2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 恋愛ニート~忘れた恋のはじめ方~ Lesson7 | トップページ | 特命戦隊ゴーバスターズ 第2話  「13年前の約束」 »

2012年3月 4日 (日)

平清盛 #09「ふたりのはみだし者」

公式サイト

清盛と明子の間に第一子、後の重盛が皆の祝福を受けて誕生します。
1年後の保延5年(1139年)、得子が遂に待望の皇子、體仁親王、後の近衛天皇を出産しますが、このことが王家と周囲の人々の運命を大きく変えることに。

通憲は、崇徳天皇の同母弟、雅仁親王の乳人となりました。正確には、妻、朝子が乳母に選ばれたためなのですが。(もしくは乳母だった朝子を妻にした、とも)
当時の乳母というのは大きな影響力をもっていたようです。

しかし、町をうろついて賭場に出入りするなど、雅仁親王はかなりの変わり者。
博打というのは、負けるように出来ているのです、と雅仁を嗜める通憲。
しかしその通憲自身、もし、万が一雅仁が天皇になれば、政を動かす力を得れるかもしれない、という大博打を打っているわけで。
まともに励んでも、出世コースに乗るのはまず無理だと悟った上の手段です。
言動も大分と生臭くなってきました。

祇園女御は、白河法皇のまき散らした災いの種が芽吹いている、と清盛に言い残して去ります。

平氏を代表して、鳥羽院に祝いの品を献上する清盛は、少しも嬉しそうではない院の様子を訝ります。
今後のことを憂慮しているためなのか、それとも子供が生まれること自体に何も感じないのか。雲上人の心の動きは、下々のものにはわかりません。

皇子を産んだことで朝廷内での力を増していく得子、ますます孤立を深める崇徳天皇。

皇子の誕生を祝う席に雅仁親王が乱入し、父、鳥羽院と母、待賢門院璋子。そして得子を嘲り、頑是無い赤ん坊のほっぺたをつねって泣かせるなどしたい放題。
得子を怒らせてしまいます。
怒りは待賢門院に向けられ、崇徳が白河法皇の子供であることを公言し、鳥羽院を傷つける待賢門院を思い知らせたい、と詰りますが、待賢門院は、自分は人を愛する気持ちがわからない、ただ白河法皇の言う通りにしただけだと、涙するのみ。そんな待賢門院を切なげに見つめる鳥羽院。

・・・って、このドロドロ劇場、皇子の誕生を祝いに集った満座の人々の前で繰り広げられたわけで。
冷笑しながら眺めていた摂関家。「いいものを見せてもらった」と中座してしまいました。

乱れた朝廷の内情を目の当たりにして、改めて失望する清盛。
賭場身ぐるみはがれた雅仁を見つけて、家に連れ帰ります。

この時、雅仁親王、数えて12歳くらい。
清盛を、白河法皇の子供のくせに、と挑発しますが、人は生まれがどうあれ、どう生きるかだ、と、一児の父親になった清盛は堂々と反論。加えて雅仁ののことを子供が駄々をこねているようだと指摘されてしまいます。
清盛も大人になったものです。

やり込められて面白くない雅仁は、勝った方の願いを一つだけ叶える、というサイコロ勝負を挑みます。しぶしぶ応じる清盛。
そこへ父を慕って清太がやってきます。
微笑ましい親子の様子を見て、自分が勝ったらこの子をもらう、と言い出す雅仁。
後一手まで追い込まれた清盛は勝負の中止を願い出るも、許されません。その時、清太が賽の目を降ってしまいます。結果は、清盛の逆転勝ち。
子供の邪魔が入ったことに逆上し、親子の絆など、と罵る雅仁。
平氏は違う、と必死で子を庇う清盛に、お前には白河法皇の血が流れている、と言い捨てて去っていきます。

問題児登場です。しかもこの性格は生涯変わらない。それでも力がなければ、単なるはみだし者で終わったでしょうが。
後々、平氏の中で、重盛が一番後白河院と近しくなるのは、この時の遺恨から、ということになるのでしょうか。

得子に待賢門院への複雑な想いを切々と語る鳥羽院。
いくら一夫多妻制が当たり前の世で、相手が強い得子さんとはいえ、普通じゃないような気がする。これも白河法皇の災いの一つ、ということなのでしょうね。

一方、義清は、皇子の祝いの席で、招かれていない崇徳天皇の歌を披露するという骨のあるところを見せたかと思うと、プレイボーイぶりも発揮しております。
あなたのからっぽな瞳の奥には美しいものがあるはず、と待賢門院の手を握り、これが人を愛する気持ちです、と。
そんでもって、早速しなだれかかる待賢門院。おいおい(苦笑)。

中宮ですからね、いくら宮中が腐敗してても、許される関係ではありません。
それを承知で近づく義清はある意味あっぱれです。
待賢門院は・・・同性には嫌われますよね、こういうタイプ。

子の誕生を、素直に祝いあう平氏と、政治の道具としてしか見ない朝廷を対比した、というところでしょうか。
そしてまたもや強調される、清盛の生まれ。

清盛サイドは、しばらくはこんな感じでドロドロと進むだろうから、関東での義朝の奮戦振りをアクセントとして入れてくるのかな?

