2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« カーネーション・不定期観測メモ 第23週「まどわせないで」・第24週「宣言」(水曜日まで) | トップページ | 恋愛ニート~忘れた恋のはじめ方~ Lesson9 »

2012年3月16日 (金)

最後から二番目の恋 第10回「大人の未来だって、輝いている!」

公式サイト

千明と和平のキスを見てしまった典子。

あらら、またよりによって、と思っていたら、典子のがさつさが生かされた展開となりました。

酔っ払うとキス魔になる千明も、今度ばかりは、ちょっと微妙。
少し愛おしそうに和平の寝顔を見ますが、「フユミ」という寝言を聞いていっぺんに醒めてしまいました。
ま、和平のことだから亡くなった奥さんの名前だと思いますよね。

全員が集まる朝食の場で。
まず、千明と真平に、あんたたち、大丈夫なの?と尋ねる典子。
つまり、千明は欲求不満なんじゃないの、と。和平とのキスはうっぷん晴らしなんじゃないか・・・典子には、千明と和平の仲があやしい、という下世話だけど普通な発想は浮かばなかったようです(笑)。

実際、千明と真平は恋人宣言してから、安心したのか、プラトニックなようで。
それは、典子が居候しているせいじゃないからですか、と万里子に突っ込まれてます。
確かに(笑)。

本当にその気ならそんなこと気にならない、なんて誤魔化しながら、キスのことばらす典子。この時点では千明と和平の立場はイーブンです。
慌てた千明、それは、私を奥さんだと間違ったから、と言い訳します。
納得しかける一同、しかし。
「フユミさんて誰?!」
で、一気に紛糾。
奥さんの名前じゃなかったようでして。

これで和平の立場が一気に悪化。
浮気者扱いから、話は大橋母娘まで飛びます。こういう話の飛び方って女性特有です。まるで連想ゲームみたいな感じ?(笑)
巻き込まれて困ったと言いながら、二人ともキープしている、とまで責められて、立つ瀬がない状態になってしまいました。

その名に心当たりのない和平。キスをしたことも覚えていないんじゃないかな?

「誰ぇ?」

自問自答する和平。(爆)

そうそう、どさくさにまぎれて万里子も千明に告白したことを、公言。こちらは千明さん、格好いい、真平と三角関係だね~と皆から暖かく受け入れらました。
・・・不憫な和平。
.

ということで、完成度の高いカオス・シーンで始まった今回。
長倉家が"皆と同じにふるまうのが常識"なんていう枠に囚われていないので、気持ちよく笑えました。

フユミさん、早速登場(爆)
ファーストキッスのお相手だそうで・・・どんな夢をみていたの?

で、典子の出会い系サイトで知り合ったメル友は、・・・い、一条?!

さて、仕事中、ご機嫌斜めの知美ちゃん。
ようは、どうして私とは千明さんとするようなバトルをしてくれないの?ということです。
その上、千明と和平みたいなバトルがしたいから、と母と練習していたら、本気の喧嘩になってまったそうで、なおさら怒ってますって、和平には関係ないことなんですが。

私とバトルしてくれないのは、可愛すぎてきついこと言えないからですかぁ?という知美に、そうかもね、と答えると、ツッコミなさい、と怒られる和平。
年齢のせいかな、吉野さんは45歳だから・・・と言うと、私が45歳の時、和平は75・・・年を確認し忘れました(汗)、ともかく、その時はよぼよぼで、なんてなにげに思い切り失礼に切りかえされていました(苦笑)。

突っ込め、と言われて突っ込めるものじゃないですよね。
突っ込み、て、ある種反射神経だから。プロならいざ知らず。

さて、仕事中の千明。
展開を面白くしたいから、と二番手の男性を死なせようとするハルカ先生の案に断固反対します。
人の死を描くことが目的のドラマではないのに、人が死ぬのは好きじゃない。人の死はどうやったって悲しくなる。
今製作中のドラマは、悲しみをそういう形で描きたくない。
「恋愛って、可笑しいでしょう?」
滑稽で切ないのが好き、だから恋愛ドラマが好き。(概略です)

その言葉に思わず涙する万理子。みんなに慰められます。可愛がられているなぁ、万理子。見ていても楽しいです。

あー、このセルフパロディっぽいセリフ、信じていいんですね、岡田さん。

久しぶりに診断を受けた真平。全く問題ないそうで、まずまず、信じても良さそうな感じ。
担当医が結婚した看護師、みゆきさんて、真平の天使としての初仕事の相手でしたっけ?

