2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 2012年1月の読書 その1 | トップページ | 海賊戦隊ゴーカイジャー 第51話  最終話「さよなら宇宙海賊」 »

2012年2月19日 (日)

平清盛 #07「光らない君」

公式サイト

海賊討伐の時に受けた傷が元で清盛の乳人、盛康が、鱸丸を我が養子にすると言い残して亡くなりました。
自分の代わりに清盛を守ってくれる人物であると見込んでのこと。
鱸丸は平盛国と名乗り、正式に平氏一門に加わりることになりました。家貞にも可愛がってもらっている様子。

海賊討伐の恩賞で公卿になれると、平氏一門が期待したものの、任命されなかった忠盛。
代わりに清盛が従四位下の位を授かりました。
この時、忠盛は正四位下のはず。公卿(または参議)と呼ばれるのは従三位下からなので、後二歩、といったところで、昇進にストップがかかったわけです。
それは鳥羽上皇の、というより摂関家・・・公卿たちの意向でしょう。
公卿になれる家柄は決まっていたし、ましてや「犬ごとき」武家に位を渡すなんて、とんでもないこと。

生まれたのが姫御子だったため、浮かぬ顔の徳子を、産着を持って見舞う璋子さん。
産着はいくらあっても邪魔になるものではござりませぬ、と、ここまでは良かったのですが、自分が五人の皇子と二人の姫御子を産んだこと、そして赤子の時の皇子たちの話し出して・・・話を遮って、ありがたく・・・受け取る得子さん。
「嫌味ならまだよい。あれはまこと、祝にしに参ったのじゃ。」
人形が・・・呪詛事件の前触れでしょうか。
そいでもって、「皇子をお生みしとうございます」と、あ~ら、鳥羽上皇を押し倒します。
鳥羽さん、何と申し上げたらいいか・・・頑張ってください(汗)。

歌を介して、崇徳天皇と近しくなる義清。

さて、清盛ですが。
身分の低い貧乏貴族、高階基章の娘、明子と出会います。
何とかして娘を身分の高い家に嫁がせたい基章に、いきなり縁談を申し込まれてびっくりするも、召使いも雇えない貧乏所帯を切り盛りし、料理もうまい美貌の明子に一目惚れ。

偶然の再会の時に、海賊討伐の話も楽しげに聞いてくれたことで、さらに想いはつもり、早速当時の礼儀・慣習に則って、文のやりとりでプロポーズしますが、断りの返歌をもらってしまいます。

相手の家に乗り込み、文を義清に代筆してもらったことを謝り、くだくだと歌を交わすのは性に合わぬ。断るのなら面と向かって言って欲しい、と、殿上人としては掟破りの直接交渉。

礼儀や風流などくそくらえ。ワイルドっていやぁワイルド、お子ちゃまと言えばお子ちゃま。義清言うところの駆け引きを楽しむ余裕などありません。
もし、この時、清少納言が生きていてこの話を聞いたら、風雅を解さぬなんと無粋な男よと、おもしろおかしくぼろくそに書かれたでしょう(笑)。時代も変わっているし、高階家も御簾がないほどのおうちではあるのですけれどもね。

清盛のプロポーズを断った理由を吐露する明子。

「父上が住吉さまに御すがりせねば、私が幸せになれぬとお思いでしょう。」
そんなことは、と言いかける父を遮って。
「いいえ、父上は仰り続けていたのです。幼い頃から、毎日毎日。」

清盛様のお申し出にお応えしたところで、きっと悩み続ける。
まこと、私は思われているのか。それとも住吉様のお力に過ぎぬのか、と。
そんな一生を送りたくない。

「生涯一人だったとしても、御告などに惑わされずに生きていきたい。」

自分の預かり知らぬ出生を巡っての御告に翻弄されて生きてきた清盛にとっては、この言葉が決定打でしょう。

神仏の力が今よりうんと強い時代。神の結びし縁だと単純に割り切る人が多かったはず。
自分の運命を神頼みにしたくない、というのは、かなり変わっている人です(汗)。

見くびるでない。俺が住吉明神のお導きでそなたを思うておると申すか、と、自分自身の気持ちであることを熱烈にアピールします。
「俺は、俺の心に従い、そなたを妻にしたいと、申しておるのじゃ。」
「海に行きとうございます。海に行って、船に乗って、見てみとうございます。清盛様の目に映る、広い広い世を。」

