2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« くろねこルーシー 第5話「先人は言う。夜に口笛を吹くとなんたら・・・」 | トップページ | 鬼刑事 米田耕作 ~銀行員連続殺人の罠~ 超・簡単感想 »

2012年2月 8日 (水)

ストロベリーナイト 第5回「過ぎた正義 後編」

公式サイト

原作:誉田哲也「シンメトリー」「ソウルケイジ」「感染遊戯」(光文社刊)

原作未読です。
とりとめのない感想を書きます。

オープニングは倉田の、自分の母親まで刺殺していしまった凶悪な犯人を確保した時の思い出でした。
犯人の口に銃を突っ込み、一人殺したら原則死刑、と言う倉田に、さすがのガンテツも嫌な顔。
なぜ、その日を思い出したのか。それは、息子が殺人を犯した日だから・・・

倉田の息子、英樹がもうすぐ出所するという情報を聞いた姫川は、倉田に会いに行きます。
なぜ息子に会わないのか。一度でも会ってしまったら、まして更正の兆しが見えたなら、息子を自分の手で裁く決意が鈍るからだろう、と、相変わらず勘だけで問い詰める姫川に、「証拠は持ってきたのか」と倉田。
しかし、全く否定するかといえば、そうでもなく。
殺しに正義などない。そこにあるのはたった一つ。殺すか、殺さないか。選択の機会だけ。

人は一度殺してしまったらもう駄目。再犯の可能性が高いかどうかは断言できないが、殺意は膨れたまま心に残る。
一つの大きな選択肢として魂の中に居座り続ける。
そんな心に爆弾を抱えた息子を俺は世に放つことはできない。

うーんと、ちょっと難しかったのですが、倉田は、殺人を犯した人間を、元々罪を犯すべく創られた人間であると考えているのかな、と。
対して姫川は、人はみな、殺しと言う爆弾を抱えているけれども、その爆弾を押さえて生きているのだ、と反論します。姫川自身も押さえている・・・

姫川の言葉は、姫川自身の過去の含みがあるので重みはありましたが、言葉そのものはよくあるものでした。

出所した英樹は父が自分を許さないことも、殺すつもりのことも知りつつ、ともに家路に着きます。

英樹の事件を追っていくうちに、真相が明らかになります。
英樹に殺された、恋人、彩香は、父親の会社社長の息子からストーカー行為を受けており、ついには暴行されてしまった。
英樹を愛していた彩香は穢されてしまった自分を許せず、英樹もまた、許せない彩香の気持ちに同調、共鳴してしまい、彩香の言われるまま、殺してしまった。

全てを知った姫川が駆けつけた時には、英樹はすでに死んでいました。倉田が手を下したのではなく、自死で。

つまりは、心中だったわけで、彩香を殺した時から決意を固めていたんですね。
ですので、逮捕後、一切釈明もせず、父が面会にこないことを不満に思うこともなく、姫川が伝えた亡き母の言葉にも心を動かさなかった。

その結果、母は殺され、彩香の父を犯罪者にしてしまったのですが、そのようなことも、彩香を自らの手で葬った時に心が死んでしまった英樹には、何の感慨を起こすことはなかったのです。

暴行を受けて自暴自棄になっている彩香ともども、たった一度の間違いが許せず、死によって全てをリセットしようとした。
彩香に、やり直せる、という言葉をかけれなかった英樹。なぜなら、やり直す、という選択肢があることを知らなかったから。

姫川は、真実を知って愕然とし慟哭する倉田を責めます。
息子をそのように育てたこと、自ら手を下さなかったにしろ、止めなかったこと、そして息子を信じて再捜査しなかったこと。

すぐに楽にはさせない。じっくりと苦しみを味わってください。

「どんな間違いを犯しても、人はやり直すことができる。私はそんな人の気持ちを信じる。」

この言葉は、姫川が自分自身に向けた言葉でもあるのでしょう。

お父さんは、自慢の娘だった自分がそうではなくなった時、私を殺したいとは思わなかったのか。お母さんも。
無償の愛なんてない。
姫川が母に投げかけた言葉です・・・このシーンは八つ当たり気味で、ちょっとお母さんが可哀想になってしまいましたが、ともかく、姫川は、自慢の娘でなくなったことに罪悪感を持ち続けているのかな、と。

今回も、突っ込みどころはありました。

彩香の携帯を事件当時、調べなかったことが・・・うーん、これは、あまりにも犯人が明々白々だったのと、英樹が自己弁護を一切しなかったため、弁護士も彼を少しでも有利にするような証拠を探そう、という努力をしなかったのかな、と思うことにしました。

姫川の勘の暴走は、そういうキャラが主人公の、サイコ風味の強いお話、と割り切ってみています。

テーマが重くて、ちょっと消化不良な気もしましたが、そういう部分も含めて、短編小説のような味わいは感じました。

係長に、倉田の捜査を談じ込む時の、竹内さんの瞳が印象的でした。
後処理なのか、現場の照明なのかはわかりませんが、常に瞳に光が入っていて、葉山を動かした執念を、うまく映像化していたように思います。

.

