2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 恋愛ニート~忘れた恋のはじめ方~ Lesson2 | トップページ | 海賊戦隊ゴーカイジャー 第48話 「宿命の対決」 »

2012年1月29日 (日)

平清盛 #04「殿上の闇討ち」

公式サイト

北面の武士として務め始める清盛。
しかし、実力はまだまだ、その上半分貴族化している武士たちの振る舞いに戸惑うばかり。
文武両道に秀でている佐藤義清はそんな清盛のお守役?

鳥羽上皇に、祖父である故白河法王との関係、祖父の子、崇徳を帝の座につかせたことをあやまってほしい、と言われて、素直に謝る璋子。
謝られて、尚更激しい怒りを露にして立ち去る上皇の態度が理解できない璋子に、堀河局は嘘でも否定すべきだと忠告しますが、その意味さえ理解していない様子です。
魔性っぷりを発揮しています。

武士として初めて殿上人になった忠盛。
一族は大喜びです。
素直に喜ぶ弟、家盛。
清盛は・・・少し成長し、以前のようにストレートに反抗することはなく、精一杯の皮肉を込めて祝の言葉を。
皮肉と知りつつ受け止める忠盛。宗子も、今日は穏やかな表情をしています。

家成の邸宅に客人として招かれたのに、忠盛の台頭を快く思わない忠実の悪意で舞を舞うことを強要される忠盛。
それだけでも屈辱なのに、忠実の指図で貴族たちが乱暴狼藉を。
その場に居合わせた清盛はあまりのことに立ち上がろうとしますが、義清に、これは政(まつり)だ、と押しとどめられます。
散々愚弄されても、涼やかに口上を述べる忠盛を只者ではないことを認め、不気味な微笑みを浮かべる忠実。

一方、大きく水をあけられた為義は、忠盛を妬むのみ。
そんな情けない為義を、源氏が凋落したのは父上のせいだ、と責める義朝。
ふがいない父のせいで、武士の存在感を思い知らせたくても、土俵にすら立てない・・・

息子に詰られた為義は、平氏と源氏の関係を利用としようとする忠実に、殿中で暗殺することをそそのかされます。
為義の企みを知ってそれぞれ駆けつける義朝と清盛。対峙する忠盛と為義を幕間から見守ります。

「法に背いてわしを斬ったところで源氏が力を取り戻すことは出来ますまい。」
「わしの身はどうなっても、源氏は忠実様がお守り下さる。」
「人をあてにしても、いつまで庇護が続くかわからぬぞ。」

父、義親は忠盛の父、正盛に殺された。

「次はわしがお前を撃つ。そうせねば、我嫡男、義朝はこの先ずっと報われぬ。
わしが義朝にしてやれることは、これしかないのだ。」

斬りつける為義。本身を抜いて立ち向かう忠盛。

「忠実様には、忠盛が抜刀した故、闇討はできなかったと申すがよい。」

「そなたはどうするのじゃ。本身を帯びて昇殿し、その上抜刀したなどと伝われば、ただではすむまいぞ。」

「為義、斬り合いとなれば、源氏と平氏もおわりぞ。
源氏と平氏、どちらが強いか、それはまた先にとっておくことはできぬか。
その勝負は、武士が朝廷に対し、充分な力を得てからでもいいのではないか。」

忠盛殿、いったい何を考えておられる。

「わしは王家の犬では終わりたくないのだ。」

初めて父の想いを知る清盛、義朝・・・二人の息子。

また忠盛にしてやられた、とうなだれる為義に義朝は。
「やられればよいのです。父のやられた分は、私がやり返します。父上がやられるほどに私は強うなる。強うなって、きっと、父上をお守りいたします。」
「お前に守ってもらうほど老いてはおらぬは。」

この親子の行く末を思うと、はや、涙が・・・

清盛も、朝、父が出てくるのを待って、声をかけます。いつから王家の犬では終わりたくない、と考えていたのかと。

「それはな、清盛。お前を我が子として育てると決めた時からだ。わしの心に揺らぐことのない軸ができたのだ。」

自分の存在が、父の心の軸を作った。
子としてこれほど嬉しい言葉はないでしょう。
今まで、貰い子であることを引け目に感じ、平氏の中に居場所がないと思っていた清盛。
しかし、今、父の口から、自分の存在を全肯定されたのです。
この言葉が清盛の軸になるかもしれません。

