アニマル、出撃!」 | トップページ | ラッキーセブン 第9話「恋という名のワナ」 »

作品一覧