知美の母、秀子に呼び出された和平。
今度は何ごと、と身構えていると、私、好きな人ができました、という報告でした。
相手は韓流スター似の年下、しかも両思い。目出度い。
何でも和平と恋愛シチュエーションを楽しんでいるうちに、元々高かった自分の恋愛スペック・・・恋愛オーラが蘇ったそうで。

そんな報告を聞いても、どんな顔をしたらいいかわからない和平。見たくもない彼氏の写真までを見せられての、中井さんの困惑気味の笑い顔が、これまた絶品でした。

ま、自分には関係ないこと、と聞き流していたですが、「踏み台にしてすみません。」と言う言葉に思わずむっとします。

「踏み台?踏み台ってなんだ。」(笑)

直後、典子夫婦の話し合いの場所に無理矢理参加させられます。

一応謝る広行。やっとわかった?みたいな典子。
が、謝ったのは、帰ってきて欲しいとか、そういう意味じゃないそうで。
翔は自分で決めるって、え、離婚ですかぁ。もう、決めちゃっているんですね。

いいもん、今、好きな人がいるからと典子。その人って・・・。(爆)
君が幸せなら嬉しいよ、と淡々と受け止める広行、別れた相手の幸せなんて祈らない、地獄へ落ちろって感じよ、と典子。
「実は本気で好きな人がいる」と広行。

「なんだそれ」@和平と典子のユニゾン

怒り心頭の典子が去った後、後悔しませんか?と和平に尋ねられて。
後悔したいんですよ、何もないより、その方がいいんだ、と広行。

誰なんだろう、広行の好きな人って。

強気を装っていた典子ですが、本当は悔しくて、悲しい。
慰める和平。

そののち、千明と万理子が帰ってきました。

ここまで書いていませんでしたが、この日の千明の誕生日のために、長倉家は一家をあげてサプライズパーティを企画していました。
長倉家は、両親が早くなくなったこと、真平の病気のことがあって、それぞれの誕生日を盛大に祝うのがしきたり。
みんな千明が大好きなんですね、えりなも、うちの家族になっちゃえばいいのに、とウエルカム。

しかし千明は、この年で祝われてもねぇ、とサプライズパーティが大嫌いなのです。
どんな反応をしめすかと思っていたら、そこは大人。長倉家のルールも聞かされて、それなりに喜んで見せます。が、和平の用意した46本の蝋燭にキレます。
まず、年齢を連呼するのにむかつき、普通は4本の大きい蝋燭と6本の小さな蝋燭にするもんだ、と例の連想ゲームの類で和平にクレームをつけ始めますが。
今回は、とりあわない和平。

誕生日を祝う理由は二つあります。
一つは、あなたがこの世に誕生してきたこと。
あと一つは、あなたが元気でいること。
年をとるほど、素晴らしいこと、めでたいこと。
胸、はってください。
蝋燭の数はあなたが頑張ってきた証しなんです。
それが長倉家の誕生日です。(概略です)

穏やかに話す和平、そして和平の言葉。

「悔しいけど、今日のところは負けを認めます。」

後片付けは、祝われた本人がする、ということも含めて、和平の決めた長倉家のルールって素敵です。

.

スタッフたちにも可愛がられ、ハルカ先生にも気に入られて、仕事が大好き、と明るくなってきた万理子。このまま、いい方向に進んでいきますように。

典子は・・・メル友の正体がわかった時にどうするのか、本当に離婚しちゃうのか?

気を使わせて、俺、ダメだよね、考えすぎちゃう、と千明にあやまる真平は。
知美には全然気を使ってないようで。

で、千明と和平は?
母娘見合いの件は、母親の方が離脱しましたが。

ラストは、真平と知美のバトルを目撃しての「ファンキーですね・・・」@千明、和平

今回も、え、うそ、あれれ?、と心地よく翻弄されました。

典子の離婚騒動を聞いた万里子が、思いもつかないことが起こるもんです、みたいな、なんだか不吉な予言(?)をしていましたが、あと1回。
どのような結末を迎えるのか、全く想像つきません。

千明が結局誰とも結ばれなくても、いや、今は真平と付き合ってますが・・・流れが良ければ、それでもいいような気がします。しかし、鎌倉を去るなど、また一人に戻る姿は見たくないかなぁ。

もっと贅沢を言うと、どんな形でもいいから、えりなと同じ、長倉家の人になって欲しい、というのが希望なんですが。

最終回が楽しみです。

.

.

#01 #02 #03 #04 #05 #06 #07 #08 #09

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« カーネーション・不定期観測メモ 第23週「まどわせないで」・第24週「宣言」(水曜日まで) | トップページ | 恋愛ニート~忘れた恋のはじめ方~ Lesson9 »

#ドラマ:2012年第1クール」カテゴリの記事

□最後から二番目の恋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

» 最後から二番目の恋「大人の未来だって、輝いてる」 [のほほん便り]
今回の見どころは、千明(小泉今日子)のために、長倉家が準備した誕生日パーティ。 家族みんなが飾り付けした中、ボーボーに燃えてるケーキの前で、和平(中井貴一)が贈った言葉だったかな? 全編、珠玉の言葉に満ちてたけれど「誕生日にはお祝いすることが2つあるんです。ひとつは、もちろん、あなたがこの世に誕生してきたこと。もう一つは、今、あなたが元気で生きていること。むしろ年を取れば取るほど、めでたいことなんです。素晴らしいことなんです」は感動的だったのでした。 かたくなに誕生パーティを拒否し... [続きを読む]