照れ隠しに、帯刀して昇殿した挙句、その上抜刀までしたことを詰る清盛。源氏の棟梁に告げ口されたらどうなさるおつもりなのですか。

「為義殿は告げ口などはせぬ。そもそも帯刀などはしておらぬしな」
と、刀を見せる忠盛。それは銀箔を塗った木立だった。

「しかし、まさか為義殿が本気で斬りにくるとは、考えなんだがなぁ。冷や冷やした。
清盛。お前が思う以上に殿上は面白きところぞ。」

社会に出て、改めて親父のでかさを思い知り、その父より大事に思われていることを告げられて、影なく高らかに笑う清盛。

.

自分の生き様で、息子を導く。
今回は、ひたすら忠盛が格好良かったです。
肝が座っていて隙を見せないただずまい、しかも舞いもうまい。へなちょこ貴族よりよほど高貴に見えました。

「最後から二番目の恋」といい、自分の中では、ただ今中井貴一さん株が絶賛急上昇中です。

ドラマ的にも、満座の中で恥をかかされるも動じないシーン、そして為義との対峙は見応えがありました。
コヒさんの為義の情けなさが、また、良いんです。

今回の清盛は傍観者的ポジションでしたが、社会に出て戸惑い、親父の背中を見て成長していく様子が効果的に描かれていたと思います。

一方、息子が父を守る・・・忠盛、清盛とは対照的に描かれていた為義、義朝親子。
こちらはこちらで、そこはかとなく哀れで、しみじみと心に残りました。

そして無事な忠盛を見て、「まこと太い男よ」とうそぶく忠実に象徴される、陰謀渦巻く貴族界。
白塗りの國村さんが不気味で、素敵。

フィクションは交えてますが、歴史の中に生きる人物たちを重層的に生き生きと描いていて、面白かったです。
キャスティングもはまっていて、今のところですが、久しぶりに"人間"をきちんと描いた大河になっているように思います。
スパンが長いので、好不調の波はあるでしょうが、これからもこの調子で頑張って欲しいです。

※過去の記事中、為義の名を間違って書いていたのに気がついたので、訂正しました(汗)。

.

.

01 02 03

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 恋愛ニート~忘れた恋のはじめ方~ Lesson2 | トップページ | 海賊戦隊ゴーカイジャー 第48話 「宿命の対決」 »

△大河:平清盛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平清盛 #04「殿上の闇討ち」:

» 大河ドラマ「平清盛」 Vol.4殿中の闇討ち [Refreshing-wind-blows※別館※]
【送料無料】平 清盛 前編 (NHK大河...価格:1,100円(税込、送料別) 【送料無料】2012年NHK大河ドラマ「平...価格:980円(税込、送料別) 【送料無料】 西行と清盛価格:1,575円(税込、送料別) 平 清盛 公式HP 平清盛 公式HP(広島放送局版)... [続きを読む]

» 平清盛 第4回 殿上の闇討ち [レベル999のgoo部屋]
『殿上の闇討ち』 内容 長承元年。その胸の内に秘めたる想いとは裏腹に、 鳥羽院(三上博史)を守る“北面の武士”となった清盛(松山ケンイチ) とはいえ、その職務には待賢門院璋子(檀れい)の警固をするなど、 思わぬ仕事もあり、悶々とした毎日を送っていた。 「何が...... [続きを読む]

» 平清盛「殿上の闇討ち」 [のほほん便り]
“北面の武士”となった清盛クン(松山ケンイチ)なれど、まだまだ十代前半のおこちゃま。そのオシゴトには、待賢門院璋子(檀れい)の警固もあり、歌に関しても風情も理解がなく「濡れる」を、オネショと勘違いしてしまう始末 (^^;) そんな中、文武両道。イケメンで、歌の指導までして周囲を感心させる佐藤義清(藤木直人)なぞ、清盛クンには、面白くありません。 また、鳥羽院からの信頼厚い父・忠盛(中井貴一)が、武士として初めて“殿上人”の仲間入りして、一同は喜びますが、その現実は厳しく、舞を待っている最... [続きを読む]

