2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 初めての海外旅行でロンドン一人旅。 その20:2日目の晩 | トップページ | ドリームマッチ2012 »

2012年1月 1日 (日)

初めての海外旅行でロンドン一人旅。 その21:2日目の晩の続き

なくした方が説明は簡単だよ~(大泣)
.

自分のやり方が悪いのか、カードキーがイカレたのか・・・この状態をどう説明すればいいんだろう。

と、ドアの前でしばらく固まりました。

救いだったのは、電子辞書を持ってでかけていたこと。

言葉が通じないことは、もう、嫌と言うほど経験したので、一旦ロビーに降りた後、言いたいことを電子辞書で調べながら、何とか文章にしてメモ帳に書き、おずおずとフロントカウンターに差し出しました。

事情はわかってもらえたようで、パスポートの提示を求められた後、代わりのカードをあっさり渡してくれました。ふぅ~・・・

一日の締めくくりがこれかよ~~、と、げっそり脱力。
部屋に戻り、一旦腰掛けたらそのまま動けなくなりそうだったので、さっさとシャワーを浴びて、ようやくほっと一息つきました。

ポット(例の汚いポットです。でももう、そんなの関係ない;;)のお湯でジンを割り、サンドなどをおつまみにしながら、テレビを拝見。

するとギリシャ時代が背景らしきドラマがはじまり、じっと見ているうちに、どうやらヘラクレスの話であることがわかってきました。
子供時代から青年にかけて、有名な怪物退治に出かけるまでを、いぢわるそうな継母や、父である王、そして兄弟との確執をドロドロと描いた完成度の高い映像だったので、言葉はわからなくても思わず集中。
おお、次第に追い詰められていくヘラクレス。これからどうなるのっ?

てところで続く。
このドラマの続きを見るチャンスはほとんどないでしょう(苦笑)。

まだ10時前でしたが、すっかり眠たくなって、ベットに潜り込むも、なんだか寒い。
とはいえエアコンがあるわけでもなく。

英国の空調設備については以前にちょっと書きましたが、まず、基本として、夏も涼しいので冷房設備はありません。湿気も多い日本では信じられないことですけれども、本当みたいです。
暖房はセントラルヒーティングが主流で、ホテルなどは建物共有であることがほとんどです。
そのセントラルヒーティングについてネットで調べていると、英国在住の方が書かれたHPがあったので、抜粋します。

ラジエーターパネルに熱湯が循環し、各室を同時に暖めるシステムだそうで、温度調節はできなくとも、暖房・お湯は使い放題。建物によって暖房をつける期間は一般的に10月から4月前後と決まっているようです。

と言うことだそうです。
写真を撮るのを忘れたので、wikipediaより、ホテルにあったものと似たものを選んで掲載します。

Photo

ねじを緩めると、お湯がパイプに入ってきて、その熱で部屋を温める、ということらしいのですが、お湯が流れるわけですから触ると熱くなるだろうし・・・とにかく使ったことがないものです。トラブルが怖いこともあって、結局触れもしませんでした。触らぬ神にたたりなし(汗)。

すごく寒い、というわけではない季節(10月初旬)だったのは幸いでした。

寝る時は多少寒いかも、と、ツインの使っていない方のベッドの掛け布団(というのかな?ホテル特有のペラペラの掛物です。)と毛布とベッドカバーをまとめて拝借し、足しました。
そうすると結構暖かくて、無問題。ジンのお湯割で体が温まったためもあって、ぐっすり眠れました。
寒いところの人が酒飲みなわけがよくわかりました。←のん兵衛の言い訳ですね(^^::

.

その20:2日目の晩
その19:2日目の夕暮れ
その18:帝国戦争博物館
その17:ニュー・スコットランドヤード周辺散策
その16:ナショナル・ポートレート・ギャラリー
その15:2日目、オイスターカードを買う、そしてバス停へ
その14:ロイヤル・ナショナル・ホテル(後)
その13:ロイヤル・ナショナル・ホテル(前)
その12:ピカデリーラインに乗る。
その11:ピカデリー・ライン・・・ヒースロー空港駅
その10:ドーハ→ヒースロー空港
その9:ドーハ空港
その8:関 空→ドーハ
その7:関空
その6:持って行ったもの
その5 :観光プラン3
その4:観光プラン2
その3:観光プラン1
その2:渡 航費用など。
その1:プロローグ
その0:帰りました。

« 初めての海外旅行でロンドン一人旅。 その20:2日目の晩 | トップページ | ドリームマッチ2012 »

☆初めてのロンドン旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初めての海外旅行でロンドン一人旅。 その21:2日目の晩の続き:

« 初めての海外旅行でロンドン一人旅。 その20:2日目の晩 | トップページ | ドリームマッチ2012 »

作品一覧