きっと、面白い世へ連れていってやる。

明子の年下の(恐らく)友人で、源氏物語オタクの、平時子。
同じ平氏でも、三百年ほど前に分かれた桓武平氏高棟流系、都に残って公家化した一族です。
最初は清盛との出会いを、源氏物語ようだ、と憧れるも、清盛本人に会って、あまりのがさつさにがっかり。
しかし、清盛と明子が心通わす様子を立ち聞きして、少し気持ちに変化が訪れたようです。

宗子の従兄弟、家成の元には、従四位下となった清盛への、良い縁談がいくつも来ており、宗子を慕っていたらしい、いや、今も慕っている家成は、宗子の肩の荷を下ろさせたい気持ちもあって、張り切っていたのですが。

そんな周囲の思惑も知らず、明子と結婚させて欲しいと、忠盛に願い出る清盛。
清盛の顔をじっと見つめる忠盛の表情が印象的でした。

何の特にもならぬ、たかだか正六位の家柄の低い娘との結婚など、と忠正は反対します。
お家大事の家貞も不満げです。今は大事な時、いかなる家と結ばれるかで一門の行く末が決まってくる、と。

しかし、位が違うからと、ともに生きていくことが許されないのは、おかしい。勝手を言って申し訳ないが、許して欲しいと、清盛。
忠盛に、なぜ明子を愛しく思うのか、と聞かれて、

「明子殿はつまらぬ戯言に、惑わされることなく、どんなことも、己が力で乗り越えようとする女子です。火曜な人と楽しき時も苦しき時も、ともに面白う生きていきたい。」
と答えます。
若い、若い二人。

ああ、ダメだ、と諦め顔になる家貞。

忠盛は、許します。

忠盛が清盛に甘いこと以上に、舞子を思い出していたことを察して、硬い表情になる宗子。
家成の持ってきた縁談は断るように。従兄弟の面目も潰れてしまいました・・・

清盛の熱意に引かれて承諾したものの、身分違いの家に嫁ぐことが必ずしも幸せではない、と思っていた明子。その予感は当たりそうです。

.

.

01 02 03 04 05 06

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 2012年1月の読書 その1 | トップページ | 海賊戦隊ゴーカイジャー 第51話  最終話「さよなら宇宙海賊」 »

△大河:平清盛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平清盛 #07「光らない君」:

» 平清盛 第7回「光らない君」 [あしたまにあーな]
前回が出だしの大きな見せ場だったとすると、今回はその後にきた静かで次の大きな出来事への地ならし的な内容であったように思います。その次の大きな出来事とは何なのか分かりませんが、女性問題が大きく発展していくのではないかと思えるような予感をさせるものとなっていたような気がします。 まず序盤戦のサプライズは、今まで清盛を支えてきた漁師の鱸丸が、盛康の養子となって平盛国と名乗ることになったことでしょう。一漁師がここまで露出しているのは何でだろうと不思議だったのですが、これで納得がいきます。これから上川隆也さん... [続きを読む]

» 平清盛 第7回 光らない君 [レベル999のgoo部屋]
『光らない君』 内容 海賊討伐を終え、京へと凱旋した平氏一門。 清盛(松山ケンイチ)の活躍で兎丸(加藤浩次)ら海賊を懐柔することに成功。 だがその戦いで、清盛の乳父・盛康(佐戸井けん太)を失ってしまう。 そこで清盛は、鱸丸(上川隆也)を盛康の養子とし“盛国...... [続きを読む]

» 平清盛 第七回『光らない君』を観る [(自称)大河ドラマ批評家「一大河」の批評レポート]
トップ>平清盛>平清盛 第七回『光らない君』を観る 今週も見たよ!という方はまずはポチリと ↓↓↓ 平清盛 第七回『光らない君』 大阪市 住吉大社 ◎『平清盛』登場人物/キャスト 「そなたの夕餉を食い、毎日食いたいと思うた!」 (... [続きを読む]

