2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 最後から二番目の恋 第4回「女が年取るってせつないよね」 | トップページ | 平清盛 #05「海賊討伐」 »

2012年2月 4日 (土)

恋愛ニート~忘れた恋のはじめ方~ Lesson3

公式サイト

足を痛めた凛の元に駆けつけた、松本と駿平。
駿平は、凛を送るタクシーの車中、松本がいるのも構わず、付き合って欲しいと告白します。

一方、多田から凛を巡る賭けのことを聞き出した美帆は、菜々子にそのことを伝えるも、凛にばらすののを口止めします。
駿平に本気になって凛が傷つくのを心配する菜々子。
凛に限ってそんなことにはならない。でも、そうならないように、駿平から手を引かせるようにすればいい、と美帆。例えば松本に頼むとか、と、凛のことにかこつけて松本と親しくなりたい美帆。

と、言うわけで、駿平に惹かれる凛と、凛に惹かれていく松本のすれ違いに加え、美帆のちょっとした作為で生まれる勘違いやすれ違いを、オーソドックスなラブコメとして、きっちりと描いていました。

・・・前回のはっちゃけぶりは何処へ?と思わず突っ込み(汗)。

いや、今回も突っ込みどころはありました。
松葉杖をついている人に、重い書籍を持って歩く外回りをさせたり、そんな先輩を置いて涼しい顔でとっとと歩く後輩などは、労災関係なく、会社として、人としてどうよ、など。(苦笑)

しかし、書店や中華飯店などでの凛と松本の掛け合いを中心に置きつつ、サイドストーリーとして多田のアンバランスな画もうまく絡ませてありました。
また、凛が駿平の嘘と、菜々子の言葉のどちらを信じるか、というイライラを引っ張らなかったことは好印象。サオリの登場の仕方も効果的でした。髪どめね・・・

全て定番なのですが、手堅い演出で流れもよく、面白かったです。

賭けがバレても平気だったり、自らも菜々子について平気で嘘をついたり、同棲している彼女に凛へのプレゼントを買わせたりする駿平の無神経さというか、不安定さがアクセントになっていました。

凛を傷つけることを心配する松本たちを「恋に臆病になっている」と揶揄する駿平は、恋をしたことがないのか、もしくは何かトラウマを抱えているのでしょうか。

凛の境遇を知った時、松本が凛を賭けの対象ではなく、人として見るようになったのとは対照的な駿平の反応。
「親に捨てられた」というのは、多分本当なのでしょう。
駿平の複雑な生い立ちを匂わしつつ、凛の妹弟、特に弟、樹の素直さに、凛の頑張りを見ることができる松本が、年上ということ以上に、恵まれた環境で育ったことを感じたシーンでした。”ええカッコしい”だけれども、決してひねくれてはいない人なんだな、と。

駿平の、人としての欠如が露になるにつれ、早く凛に真相を知って欲しいと思う一方、恋愛で傷つくことで、今までの張り詰めていた感情が開放されるのも、凛にとってはいいことなのかもしれない、とも。すなわち、これが雨宮の望んでいることなのでしょうか。

なんだかんだあって。今や松本の心は凛へ一直線。

初めて訪れる凛の家でくつろいだり、「これは地顔だ」と叫んだりする松本(爆)。
「ちっぽけなプライドがあるんです」、と、駿平の嘘に騙された自分が情けなくて泣き出す凛を、思わず抱きしめて告白してしまいますが(笑)・・・このままうまくいくわけはないわけで。

エピソードには多少の無理はありますが、シットコム風のストーリーだし、仲間さんと佐々木さんのコメディ演技がしっかりしているので、演出にブレがあることがスルーできれば(汗)、普通に楽しめるドラマになってきました。

・・・実は、そのブレを期待していたりするんですけれどもね。
今回のような手堅い演出もいいけれども、また、はっちゃけた演出をしてくれないかな~と。

.

.

#1 #2

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 最後から二番目の恋 第4回「女が年取るってせつないよね」 | トップページ | 平清盛 #05「海賊討伐」 »

#ドラマ:2012年第1クール」カテゴリの記事

□恋愛ニート~忘れた恋のはじめ方~」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 恋愛ニート~忘れた恋のはじめ方~ Lesson3:

» 恋愛ニート 3話 感想 永山絢斗 [ドラマとアニメの感想日記]
恋愛ニート~忘れた恋のはじめ方~ 第3話の感想いきまっす! ネタバレ注意ですよv 直哉を見て、駿平を突き飛ばした凛。 タクシーの真ん中にちょこんと座っている直哉が可愛い。 なぜ凛の会社にきたのか、変な言い訳をする直哉もおかしい~。 って、なぜ直哉が真ん中!? 普通は女性の凛では~。(笑) って、その後の展開のための位置ですね。^^ ここでの駿平が煽る煽る~。 わざと直哉に会社に来た理由を訊いたり、直哉の前で告白したり。 でも、これは直哉には意識させる手として有効ですね~♪ 凛の... [続きを読む]

» 恋愛ニート〜忘れた恋のはじめ方 Lesson3 [レベル999のgoo部屋]
『年上女の落ちる穴』 内容 残業中だった凛(仲間由紀恵)。。。突然の停電。 階段で足を踏み外してしまい動けなくなってしまう。 そこに、駿平(永山絢斗)が現れ、編集部へと連れて行ってくれるのだが、 駿平が甘い言葉で凛のことを口説こうとしたところに、 松本(佐...... [続きを読む]

» 恋愛ニート~忘れた恋のはじめ方~ 第3話 [ぷち丸くんの日常日記]
停電で階段から落ちてしまって足を痛めた凛(仲間由紀恵)の前に、駿平(永山絢斗) と松本(佐々木蔵之介)が現れる。 タクシーの中で、松本を挟んで「好きだ」とストレートに好意を伝える駿平に、凛の心は 揺れ始める。 一方、凛を家まで送り届けた松本は、凛の気の強さや恋... [続きを読む]

» 恋愛ニート〜忘れた恋のはじめ方 第3話 [ドラマハンティングP2G]
Lesson3:「年上女の落ちる穴」 2012年2月3日放送 残業中、停電が起こり、階段を踏み外して足を痛めた凛(仲間由紀恵)。ほどなく、駿平(永山絢斗)と松本(佐々木蔵之介)が助けに現れた。その帰りのタクシーの車内で、駿平は「俺と付き合ってほしい」と凛に告白。車内…... [続きを読む]

« 最後から二番目の恋 第4回「女が年取るってせつないよね」 | トップページ | 平清盛 #05「海賊討伐」 »

作品一覧