2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« くろねこルーシー 第3話「先人は言う。流れ星を見たら三回願い事をなんたら・・・」 | トップページ | ストロベリーナイト 第3回「右では殴らない」 »

2012年1月24日 (火)

ラッキーセブン 第2話 「名コンビ研究室潜入」

公式サイト

「名コンビ」って、コンビで潜入してないし・・・とちょっと突っ込みを入れつつ。奥さんへの聞き込みは潜入とは言えないかと。あ、飛鳥は潜入してましたが・・・いやいや、そんなことは置いといて。(苦笑)

オープニング、すでに輝が潜入捜査を開始しているシーンから始まったのは、スピーディーで良かったです。

ストーリーは変人で天才の研究員、佐々岡と、彼と同期でかつてのライバルで今は経営サイドに転じた峯岸の確執の行方を、佐々岡の妻と犬のエピを絡ませて、ちょっといい話で落としていました。

それほど深い話ではないのですが、リリー・フランキーさんの、如何にも研究者っぽい佇まいの中に柔らかさ、優しさを持った佐々岡に、存在感がありまし、そんな佐々岡と対立する峯岸を、最近癖のある役が多い鶴見辰吾さん演じられたことで、ストーリー以上のふくらみを感じることができました。

何より、新田輝がカッコよくて、惹きつけられました。

腕っぷしが強い上に京大の理工系出身(中退だっけ?)なんて格好良すぎる。
研究者の制服を切るとちゃんと物静かなインテリに見えるし、でも、普段は武闘派だし。その落差に萌。←単純(^^::
語り合う佐々岡と峯岸を見つめる新田の静かな眼差しにぐっときてしまいました。

分割された画面を見ると、「素直になれなくて」の悪夢(汗)が思わず蘇るのですが、今
回のドラマは、とてもいい役なのでは。

新田に比べると、駿太郎は見習いの域を出ていませんが、その子犬っぷりも良かったです。
駿太郎は絶対に認めないだろうけれども、「アニキィ」(古っ)と新田にまとわりつく感じ(笑)。
この二人のバランス、これでいいんじゃないでしょうか。
二人だけでなくゲストも含めて、バランスが良かったと思います。

旭、飛鳥の出番はそれほど多くはありませんでしたが、大泉さん、仲さんが自分の役割をきっちり果たしていて、安心して見ていられました。

深いドラマではないけれども、こういうジャンル独特のテンポを感じれたので、面白かったです。
瑛太さん、というか、新田輝ですね、を見ることが目的だけでも、見続けることがてきるかもしれません(^^)。

ボスの謎は・・・ま、中盤以降に明かされるのでしょう。
その時も、この軽快さを保っていて欲しいです。

.

.

#01

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« くろねこルーシー 第3話「先人は言う。流れ星を見たら三回願い事をなんたら・・・」 | トップページ | ストロベリーナイト 第3回「右では殴らない」 »

#ドラマ:2012年第1クール」カテゴリの記事

□ラッキーセブン」カテゴリの記事

コメント

こんにちはー。

ほんと、リリーさんはすっかり役者になっちゃいましたねー。
何に出ていてもそれなりの味があるので、ステキに見えちゃいます…あ、実際にステキです^^;

>「名コンビ」って、コンビで潜入してないし・・・とちょっと突っ込みを入れつつ。

コンビで潜入ではありませんでしたね^^;
とにかく・・・先週からそうですが、輝がカッコいい♪
そのうち、コンビになっていくのでしょうが・・・

私もこのドラマには深い物は求めてないので、今回はちょっとターゲットの
友情物語がうるさく感じられました。
ただテンポよくカッコよくあってほしいと願っております(-人-)

初めまして。感想読ませていただいてます。
ラッキーセブン、全然バランスよくなかったです。
チームプレイなんてこれっぽっちもなく、新田一人が活躍して新田一人が目立ってた回でした。
話も深みはないし、アクションも無理やりねじこみましたって感じで。
主役は新田ですか?って感じで全く面白くなかったなあ。
出来すぎ君は、脇に回ってこそおいしいのです。
2話ですでに新田に食傷気味。もうお腹いっぱいなので出てこなくていいですって感じました。
それに、いつの間にか対象者に入れ込んで突っ走るのが新田になってますし。
あれれ?それって駿太郎のキャラじゃなかったの?って思いました。キャラクターがぶれまくりで、お話になりません。

次回は大泉さんが主役になるので、2話よりはましかも。

くうさん、こんばんわ。

>そのうち、コンビになっていくのでしょうが・・・
コンビになるのかどうか、今の時点ではわかりませんね(^^;;

>今回はちょっとターゲットの友情物語がうるさく感じられました。
そうですね。そのへんの匙加減はむつかしいですね。
先週のように、犯人サイドの話があまり食い込んでこない方が清々しいのかもしれません。
今回も、実は犯人サイドは友情物語そのものより、リリーさんの佇まいに魅力を感じたんです。高校の時の美術の先生に似ているな、懐かしいなぁ、なんていう、実に個人的な理由もあって(汗)。

>ただテンポよくカッコよくあってほしいと願っております(-人-)
ほんと、不安要素は色々あるのですが、二人がカッコよくあってくれれば(願)。

tomさん、はじめまして。

>話も深みはないし、アクションも無理やりねじこみましたって感じで。
深みはないですね。でもファイトクラブが登場した先週の流れからいって、深みは求めていなかったので、楽しめました。
アクションは、無理やりかもしれませんが、駿太郎と新田の動きの違いが出ており、それぞれに格好良くて面白かったです。先週の方が刺激的ではありましたが。