» 最後から二番目の恋 第10話 [ドラマハンティングP2G]
第10話「大人の未来だって、輝いてる」3月15日 木曜 夜10時 吉野千明(小泉今日子)は、長倉和平(中井貴一)とキスをした。2階でメールをしていた典子(飯島直子)は、酔って大騒ぎしている千明たちのようすを見に行こうとして、たまたまその光景を見てしまう。  あく…... [続きを読む]

» 最後から二番目の恋 第10話 [ぷち丸くんの日常日記]
深酒をした千明(小泉今日子)と和平(中井貴一)がキスをした瞬間を、騒がしい ので様子を見に来た典子(飯島直子)に目撃されてしまう。 翌朝、目を覚ました千明は、和平とキスをしたことを覚えていた。 複雑な気持ちになる千明の横で、和平は寝言で「ふゆみ」という女性の名... [続きを読む]

» 「最後から2番目の恋」 第10話 大人の未来だって、輝いてる [トリ猫家族]
 「誕生日には、お祝いすることが2つあるんです。 一つは、もちろん、あなたがこの世に誕生してきたこと。 もう一つは、今あなたが元気で生きてること。 だから、もう、そんな ... [続きを読む]

» 最後から二番目の恋 第10話 大人の未来だって、輝いてる [レベル999のgoo部屋]
『大人の未来だって、輝いてる』 内容 ついに千明(小泉今日子)と和平(中井貴一)が、酔った勢いでキス! その様子を偶然、、典子(飯島直子)が目撃してしまう。 翌朝、目が覚めた千明は、キスをしたことを思い出したが、 和平が寝言で、、、“ふゆみ”とつぶやいてい...... [続きを読む]

» 最後から二番目の恋 (第10話 3/15) 感想 [ディレクターの目線blog@FC2]
1/12からフジテレビで始まったドラマ『最後から二番目の恋』(公式)の第10話『大人の未来だって、輝いてる』の感想。 今回も秀逸な安定感! よくもこれだけ多くの個性的な登場人物たちを描ききっ...... [続きを読む]

» 最後から二番目の恋 第10話の感想 [オタクと呼ばないで]
フジテレビ系列で放送された「最後から二番目の恋」第10話の感想など第10話の放送日当日、正午過ぎにテレビの前を通りかかったところ、「笑っていいとも」の「テレホンショッキング」のコーナーに、典子を演じている飯島直子さんが出ているのを見ました。「番宣か」と思いつ... [続きを読む]

» 最後から二番目の恋 10話 感想 渡辺真起子 [ドラマとアニメの感想日記]
「最後から二番目の恋」の第10話 「大人の未来だって、輝いてる」の感想いきまっす! ネタバレ注意ですv 家政婦…じゃなくて、典子は見た!(笑) 翌朝の千明、どうやらキスのことは覚えている?→で「しちゃいましたね」とあっけらかんと言う辺り、千明らしい。 でも、和平の寝言「ふゆみ」にちょっと意味深な表情? 典子が黙っているわけ、ないよねえ。 千明と真平に「Hとかしているの!?」って直球すぎ!(笑) 途中で茶々を入れる万理子がおもろい♪ 和平の妻と勘違いしていた、で収まりそうな展開が「ふゆ... [続きを読む]

» 最後から二番目の恋 - 小泉今日子 中井貴一 [新ドラマQ]
最後から二番目の恋 木曜 22:00 フジテレビ 2012年1月12日~ [キャスト] 小泉今日子 中井貴一 坂口憲二 内田有紀 飯島直子 ほか [概要] 45歳独身のテレビ局ドラマプロデューサー・吉野千明(小泉...... [続きを読む]

» 最後から二番目の恋 第10話〜知美(佐津川愛美)vs真平(坂口憲二)カリッコリー対決 [世事熟視〜コソダチP]
「最後から二番目の恋」第10話 〜大人の未来だって、輝いてる〜 ベロンベロンに泥酔して千明(小泉今日子)とソファでキスしてた和平(中井貴一)は、冬実って名を口にした?? 誰?? 自分でもわからない。 そしたら翌日、観光課に劣化と肥満が顕著なオバちゃんがあらわれて「久しぶり」って・・。 なんと、このおばちゃんがファーストキスの相手で冬実さん!! ゲハハ〜〜〜。 笑ける〜〜。 −◆− 田所(松尾諭)が、スマホでメール打ちに難儀してイラついてる。 そんな田所にツッ... [続きを読む]

« カーネーション・不定期観測メモ 第23週「まどわせないで」・第24週「宣言」(水曜日まで) | トップページ | 恋愛ニート~忘れた恋のはじめ方~ Lesson9 »

作品一覧