2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 平清盛 #08「宋銭と内大臣」 | トップページ | 仮面ライダーフォーゼ #24「英・雄・願・望」 »

2012年2月27日 (月)

特命戦隊ゴーバスターズ 第1話  「特命戦隊、集結せよ!」

公式サイト

新西暦2012年。人類の都市生活を支える巨大エネルギー"エネトロン"を狙うヴァグラスが現れた。駆けつけたブルーバスターのリュウジと、イエローバスターのヨーコに、ヴァグラスの戦闘員バグラーが襲い掛かる。2人は変身しバグラーを撃破。しかし、エンターと名乗る男は逃げてしまう。(公式サイトより)

今回はすべてネタふり状態でした。事前情報を何も仕入れていなかったので、設定がよくわからないまま見ました。

わかならいまま、第一印象をいくつか書き留めておきます。

レッドさんとイエローさん、童顔ですなぁ、中学生みたい。ブルーさんが年長さんなんですね。
レッドさん、いきなり固まっていましたが、原因は新聞のニワトリの写真らしいようで。どうやらこれが彼のウィークポイントらしいことは、予告でわかりました・・・オープニングで見せる必要があったのかなぁ(汗)。

ワイアー多用のアクション、ロボの造形など、全体にアメコミ風で、はやりの電脳戦も混ぜてきそう。
レッドさんの相棒、チタ・ニック。その場に応じて色々形を変えたり、ロボ自体も身軽そうで、軽快な印象を受けました。
でも、将来三体合体した時は、また重くなりそう。

レッドさんが現場に到着するまでをオンタイムっぽく見せる演出、今後も使うのかな?

クールなテイストを狙っているのでしょうか。
ゴーカイジャーがすごく豪快で大雑把な奴らだったので(笑)、ギャップが大きすぎて、戸惑ってしまいました。似たテイストで作るわけにはいかないだろうから、ギャップを感じる、というのは成功しているのかもしれません。

ともかく、顔見世、といったところ。

面白いとも何とも言えませんでした。ちょっと理屈が多すぎるというか。初回から”いきなり鷲づかみっ”という感じではありませんでした。

見た後に、公式のイントロダクションを読みました。

13年前-
人里離れた研究所のスーパーコンピューターにバグが発生。
意思を持って暴走し、人々を襲ってきた。
人類は大きな大きな犠牲を払い、研究所ごと亜空間に転送、
当面の危機は回避された。

しかし、亜空間に転送されたメサイア率いる"ヴァグラス”は完全に滅びたわけではなく、
この世界と人類を支配するため密かに体制を整えていたのだ。

そして人類も、ヴァグラスに備え、
『特命戦隊ゴーバスターズ』を結成していた。

事件から13年-
時は新西暦2012年(N.C.2012)。

都市生活を支えるエネルギー"エネトロン"を狙い、ヴァグラスが登場。

今こそ出撃の時!
人々を守る特命を帯びて戦う"ゴーバスターズ"が、相棒の"バディロイド"とともにヴァグラスに立ち向かう!

でもって、

「ウィルス感染で自我を持ったスーパーコンピューターのメインプログラム。
13年前に亜空間に転送されたが、再び現実世界への侵略を開始する。」@東映公式

なるほど、そういうことだったんですね。

この設定は、まだドラマ内では明かされていませんでした。
一方で、病弱お姉さんエピやオペレータの新任エピなどを詰め込んできたので、とっ散らかった印象を受けました。
それから、冒頭からどさくさにまぎれて登場したエンター。
「メサイアのアバター的存在」ならもう少しミステリアスに登場して欲しかったかな。小物っぽく感じました。
アバターだから、次々代わるのかもしれません。

敵が亜空間にいるコンピューターのためか、飛び交う専門用語には、ちょっと面倒くささを感じてしまいました。こちとら、頭が大分固くなってますんで。(汗)
あと、ロボット・・・バディロイドの存在感がでかいと、人間同士の交流が希薄になってしまうように思うのですが、どうなるのでしょうか。
このことは、ゴーオンジャーの時に感じたことです。あくまで好みです。

メインライターは小林さん。
独特の緻密な構想が、吉とでるか、途中でこんがらがっちゃうか(大汗)。

とりあえずカテゴリーは作りましたが、しばらく様子見です。

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 平清盛 #08「宋銭と内大臣」 | トップページ | 仮面ライダーフォーゼ #24「英・雄・願・望」 »

#ドラマ:2012年第1クール」カテゴリの記事

△特撮:特命戦隊ゴーバスターズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 特命戦隊ゴーバスターズ 第1話  「特命戦隊、集結せよ!」:

» 特命戦隊ゴーバスターズ Mission1 特命戦隊、集結せよ! [レベル999のgoo部屋]
『特命戦隊、集結せよ!』 内容 新西暦2012年 その日、桜田ヒロム(鈴木勝大)のもとに、、、あるモノが届いた。 すぐにバディのチダ・ニックとともに、部屋を飛び出していく。。。 そのころブルーバスターの岩崎リュウジ(馬場良馬) とイエローバスターの宇佐見ヨ...... [続きを読む]

» 特命戦隊ゴーバスターズ「ふたりはゴーバスターズ」 [blog mr]
「特命戦隊、集結せよ!」  かっこえぇ!  この、エネルギー源が狙われる、って設定はやっぱり去年の地震かなぁ。  これがヴァグラスに大方とられちゃって、って展開もあるんだろうな。  基本的にアクション主体のかっこよさで見せながら、レッドのシスコン君の背景を描き、それでいてブルーとイエローのふたりの性格もきっちり描写。  メカも、車、ロボット、動物形態と見せていく。巧い。  工事現場でエンターが異界を開くときの画もかっこいい。  彼らは 13 年前、ゴーゴーファイブの頃に何かがあった人たち。... [続きを読む]

« 平清盛 #08「宋銭と内大臣」 | トップページ | 仮面ライダーフォーゼ #24「英・雄・願・望」 »

作品一覧