.

.

01 02 03 04 05 06 07 08

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 恋愛ニート~忘れた恋のはじめ方~ Lesson7 | トップページ | 特命戦隊ゴーバスターズ 第2話  「13年前の約束」 »

△大河:平清盛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平清盛 #09「ふたりのはみだし者」:

» 平清盛 第9回 ふたりのはみだし者 [レベル999のgoo部屋]
『ふたりのはみだし者』 内容 清盛(松山ケンイチ)と明子(加藤あい)の間に子が生まれた。 血を分けたわが子の誕生に、涙する清盛。 父・忠盛(中井貴一)弟・家盛(大東駿介)らも大喜びで祝いの宴が開かれる。 そのころ、鳥羽院(三上博史)に疎まれ続ける崇徳帝(...... [続きを読む]

» 誰も見た事もない美しいもの [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
聖子なのに聖子じゃねえ本物聖子もキタ━━(゜∀゜)━━ッ!!今日のみどころのテロップが消えた平清盛第九回ふたりのはみだし者後の後白河天皇、雅仁親王が登場した。舞~え~♪12... [続きを読む]

» 誰も見た事もない美しいもの [虎団Jr. 虎ックバック専用機]
聖子なのに 聖子じゃねえ本物聖子もキタ━━(゜∀゜)━━ッ!!今日のみどころのテ [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」 Vol.9ふたりのはみだし者 [Refreshing-wind-blows※別館※]
【送料無料】平 清盛 前編 (NHK大河...価格:1,100円(税込、送料別) 【送料無料】2012年NHK大河ドラマ「平...価格:980円(税込、送料別) 【送料無料】 西行と清盛価格:1,575円(税込、送料別) 平 清盛 公式HP 平清盛 公式HP(広島放送局版)... [続きを読む]

» 平清盛 第9回「ふたりのはみだし者」〜松田翔太 ライアー双六!? [世事熟視〜コソダチP]
『平清盛』第9回「ふたりのはみだし者」 なんじゃこれ〜〜?? 『ふたりのはみだし者』って、清盛(松山ケンイチ)と雅仁(松田翔太)がメインだと思うんだけど、『ふたりの女』⇒待賢門院璋子(檀れい)と得子(松雪泰子)が濃厚すぎて、清盛が埋没してない?? いつまでたっても、ウエットで陰気くさい内向きな物語が続くし・・・。 そういえば、わが青春時代の『ふたりのアイドル』⇒松田聖子 (祇園女御)と浅香唯 (朝子)も出てたなぁ・・・。 −◆− 乳父になった高階通憲(阿部サダヲ)とその妻・朝... [続きを読む]

» 『平清盛』 第9話「ふたりのはみだし者」 [英の放電日記]
 テーマは血の因縁  ふたりのはみ出し者、清盛(松山ケンイチ)と雅仁親王(松田翔太)、このふたりもライバルとなるらしいが、義朝(玉木宏)や頼長(山本耕史)とは違い、白河法皇がらみの血の因縁が絡んでいる。  鳥羽上皇(三上博史)、崇徳天皇(井浦新)との複雑...... [続きを読む]

» 平清盛 第9回 [to Heart]
脚本 藤本有紀 演出 柴田岳志 制作統括 磯智明 音楽 吉松隆 語り 岡田将生 出演 松山ケンイチ/中井貴一/上川隆也/松田翔太/藤木直人/玉木宏/加藤あい/豊原功補/大東駿介/堀部圭亮/三上博史/檀れい/りょう/井浦新/山本耕史/加藤浩次/松雪泰子/阿部サダヲ/國村隼 第9回 「...... [続きを読む]

» 平清盛「ふたりのはみだし者」 [blog mr]
 今年は見ないつもりだったのだが、なんと浅香唯登場、ということでラインナップに追加。  でも、もう二ヶ月経過しちゃってるところに途中参加なので、ちとアウェイ感が。  最後まで通し、って役ではないと思うんだが、俺がどこまでついていくかは微妙なところ。  一般的には、雅仁親王の登場回。  最後、清盛と双六をしているシーンの迫力は中々。 ... [続きを読む]

« 恋愛ニート~忘れた恋のはじめ方~ Lesson7 | トップページ | 特命戦隊ゴーバスターズ 第2話  「13年前の約束」 »

作品一覧