» 平清盛 #4 殿上の闇討ち [シフォンなキモチ]
今年の大河は面白いわー。いや、まじで、これ見ない人はもったいないよ! 今日も、忠盛パパ無双!でした。いやはや、なんとも器の大きい親父様です。 鳥羽上皇への寄進がはんぱなくて、平家ってもの凄く羽振りがいいのがわかりましたねー。地味にしてるけど、金は持ってるよと。 清盛は北面の武士になっても、まだまだお子ちゃまw 義清みた... [続きを読む]

» 平清盛、父子の絆!! [函館 Glass Life]
今回は親子の絆がテーマでしたね。 王家に取り入り殿上人の仲間入りを果たした忠盛 そんな忠盛に表面上反抗する清盛でしたが、忠盛 の真意を目の当たりにしてようやく親子の絆がhellip; 一方の源氏はhellip; 北面の武士にも取り立てられず腹いせに父・為...... [続きを読む]

» 「平清盛」第4回〜百人一首80番「長からむ 心も知らず 黒髪の〜」 [世事熟視〜コソダチP]
『平清盛』第4回「殿上の闇討ち」 前作『江〜姫たちの戦国』が残念すぎる大河だったので、『平清盛』の濃密さに圧倒されるのですが、一方で、今のところ物語的には目に見える大きな動きがなく、じっくり見ると面白いけど、パッと見には辛気臭さを感じなくもないですねぇ・・・。 登場人物の心象風景を描いた概念的・抽象的な部分や、階級闘争にまつわる陰気で内向きの展開が多い中、時折エネルギッシュなセリフがあったり、”中井貴一”らの力演があるのがアクセントになってますね。 あとは、玉木 宏、藤木直人のイケ... [続きを読む]

» 【平清盛】第4回感想と視聴率&濡れ場で視聴... [ショコラの日記帳]
第4回「殿上の闇討ち」の視聴率は、前回の17.2%より少し上がって、17.5%でした。『平清盛』、視聴率が低迷しているので、NHK上層部での議論の末、最近、NHKお得意のエロ化路線を採用。... [続きを読む]

» 【平清盛】第4回感想と視聴率&濡れ場で視聴率UP? [ショコラの日記帳・別館]
第4回「殿上の闇討ち」の視聴率は、前回の17.2%より少し上がって、17.5%で [続きを読む]

» 「平清盛」 第4回 [to Heart]
脚本 藤本有紀 演出 柴田岳志 制作統括 磯智明 音楽 吉松隆 語り 岡田将生 出演 松山ケンイチ/中井貴一/上川隆也/伊東四朗/藤木直人/玉木宏/豊原功補/佐戸井けん太/藤本隆宏/三上博史/檀れい/りょう/和久井映見/小日向文世/國村隼 第4回 「殿上の闇討ち」 17.5% 朝廷...... [続きを読む]

» 〔NHK大河ドラマ〕平清盛 第4回「殿上の闇討ち」 得長寿院が汚い!と言うべからず。 [こちら、きっどさん行政書士事務所です!]
平忠盛が建立した 「得長寿院 観音堂」に鳥羽上皇が訪れるんだけど 「落成したばかりなのに汚い!」 と明日あたり井戸敏三兵庫県知事がまた噛み付いているかも? もう今は「得長寿院跡」と言う石碑しか残っていないので 同規模と言われる蓮華王院本、つまり 「三十三間堂... [続きを読む]

» 〔NHK大河ドラマ〕平清盛 第4回「殿上の闇討ち」 落成したばかりの得長寿院が汚い!と言うべからず [しっとう?岩田亜矢那]
平忠盛が建立した 「得長寿院 観音堂」に鳥羽上皇が訪れるんだけど 「落成したばかりなのに汚い!」 と明日あたり井戸敏三兵庫県知事がまた噛み付いているかも? もう今は「得長寿院跡」と言う石碑しか残っていないので 同規模と言われる蓮華王院本、つまり 「三十三間...... [続きを読む]

« 恋愛ニート~忘れた恋のはじめ方~ Lesson2 | トップページ | 海賊戦隊ゴーカイジャー 第48話 「宿命の対決」 »

作品一覧