2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 平清盛 #02「無頼の高平太」 | トップページ | 海賊戦隊ゴーカイジャー 第46話 「ヒーロー合格」 »

2012年1月16日 (月)

最後から二番目の恋 第1回「寂しくない大人なんていない」

公式サイト

脚本:岡田惠和/演出:宮本理江子/プロデュース:若松央樹、浅野澄美/音楽:平沢敦士
出演者:小泉今日子、中井貴一、坂口憲二、内田有紀、渡辺真起子、森口博子、浅野和之、飯島直子、渡辺真起子、森口博子、白本彩菜

老後と健康が気になり出した45歳独身女性が古都・鎌倉で、こちらも人生曲がり角の50歳独身男と出逢い「加齢なる試練」を乗り越え華麗なる結末を迎えて行く! (公式サイトより)

すっかり出遅れてしまったので、簡単に感想を書きます。

テーマにはあまり惹かれなかったので、どうだろう、と思いながら初回は見ておこうと視聴しました。
予想以上に面白かったです。

現場とのギャップを感じつつある、更年期を迎えたプロデューサー、千明。
両親の死後、兄弟たちの親代わりとなり、妻の死後は一人娘を育てる、真面目な観光推進課の職員、和平。
娘、えりなは反抗期のようです。

長倉家の兄弟たちは、まだよくわかりませんが、似てない双子(笑)、真平と万里子は曲者っぽい感じ。
特に真平は、単にチャラいだけではなさそうな気がしました。
何でもないところでお皿を落としたことが気になります。

中年を迎えた女性が、鎌倉の古民家に憧れ、ロハスな生活を夢見て購入・・・少し安易。でもその安易さをドラマの中で指摘していたのは、常套手段とはいえ、視聴者の突っ込みを押さえる効果はあったと思います。
実際、路地だと思って私有地に入り込んでくる人たちが多く、観光地の住宅街の人たちはかなり迷惑しているようです。
自分もそんな観光客の一人ですが(大汗)。
あと、「古民家」って勝手に言うな、とか。そこに暮らしているんですものねぇ。

窓を開け放して電話をする千明の声が丸聞こえなのも、あーあ、という感じ(苦笑)。
古いお家って寒いんですよ。ストーブくらい買えば?(笑)。
あと、修理もねぇ、維持していくのは何かと大変だと思います。
果たしてこの家は、千明の癒しとなってくれるのでしょうか。ロケーションは抜群ですけれどもね。

中井さんの、生真面目でぶきっちょな中間管理職は、はまり役です。
初対面に近い千明に絡むシーンには、むかっとしました。むかっとさせるほど、うまい、ていうことです。これは娘にも嫌われるわねぇ。兄弟たちは慣れっこになっている様子。

千明は、おそらく小泉さん以外は演じられないだろうな、と。
この年代で、現実感を持ちながらも生臭くなく、どこかふわっとした雰囲気を出せる人は、それほど多くないだろうなぁ、と改めて思いました。

初回を見た限り、空気感の心地よい、安心して見られる大人のラブコメになりそうな気がしました。しかし、とても微妙なバランスで成り立っているので、何か違う要素が入ると崩れてしまうかもしない、という不安も感じました。

うーん、木曜日は「最高の人生の終わり方」があるし、どうしようかなぁ。そうそう、「聖なる怪物たち」も始まるんですね。
来週様子を見て、感想を書くのは、どれか一本にしたいと思います。

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 平清盛 #02「無頼の高平太」 | トップページ | 海賊戦隊ゴーカイジャー 第46話 「ヒーロー合格」 »

#ドラマ:2012年第1クール」カテゴリの記事

□最後から二番目の恋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最後から二番目の恋 第1回「寂しくない大人なんていない」:

» 最後から二番目の恋 第1話 [ぷち丸くんの日常日記]
吉野千明(小泉今日子)は、テレビ局でドラマのプロデュースを手掛ける、45歳の 独身だ。 がむしゃらに仕事をしながら、人並み以上に恋愛もしてきたが、最近は恋愛から 遠ざかっている。 一方、長倉和平(中井貴一)は、鎌倉市役所の観光推進課で課長を務める、50歳 の独身だ... [続きを読む]

» 最後から二番目の恋「寂しくない大人なんていない」 [のほほん便り]
小泉今日子と中井貴一を迎えての、岡田惠和・脚本ワールドってあたりに興味を覚え、見てみました ここのところ、都心で最先端の仕事と暮らしをしてた人が、ある時期から急に居を大自然なる、海のそば。鎌倉、湘南あたりの古家に… ってのは、けっこう流行っている、と聞いていたので「なるほどなぁ」と思いつつ見てしまうことしきり。 なるほど、鎌倉のロケーションが雰囲気で、なごみます。 それにしても、引越し先の隣家の、カフェ『ながくら』。なんて豪華兄弟! 長男が、中井貴一で、長女が、飯島直子。坂口憲二と... [続きを読む]

» 最後から二番目の恋 第1話 寂しくない大人なんていない [レベル999のgoo部屋]
『寂しくない大人なんていない』 内容 テレビドラマのプロデューサーをする吉野千明(小泉今日子) 人並みに恋などをして生きて来た。 親友の水野祥子(渡辺真起子)荒木啓子(森口博子)らとも楽しく過ごすが、 独り身の寂しさもまた感じていた。 ある日、美人脚本家...... [続きを読む]

» 「最後から2番目の恋」 第1話 寂しくない大人なんていない [トリ猫家族]
 正直、そんなにガッツリ、ハートを掴まれたって感じではないんだけど、雰囲気は好きです。 そして、おもしろくなりそうな予感もあります。 さらに、脚本が岡田惠和さんだからね ... [続きを読む]

« 平清盛 #02「無頼の高平太」 | トップページ | 海賊戦隊ゴーカイジャー 第46話 「ヒーロー合格」 »

作品一覧