2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« ストロベリーナイト 第3回「右では殴らない」 | トップページ | ハングリー! 第3回「裏切り者の元バンドメンバーがきた!手ごわい大女優もきた!」 »

2012年1月26日 (木)

カーネーション・不定期観測メモ 第16週「揺れる心」

公式サイト

自分のための備忘録としてメモしてます。
少々多忙にて、いつもよりうんとすっ飛ばします。

地味な着物で、安岡家を訪れた奈津を出迎えに、階下へ降りる寝込んでいた玉枝さん。ものは相談やけど手伝どうてくれへんか。
「忘れて先行こ。」
奈津を雇うことに。名前も「安岡美容室」と改めて、制服も糸子に注文し、再出発することとなりました。
奈津を救おうという気持ちから、ようやく立ち直った玉枝さん。
また、笑顔が見れて嬉しいです。

パーマ機の借金は返済したんですね。
しかし、今度は店の改装費を肩代わり、さらには奈津の借金の保証人になった糸子。
心配する周囲に、
「どないかなる。稼いだらいいんやろ」

制服を取りに来た奈津に、祝言の時に助けてもろたことに一言もお礼を言うてない。あんたも言わんでいい、と、何も言わせず。

制服を纏った栗原さん、きれいでした。
おっちゃんずは、奈津の前歴を誰にも何も言ってないんですね。さすがです。
だんじりを曳くと張り切る直子。
女の子でもだんじりを曳いてもいい時代になった。
「新しい時代やな」

神戸のおっちゃんは順調に再起したようです。従兄弟の勇も遅い結婚をしたそうです。でも、お祖父ちゃんは去年の冬に亡くなってしまったんですね。
千代は兄と会う時、たちまちお嬢様の雰囲気になります。
店を去っていくおっちゃんの後ろ姿に年齢を感じました。

喧嘩ばかりしている小原家の長女と次女。そんな二人をだまって見ている三女。
ちょっと先の描写ですが、あまりに煩いので、追っ払うために、毎日毎日お稽古事に通わことにしました。そうそう、それが裏目にでるんですね。

全く顔を出していない泉州繊維商業組合の会長さんから呼び出しがかかって、ビビる糸子。
顔を出さなかったのは、あの人、周防さんに会いたくなかったから、なのですが。
用件は。
レディメイド、つまり既製服の製造販売を始めようとしている北村の手伝い、つまり型、デザインを考えて欲しい、ということでした。賃金は歩合制で。こういうところはきっちり描いてます。さすがBK作品。
この頃はオーダーメイドしかなかったんですね。
憎まれ口ばかりたれている北村が、つぶらな瞳でかしこまっています(笑)。

しかし、糸子は、自分のやっていることとは間逆で、情がない、と気乗りがしません。
八重子さんとスタイルブックを見る楽しみが復活した糸子。
ディオール。
「細く絞ったウェストとゆったりしたフレアスカートが特徴」@wiki
生地が仰山いるスタイルです。

さて、お稽古事に行っていた子供たちの逆襲が始まりました。
「ピアノ買こうてぇ~」
巣の中でエサを待つヒナのごとし、今度は三羽・・・じゃない三人揃ってなので、煩いことこの上なし。
相手にしなくても全くめげません。そんな姉妹の姿に、一瞬、かつて善作にミシンをせがんだ自分の姿を重ね合わせるも「あかん。」

結局北村の仕事を引き受けた糸子は、監督として雇われている周防と再会してしまいます。
周防が腕が良くて勘もいい職人であることもプラスして、人のもんやとわかっていても、恋心を押さえきれない糸子。
周防も、糸子と働けることを喜んでいる様子です。
今や言葉の壁などどこへやら。

一方、北村は、ディオールどころかモードのモの字も理解しておらず、糸子とぶつかってばかり。
業を煮やした糸子は、自分の店に引っ張っていって、洋服を作るということがどういう仕事なのか、洋服を欲しがる女性の気持ちを勉強させようとします。
しかし、洋服に対する女性たちの情熱を、うだうだと、全くなんじゃい、とこき下ろす北村。
その北村をなだめたのは千代でした。
その晩、小原家の晩御飯をごちそうになり、自分は男ばかりの家で育ったから、女ばかりの場では何を喋っていいかわからない、と言いつつも、楽しそうに能弁になる北村。
千代は千代で、女ばかりの中に善作がいた頃を思い出して、楽しそう。
結局小原家で夜を明かした北村。
朝餉の支度をする女たちの、小鳥のさえずりのような雰囲気で目を覚まします。
糸子の気持ちがどこへ向っているかわっているので、切ないシーンでした。

ラインができあがって、開店も間近となり、別れが近づいて。
本当のことを言おうと決心した糸子。
初めて洋服を着て、周防に告白します。これでお別れやから。最後に。

と、自分もそうでした、と糸子を抱きしめる周防。
そのシーンを見てしまった北村。

糸子の恋心の部分はすっ飛ばしてしまいましたが、恋に年は関係ない。初々しかったです・・・相手が家庭のある人でなければよかったのですが、いや、たとえ一人身でも、周防さんはパートナーとしては、難しい人だと思います。

.

.

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13・14 15

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« ストロベリーナイト 第3回「右では殴らない」 | トップページ | ハングリー! 第3回「裏切り者の元バンドメンバーがきた!手ごわい大女優もきた!」 »

□朝ドラ:カーネーション・不定期観測メモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カーネーション・不定期観測メモ 第16週「揺れる心」:

« ストロベリーナイト 第3回「右では殴らない」 | トップページ | ハングリー! 第3回「裏切り者の元バンドメンバーがきた!手ごわい大女優もきた!」 »

作品一覧