2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 3月11日 | トップページ | 特命戦隊ゴーバスターズ 第3話  「GT-02アニマル、出撃!」 »

2012年3月11日 (日)

平清盛 #10「義清散る」

公式サイト

待賢門院璋子を巡るお話でした。

佐藤義清と一夜をともにした待賢門院。ちょっと様子が変。
義清は、鳥羽院を情けないお人だと言い、それ故に守るのだ、と。守る、の主語は鳥羽院ではなく待賢門院なのでしょう。

体仁親王と名付けらた子を帝位につけるべく暗躍する得子。
その野心は、自分の出自が低いため、公家たちの反発を招くことに。しかし、一番望んでいないのは鳥羽院その人であることを見抜き、苛立ちます。
そこで、体仁親王を崇徳帝との間に今だ皇子のできぬ、藤原忠実の長子、忠通の娘、聖子の養子とすることを画策、成功します。

こうして藤原摂関家を後ろ盾とすることで、地位を嫡々を固めていく得子。
さらには、これで体仁親王は崇徳帝の異母弟でありながら、正式には子供ということになり、体仁親王が即位した後は、崇徳帝は、帝の父として院政をしくことができる、はずだったのですが・・・

元服した雅仁親王は相変わらずです。
得子に向かってその出自の卑しさ、野心の卑しさを揶揄すると、得子も反撃。あなたも白河院の子ではないか、望まれぬ子ではないのかと。

その言葉に食ってかかる待賢門院。
ずっと感情をどこかに置き忘れいるかのようだった院が、激した様子を見せたことは、かつてないことと話題になります。

義清は待賢門院が感情を取り戻したことを喜び、再び待賢門院の元に忍びますが。
義清の誘いを断り、鳥羽院との思い出の花、水仙を探し求める待賢門院。彼女の気持ちが鳥羽院にしか向いていないことを知って激高、思わず待賢門院に狼藉を働きかけます。
止める清盛と堀河。

その騒ぎを、つねづね義清のふるまいをこころよく思っていない頼長に目撃されてしまいます。

中宮・・・院の后に手を出すなどと、とんでもないこと。
頼長は舌なめずりをして義清を、院の御前で取り調べます。
証拠固めはばっちり。いい刑事になれるぞ(笑)。

しかし鳥羽院に、それがどうした、自分の気持ちが待賢門院にない今、あれが何をしようと関係ない、とさらっと退けられてしまいます。
そうすることでしか、待賢門院を救えない。深く愛する心。

自分の完璧な理屈が、日頃情けない人だと馬鹿にしていた鳥羽院の、理屈ではない感情に通じなかったことに、密かに狼狽する頼長。目がまん丸になることで、驚きを表していました。
これぞ、鳩が豆鉄砲を食らったような顔、ですな。
プライドが傷つけられたかな?人の気持ちは理屈じゃないってことを知ればもっといい刑事になれるんだけどなぁ(違)。

で、この事件がきっかけで義清は出家、西行となります。

はっきり言って、出家するまでの義清の心の動きがよくわかりませんでしたし、清盛との「友情」も、ちょっと唐突に思いました。

「朝廷の乱れの種は、人を愛する心がねじ曲がり、どす黒くなった醜(みにく)い心であり、美しく生きたいと思う自分は、その醜さにまみれる覚悟がない」@公式

美しさを求めるが故に、というのはわかるのですが、この理由に合点がいくほど、義清を描き込んでいたようには感じなかったのです。

子供を蹴落とす行為も、有名な逸話(真実は不明)とはいえ、唐突に感じました。俗世を切り捨てる決意の象徴なのでしょうが。
この時代の雅な人たちの気持ちは、現代人にはよくわからないです~。

待賢門院が、感情を露にしはじめたのが、義清との逢瀬がきっかけだたのかどうかも、よくわかりませんでしたが、こちらは、わからなくてもいいのかな。王朝文化の残り香漂う、複雑な感情が織り成すエピソードとして置いとくほうがいいのかも。

いずれにしても、若い清盛には無縁の世界です。

○今週の武士たち。
平氏は春日大社社人たちの強訴を鎮圧、義朝は関東の武士たちの土地争いを治めることで力をつけています。
為義は検非違使として都の治安を守っている・・・らしい、とのことでした。
史実だと、為義は、この時期はまだ数々の失策で鳥羽院の不興を被ったままで、無官だったようなのですけれどもね。

.