.

第1話 第2話 第3話 第4話

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

.

.

« くろねこルーシー 第5話「先人は言う。夜に口笛を吹くとなんたら・・・」 | トップページ | 鬼刑事 米田耕作 ~銀行員連続殺人の罠~ 超・簡単感想 »

#ドラマ:2012年第1クール」カテゴリの記事

□ストロベリーナイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ストロベリーナイト 第5回「過ぎた正義 後編」:

» ストロベリーナイト 第5話 [ドラマハンティングP2G]
過ぎた正義 2012.02.07 Tue On-Air 姫川玲子(竹内結子)は、一連の不審死に元警部補の倉田修二(杉本哲太)が関与していることを確信。さらに倉田は恋人を殺害して服役中の息子、英樹(石黒英雄)が出所したら、彼をも殺そうとしているのではないかと危惧する。倉田の勤…... [続きを読む]

» ストロベリーナイト 第5話 [ぷち丸くんの日常日記]
玲子(竹内結子)は、一連の不審死に元警部補の倉田(杉本哲太)が関係して いると確信する。 さらに、倉田は恋人を殺害して服役中の息子・英樹(石黒英雄)が出所して来たら、 息子をも殺害しようとしているのではないかと玲子は危惧する。 倉田の勤務先の警備会社を訪ねた玲... [続きを読む]

» 「ストロベリーナイト」 第五話 過ぎた正義 その2 選ばれた殺意 [トリ猫家族]
 「早く楽になろうなんてしないでくださいね。 苦しんで、苦しんで、カラカラになるまで苦しみぬいてから死んでもらわないと、つじつまが合いませんから」  玲子から倉田への ... [続きを読む]

» ストロベリーナイト 第5話 過ぎた正義2 [レベル999のgoo部屋]
『過ぎた正義2 「選ばれた殺意の径〜過ぎた正義 内容 國奥の書類により、浮かび上がってきた連続不審死事件。 玲子(竹内結子)たち姫川班の捜査で、1人の元刑事が捜査線上に浮かび上がる。 それは勝俣(武田鉄矢)でさえ危険なモノを感じる倉田修二(杉本哲太)だっ...... [続きを読む]

» ストロベリーナイト 第5話〜壮絶! 過ぎた正義(後編) 慟哭の杉本哲太 [世事熟視〜コソダチP]
『ストロベリーナイト』第5話 過ぎた正義(後編) 『過ぎた正義:後編』は、壮絶でした。 救いのない物語で、だれもハッピーにならないハードな結末。 姫川(竹内結子)が3件の不審死事件を解決したにもかかわらず、解決できない虚しさや痛みがジンジンと残る・・・・。 ストーリー的に納得できない部分も有りながら、ドラマの力に押し返されました。 −◆− 元警部補の倉田修二(杉本哲太)の息子・倉田英樹(石黒英雄)が刺殺した恋人・嶋田彩香(皆川玲奈)は、父親の勤め先の社長の息子・石澤琢斗という... [続きを読む]

» ストロベリーナイト [AKIRAのドラマノート]
4〜5話「過ぎた正義」 [続きを読む]

» 『ストロベリーナイト』 第5話「過ぎた正義2」 [英の放電日記]
 惜しい……いいテーマ、良い内容なのに、主人公・玲子(竹内結子)の言動に共感できないことが多い。残念。  深い内容で、考えさせられる台詞が多い。長くなりそうなので、一番の主題だと思われる台詞から考えてみたい。 「早く楽になろうなんて、しないでくださいね。 ...... [続きを読む]

» BLEACH&ストロベリーナイト [別館ヒガシ日記]
は月島の回だが VS月島は良いけども 後は特にイマイチ微妙だね [続きを読む]

» 別館の予備(BLEACH&ストロベリーナイト) [スポーツ瓦版]
2月9日 BLEACH&ストロベリーナイト 下記TBアドレスの別館にTBして頂けると有難いです TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/11158344271/6010fff5 [続きを読む]

« くろねこルーシー 第5話「先人は言う。夜に口笛を吹くとなんたら・・・」 | トップページ | 鬼刑事 米田耕作 ~銀行員連続殺人の罠~ 超・簡単感想 »

作品一覧