主役が誰、ということより、今回の新田が、自分が格好いい、と思うキャラだったんですねぇ。これは好みですから、tomさんのように感じられた方もおられるでしょうね。

これから回によってメインになる人が変わると思います。
大泉さんの次回、楽しみですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラッキーセブン 第2話 「名コンビ研究室潜入」:

» ラッキーセブン 第2話 [ぷち丸くんの日常日記]
北品川ラッキー探偵社に、ある企業から、研究員の素行調査の依頼が舞い込む。 有名大学理学部出身(中退)ということで、瞳子(松嶋菜々子)に潜入捜査を命じ られた新田(瑛太)は、偽名を使って、その企業に潜入し、研究員・佐々岡(リリー・ フランキー)の素行調査を始める... [続きを読む]

» ラッキーセブン 第2話 [ドラマハンティングP2G]
「天才研究員を調査せよ」2012.1.23 MON ON-AIR 北品川ラッキー探偵社に、ステラバイオ社という企業から研究員の素行調査の依頼が舞い込んだ。探偵となった時多駿太郎(松本潤)は、ステラバイオ社に新田輝(瑛太)が潜入捜査に入ると聞く。新田は、有名大学の理学部出身…... [続きを読む]

» ラッキーセブン 第2話 [レベル999のgoo部屋]
『天才研究員を調査せよ』 “名コンビ研究室潜入 内容 その日、新田(瑛太)は、ステラバイオ社という会社に潜入調査をしていた。 淳平(大泉洋)茅野メイ(入来茉里)のサポートを受け、研究員として潜入。 調査対象は、研究員のひとり佐々岡光男(リリー・フランキー)...... [続きを読む]

» 【ラッキーセブン】第2話 [ドラマ@見取り八段・実0段]
今回は潜入捜査。 ターゲットは生物工学や遺伝子工学を利用した研究開発を行ってる「ステラバイオ社」 の研究員、佐々岡。 「ラッキーセブン」第2話       北品川ラッキー探偵社に、...... [続きを読む]

» ラッキーセブン「名コンビ研究室潜入」 [のほほん便り]
初回の目玉はアクションの「動」でしたが、今回はメンバー紹介を兼ねて、じっくりと「静」…あらゆる方法と角度による、推理の巻でした。 今回の依頼は、素行調査。同期でライバルな研究員・佐々岡(リリー・フランキー)を調べるため、「ステラバイオ社」に潜入捜査。 新田輝(瑛太)が潜ったものの、分からないところは、キーワードから指示を飛ばし、事務所で調べてフォローしてもらうあたり、可笑しいっ かなり無理がある展開だけど、飛鳥(仲里依紗)のキャバ嬢姿にも、密かにウケまくり。考えようによっては、瑛太... [続きを読む]

» ラッキーセブン 第2話〜トリッキー瑛太が今夜も走る。リリー・フランキーを救え [世事熟視〜コソダチP]
月9「ラッキーセブン」第2話 天ノ川学園高校理事長=赤い目の男・鶴見辰吾は、黒い目のままだけど、目の色を変えて佐々岡(リリー・フランキー)をどうにかしようとしてる。 『仮面ライダーフォーゼ』を視聴しているジジ・オタ(ジジイのオタク)の小生は、鶴見辰吾の存在についつい反応しちゃうわぁ・・・。 −◆− とはいえ、やっぱり今回は”リリー・フランキー”が醸し出す雰囲気と、彼に絡む”瑛太”がドラマを味わい深いものにしており、鶴見辰吾は脇役でしかなく、ゾディアーツを操って破壊行為をするなんてことはご... [続きを読む]

» 当ブログ7周年&別館の予備(銀魂&ラッキーセブン) [スポーツ瓦版]
1月25日 銀魂’&ラッキーセブン 下記TBアドレスの別館にTBして頂けると有難いです TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/11141786938/b2036fce [続きを読む]

» 本館7周年&銀魂’&ラッキーセブン [別館ヒガシ日記]
本館7周年で開設の時マジで 半年も続けば良い思ってたけど 本館スポーツ瓦版 が7年も経ち 私の中で最も長続きしてる事で 最近は別館の予備に... [続きを読む]

» 『ラッキーセブン』 第2話 [英の放電日記]
 非常に遅れてしまいました。記憶もあやふやなので、簡単に。 新田輝(瑛太)が主役?  たぶん、そう思われた方は多かったと思います。  私は、時多駿太郎(松本潤)のキャラが好きではないので、輝が主人公で不満はありません。逆に、駿太郎が出てくると、「こいつ、...... [続きを読む]

» 《ラッキーセブン》★02 [まぁ、お茶でも]
ステラバイオ社の潜入捜査 研究員佐々岡を役員に昇格させる前に問題の無い人物どうか、調べて欲しいとの依頼が人事部長からあった。瞳子社長は適任は東都大学理学部生物科学科出身の新田輝。中退ですと答えが来た。駿太郎は頭でもかなわなかった・・・ いつもより早く佐々岡が研究室を出た。駿太郎と飛鳥が尾行を開始すると、キャバクラに入った。男が待っていて、佐々岡を接待していた。飛鳥がホステスになって潜入。 佐々岡が会っていたのは、ライバル会社の人事部だった。 ... [続きを読む]

« くろねこルーシー 第3話「先人は言う。流れ星を見たら三回願い事をなんたら・・・」 | トップページ | ストロベリーナイト 第3回「右では殴らない」 »

作品一覧