.

01 02 03 04 05 06 07 08 09

にほんブログ村 テレビブログへ   

« 3月11日 | トップページ | 特命戦隊ゴーバスターズ 第3話  「GT-02アニマル、出撃!」 »

△大河:平清盛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平清盛 #10「義清散る」:

» 平清盛 第10回 義清散る [レベル999のgoo部屋]
『義清散る』 内容 鳥羽院(三上博史)と得子(松雪泰子)に男子が誕生したことで、 朝廷内に動揺が走る。 そんな折、璋子(檀れい)を心配する義清(藤木直人)は、訪ねていくのだが、 堀川局(りょう)から、あまり接近しすぎないようにと注意をされてしまう。 やが...... [続きを読む]

» 勝負は熱くなった方が負け [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
面白い楽しいさすがポジティブな内容を含んだ書き込みが1万2300件暗い荒いがっかりネガティブな内容を含んだ書き込みは4500件2月9~29日の3週間で、5万件 ツイッタ... [続きを読む]

» 勝負は熱くなった方が負け [虎団Jr. 虎ックバック専用機]
面白い楽しいさすがポジティブな内容を含んだ書き込みが1万2300件暗い荒いがっか [続きを読む]

» NHK大河ドラマ『平清盛』第10回「義清散る」 [よくばりアンテナ]
義清の禁断の恋がテーマの今回。 いやぁ~~佐藤義清、残念! 璋子さまをお救いしたかったってことですが、 自分も恋に落ちちゃったら泥沼じゃないですか。 実は璋子は鳥羽院を愛しく思ってることがわか...... [続きを読む]

» 平清盛 第10回 「義清散る」 [shaberiba]
勝負は熱くなった方が負け----- 自分こそが待賢門院を救える・・と思っていた義清ですが 彼女の心が自分ではなく鳥羽院にあることに気づき 逆上---。 その時始めて、自分の中にあるどす黒い感情に狼狽...... [続きを読む]

» 平清盛 第10回「義清散る」 [あしたまにあーな]
今回の大きなポイントは佐藤義清と王家の物語。次の帝に据えようと様々な画策をする得子は確実に朝廷の中で大きな権力を握っていくことになります。このあたりのどろどろとした人間模様は、大河ドラマとしては正しいのかもしれませんが、なんだか見ていて苦しくなります。決して気持ちがいいものではないですね。 佐藤義清が救うとした待賢門院璋子も得子の権力に対抗しながらもどんどん脇の方に追いやられていってしまうのですが、その中で前回からアプローチされていた佐藤義清に心揺られます。それに乗って佐藤義清はますます待賢門院璋子... [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」 Vol.10義清散る [Refreshing-wind-blows※別館※]
【送料無料】平 清盛 前編 (NHK大河...価格:1,100円(税込、送料別) 【送料無料】2012年NHK大河ドラマ「平...価格:980円(税込、送料別) 【送料無料】 西行と清盛価格:1,575円(税込、送料別) 平 清盛 公式HP 平清盛 公式HP(広島放送局版)... [続きを読む]