» NHK大河ドラマ『平清盛』第7回「光らない君」 [よくばりアンテナ]
先週、ご懐妊あそばした得子が今週は出産されました(*^_^*) 姫御子さまだったということで、璋子は産着をお祝いに差し出す。 悔しくて御子様を産みたいって鳥羽院に飛びかかっていく得子。 こわぁ〜(^_^;...... [続きを読む]

» 駆け引きを楽しむのが恋 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
今日の見所って何だよ!視聴率が悪いので、テコ入れ?してきた平清盛第7回光らない君食事中なのに、ウンコの話かよウンコで笑いを取ろうなんて、小学生レベルか顔見えねーよ!ステ... [続きを読む]

» 駆け引きを楽しむのが恋 [虎団Jr. 虎ックバック専用機]
今日の見所 って何だよ!視聴率が悪いので、テコ入れ?してきた平清盛 第7回 光ら [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」 Vol.7光らない君 [Refreshing-wind-blows※別館※]
【送料無料】平 清盛 前編 (NHK大河...価格:1,100円(税込、送料別) 【送料無料】2012年NHK大河ドラマ「平...価格:980円(税込、送料別) 【送料無料】 西行と清盛価格:1,575円(税込、送料別) 平 清盛 公式HP 平清盛 公式HP(広島放送局版)... [続きを読む]

» 平清盛 #7 光らない君 [シフォンなキモチ]
姫さま2人の登場で画面が華やかに! っていうか、明らかに見やすくなってる? とりあえず、顔の前にコーンスターチくんが出張る事はなくなりましたw 後は、室内の暗さをどうにかして欲しいなぁ。 今日は西行さんがノリノリでしたw 清盛に代わって、文を書く書くw あはは。超贅沢な代作ですよ。清盛は、「断られてるではないかー!!!... [続きを読む]

» 「平清盛」第7回〜得子(松雪泰子)が鳥羽上皇を押し倒して 子づくり!! [世事熟視〜コソダチP]
『平清盛』第7回「光らない君」 1話あたりの製作費が1億円といわれるだけあって撮影や衣装・小道具などのクオリティが高い。 映像も丁寧だし造りが真摯。 だけど、平氏一門の物語が地味で、主役・清盛は”自分探し”の内向きな物語が続いたし、朝廷は陰鬱ドロドロで、全般に胸のすくような出来事もない。 そのうえ、田渕久美子氏の脚本が散々な出来だった『江〜姫たちの戦国』で、大河ドラマの価値が下がっちまっているし・・・。 我が関西圏では12%台で視聴率ベスト20から陥落する有様の『平清盛』は... [続きを読む]

» 平清盛 第7回 [to Heart]
脚本 藤本有紀 演出 柴田岳志 制作統括 磯智明 音楽 吉松隆 語り 岡田将生 出演 松山ケンイチ/中井貴一/深田恭子/上川隆也/藤木直人/加藤あい/豊原功補/佐戸井けん太/平田満/檀れい/りょう/井浦新/尾美としのり/加藤浩次/松雪泰子 第7回 「光らない君」14.4% 海賊討伐を...... [続きを読む]

» 【平清盛】第7回感想と視聴率「光らない君」 [ショコラの日記帳]
第7回の視聴率は、前回の13.3%より上がって、14.4%(関東)でした。同日の『必殺仕事人2012』は15.7%で、負けてしまいました。今回は、『源氏物語』が出て来て、古文が苦手なので、書... [続きを読む]

» 【平清盛】第7回感想と視聴率「光らない君」 [ショコラの日記帳・別館]
遅くなってしまって、すみません。 第7回の視聴率は、前回の13.3%より上がって [続きを読む]

« 2012年1月の読書 その1 | トップページ | 海賊戦隊ゴーカイジャー 第51話  最終話「さよなら宇宙海賊」 »

作品一覧