2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 恋愛ニート~忘れた恋のはじめ方~ Lesson1 | トップページ | 海賊戦隊ゴーカイジャー 第47話 「裏切りの果て」 »

2012年1月22日 (日)

平清盛 #03「源平の御曹司」

公式サイト

1132年、清盛(松山ケンイチ)の弟・平次(大東駿介)は元服し、家盛と名を改めた。そのころ清盛は、西海(瀬戸内海)で鱸丸(すずきまる:上川隆也)ら郎党とともに無頼の日々を送っていた。自称船の警護役として海賊と戦い、取り返した食物を盗まれた漁民に返していたのだ。しかし、賊と間違われた清盛は捕らえられて京に連れ戻されてしまう。(公式サイトより)

しかし、平氏の力でもって清盛と鱸丸のみはすぐに釈放されます。

前回より3年立っています。
複雑な生い立ちからくる平氏での微妙な立場から逃げたい御曹司の、精一杯の反抗、といったところでしょうか。

貴族の御曹司が、女性の取り合いなど、つまらぬ意地の張合いで、喧嘩相手の舎人の家を打ち壊したり、果ては袋叩きにして殺してしまうことなど、そう珍しくなかった平安時代。(※参考文書:「殴り合う貴族たち」)

西海で海賊退治ごっこなど、可愛いというか、精神的には健全というか。退廃的な空気に毒されていない武士の子らしい反抗期のように思いました。

我が子、義朝を北面の武士に任命してもらうよう掛け合うも、相手にされない源為義。
一方、鳥羽上皇から直々に清盛を北面の武士にするよう命じられる忠盛。
亡き白河法王のお気に入りだった忠盛の忠誠心を測ろうとする上皇の思惑あってのことで、平氏のために断るわけのいかない命令です。

「王家の犬などになりたくはない。野良犬になる」
ま、清盛が素直に聞くわけもなく。
そんな清盛を、何も言わずにじっと見守る忠盛。

鬱屈した気持ちを抱えた清盛は、捉えられたままの自分の郎党を助けるべく牢を破る、という荒業に出ます。
ところが、逃がした郎党がよりにもよって上皇の一行の前に迷い出てしまってので、大騒ぎに。

何とか事件をもみ消した平氏。
清盛は自分が責任を取る、と言いますが、ここで初めて忠盛が叱責します。

民を守っておったと。まこと民を守っておったと思うか。
その賊はお前が退治した海賊たちだ。お前たちの恨みから、徒党を組んで村を襲ったのだ。

「よいか。浅知恵で押さえつけたものは、必ず浅知恵でやり返してくる。それで傷つくのは、弱き民だ。お前は民を守ってなどはおらぬ。お前がしたことは賊と同じだ。
それでもお前がこうして生きておられるのは、平氏一問がお前を守っておるからだ。
かように赤子同然のものが、如何にして一人で責めを負うと申すのじゃ。」

愕然とする清盛。それでもなお、一人だけ罪を逃れてのうのうとはしていられない、と呟くと、かねてより清盛の、氏の長としての資質に疑問を抱いている忠正が、どこの馬の子とも知れぬ子を棟梁にすることはない、縁を切れ、と面と向かって言います。
家盛という子を産みながら、血の繋がらぬ清盛に継がす、正妻、宗子が可哀想だとも。

しかし、忠盛はきっぱりと、跡継ぎは清盛であると言い切ります。夫を支持する宗子。
家盛も、父、母のために行いを改めて欲しいと訴えます。

倒れかかる宗子に近づこうとするも、先に弟が駆け寄ったため、何もできぬ清盛は、この愁嘆場から逃げていきます。
それもこれも、全て自分のせい。

以前、競べ馬での勝負をふっかけられていた義朝に、今度は無理矢理勝負を挑みます。
義朝は、ライバルだと思っていた清盛があまりにもガキなことがわかったので、がっかりしていたのですが。

勝負は、清盛の完敗。

「俺はどうしようもない男じゃ。赤子のように守られておるともしらず、思い上がって一人で生きているつもりになって。
俺は、何もできないつまらない奴だ。
平氏の元にいなければ野たれ死ぬしかない弱き野良犬じゃ。
俺などいらぬ。」

泣きながら愚痴る清盛を義朝は叱咤します。

俺は見ていた、舞いを舞う男を。
白河院を斬らんばかりの異様な殺気をみなぎらせて。
そいつに勝ちたくて今日まで三年、武芸を磨いてきたのだ。

「武士は王家の犬だと申したな。それは違う。武士が王家を守ってやっているのだ。きっとそうだ。いつか思い知らせてやるつもりだ。武士がおらねば、王家は何もできぬと。」

そのために北面の武士なることを望んだけれども、叶わなかった。

「だが、まこと、最も強き武士は源氏だ。貴様のような情けないものを抱えた平氏とは違う。それがわかって今日は気分がいい。」

源義朝なくして平清盛なく、平清盛なくして源義朝はなかった

.