» 平清盛 第10回「義清散る」〜ナルシスト義清(藤木直人)の出家 [世事熟視〜コソダチP]
『平清盛』第10回「義清散る」 義清(藤木直人)が清盛邸に・・。 侍女たちがイケメン来訪で、急にソワソワ 明子(加藤あい)が出迎えると、義清は清盛(松山ケンイチ)に「うらやましい。私をフッた女子を妻としたのだからなぁ・・。」 すると、次女の一人が「なにゆえ義清様より、うちの殿など・・・」 清盛が「おい!?」と侍女にツッコミを入れる・・・。 なにこれ・・・。 笑わせたいの?? 小生は、かけらも可笑しくなかったわ・・・。 トホホです。 −◆− 僧兵が朝廷に強訴。... [続きを読む]

» 平清盛、ミイラ取りがミイラに… [函館 Glass Life]
ミイラ取りがミイラになってしまった佐藤義清 璋子しか目に入らなくなってしまったようです 堀川局から忠告されても上の空、璋子に対して究極の美を感じた のでしょうか?? 義清と一夜を共にした璋子ですが、璋子の心が鳥羽上皇にある事 を悟り出家すると言うのが、...... [続きを読む]

» 【平清盛】第10回 [ドラマ@見取り八段・実0段]
うたげ以来、傷ついた待賢門院(檀れい)に接近した義清(藤木直人)であったが、 義清と男女関係にある堀河局(りょう)は、あまりにも身分違いの恋は身の破滅を 招くと義清に警告する。 そんな折、待...... [続きを読む]

» 『平清盛』 第10話「義清散る」 [英の放電日記]
義清、乱心す  番組タイトルは「義清散る」でしたが、興味を惹きたかったのと最後の桜が散る中での義清(藤木直人)と清盛(松山ケンイチ)の別れのシーンを重ね合わせたかったのかな。それにしても、桜が散りすぎでしょう。  熱くなりそうにない二人、義清と璋子(檀れ...... [続きを読む]

» 平清盛 #10 義清散る [シフォンなキモチ]
後の西行法師こと佐藤義清の出家話がメインでした。西行といえば、一番好きな歌はやっぱりこれ。なんか、切なくていいのよね。 願はくは花の下にて春死なん、そのきさらぎの望月のころ  桜が好きだった西行さんらしく、今日の演出は桜の花びらの大盤振る舞いwでしたね。 さて、その出家の原因となった、... [続きを読む]

» 平清盛 第10回 [to Heart]
脚本 藤本有紀 演出 柴田岳志 制作統括 磯智明 音楽 吉松隆 語り 岡田将生 出演 松山ケンイチ/中井貴一/上川隆也/松田翔太/藤木直人/玉木宏/加藤あい/堀部圭亮/三上博史/檀れい/りょう/井浦新/山本耕史/加藤浩次/松雪泰子/阿部サダヲ/小日向文世 第10回 「義清散る」14.7...... [続きを読む]

» 平清盛 - NHK大河ドラマ 松山ケンイチ [新ドラマQ]
平清盛 日曜 20:00 NHK総合 日曜 18:00 NHK BS-プレミアム (再)土曜 13:05 NHK総合 2012年1月8日~ [キャスト] 松山ケンイチ 中井貴一 中村敦夫 豊原功補 大東俊介 中村梅雀 上川隆也 藤本隆宏 佐戸...... [続きを読む]

» 義清出家 ~平清盛・義清散る感想~ [早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常]
清盛の同僚で友人でもあった佐藤義清。 藤原秀郷の9代目の子孫で、実家も裕福、北面の武士の肩書もあるエリート武士だった。 それが、1140年(保延6年)急に23歳で出家してしまう。 その後全国を旅し、短歌...... [続きを読む]

» 平清盛「義清散る」 [blog mr]
 やっぱり視聴二週目では、義清の出家というイベントに乗り切れない。待賢門院が怒ったことも、あぁ珍しいんだ、と台詞で分かる。どこにもひっかからず、なんかスルっと見終わってしまった。  唯ちゃんは、雅仁の元服でのワンカットのみ。台詞なし。 ... [続きを読む]

« 3月11日 | トップページ | 特命戦隊ゴーバスターズ 第3話  「GT-02アニマル、出撃!」 »

作品一覧