と、いうことで、"好敵手"の出会いと、如何に自分がぼんぼんだったかを思い知らされ、少し成長していく清盛を描いたお話でした。

前回も含め、この頃の清盛を演じるには松山さんが年をとりすぎているのでは、という意見もあるようですが、悩める清盛を演じるのはやはり松山さんでないと、と思わすものがありました。駄々っ子かつ純なミドルティーンに見えましたし。(ま、前回は多少若すぎたかもしれませんが;;)
このあたり、清盛が平氏の棟梁、ひいては武士の立場を自覚していく話を、子役さんが演じると、今後の清盛像に説得力がなくなるだろうと思います。
年齢のことを言い出したら、鳥羽上皇(初登場時は15才前後のはず)を筆頭にきりがないかと。

・・・年齢については去年で大分耐性ができているのかもしれません(汗)。今シリーズは忠盛をはじめ宗子など、キャラのバランスがいいように思うので、気にしないようにしてしています。

そうそう鳥羽上皇と言えば。

院の中宮、璋子をちらりと見かけ、心惹かれるる北面の武士、佐藤義清、のちの西行が登場しました。
西行が璋子に心惹かれた、という伝承は事実かどうか怪しいそうですが、お話としては面白い。だから広まったのでしょう。

何といっても、院に面と向かって「叔父子」としらっと言う璋子さんが、高貴なる不気味さを発揮していて、素敵でした。
こういう魑魅魍魎的な人物が続々出てくると、お話に厚みが出るかと。
期待しています。

.

.

.

01 02

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 恋愛ニート~忘れた恋のはじめ方~ Lesson1 | トップページ | 海賊戦隊ゴーカイジャー 第47話 「裏切りの果て」 »

△大河:平清盛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平清盛 #03「源平の御曹司」:

» 平清盛 第3回 源平の御曹司 [レベル999のgoo部屋]
『源平の御曹司』 内容 白河院が世を去り。鳥羽上皇(三上博史)が権力を握り始め、 白河院に代わり院政を敷き始める。 同じ頃、弟・平次(大東駿介)が元服し“家盛”となるが、 兄・清盛(松山ケンイチ)からは、月1度の文のみ。 父・忠盛(中井貴一)らに呆れられてい...... [続きを読む]

» NHK大河ドラマ『平清盛』第3回「源平の御曹司」 [よくばりアンテナ]
やんちゃな清盛は家を出て、手下を従え 海賊たちを追い払い、取り返した食糧を民に分けていた。 親に頼らず1人で生きていると思っていた。 思いっきり平家に反抗して、 とんがっちゃったりして、ヤンキ...... [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」 Vol.3源平の御曹司 [Refreshing-wind-blows※別館※]
【送料無料】平 清盛 前編 (NHK大河...価格:1,100円(税込、送料別) 【送料無料】2012年NHK大河ドラマ「平...価格:980円(税込、送料別) 【送料無料】 西行と清盛価格:1,575円(税込、送料別) 平 清盛 公式HP 平清盛 公式HP(広島放送局版)... [続きを読む]

» 「平清盛」第3回〜藤木直人登場。玉木宏らのイケメン大河は、薄汚くない。 [世事熟視〜コソダチP]
『平清盛』第3回「源平の御曹司」 西海で鱸丸(上川隆也)ら郎党とともに無頼の日々(平安フリーター生活?)を送っていた清盛(松山ケンイチ)は、海賊と戦い、取り返した食物を盗まれた漁民に返していた・・。 清盛「弱いものイジメするんじゃねぇよ。」と海賊退治。 海賊とのアクションに少し時間を取ってもらうと鬱憤晴らしになるのに、なんだか食い足りないまま先に進んじゃった・・・。 −◆− あらま。清盛らが賊と間違われて京に連れ戻されちゃった・・・。 清盛をはじめ、みんな一段と薄汚れてるなぁ。 ... [続きを読む]

» 平清盛 #3 源平の御曹司 [シフォンなキモチ]
今年の大河は面白いわー。たまちゃん、酷すぎ!いくらなんでも、鳥羽上皇かわいそすぎ・・・。面と向かって、「あなたの子じゃないけど、かわいがって(はぁと)」はないっしょ! もう、堀河の局も可哀想すぎるw さぞや胃が痛いであろう・・・。そういえば、後の西行こと佐藤義清が北面の武士で登場!イケメンっぷりを発揮しましたね 我らが... [続きを読む]

» 「平清盛」 第3回 [to Heart]
脚本 藤本有紀 演出 柴田岳志 制作統括 磯智明 音楽 吉松隆 語り 岡田将生 出演 松山ケンイチ/中井貴一/上川隆也/伊東四朗/藤木直人/玉木宏/豊原功補/佐戸井けん太/藤本隆宏/三上博史/檀れい/りょう/和久井映見/小日向文世 第3回「源平の御曹司」 17.2% 1132年、清盛(...... [続きを読む]

» 平清盛、源平の争いは百済と新羅の争い?? [函館 Glass Life]
画面が薄汚いとクレームがついたようですが、時代背景 からするとあたらずも遠からずでは 天皇家や摂関家と虐げられていた武士との対比を強調す る演出もあるような気もします 自分の思うがまま生きているつもりの清盛ですが、平氏 の力に庇護されていた事にようや...... [続きを読む]

« 恋愛ニート~忘れた恋のはじめ方~ Lesson1 | トップページ | 海賊戦隊ゴーカイジャー 第47話 「裏切りの果て」 »

作品一覧