2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 2011年12月の読書 その1 | トップページ | 最後から二番目の恋 第1回「寂しくない大人なんていない」 »

2012年1月15日 (日)

平清盛 #02「無頼の高平太」

公式サイト

感想のみ書きます。

平氏の血を引いていないにも関わらず、嫡男として扱われることに鬱屈を感じる平太は、反抗期真っ盛り。
そんな平太を、好きにするがいい、と突っ放すも、清盛が、自分のことを武士だと言うのを聞いて密かに喜ぶ忠盛。
何を言っても今の平太には届かない。自分で何かをつかむのを見守る、という感じです。
しかし、清盛を可愛く思っている忠盛を見る宗子の表情は複雑・・・。

後の信西、高階通憲、そして藤原家成が登場。家成は宗子の従兄弟なんですね。
重い流れのなかでいいアクセントになっていました。

元服して清盛を名乗ることになった平太。
白河法王の出した殺生禁断令に背いて漁をし、捉えられてしまった幼馴染の鱸丸の父を助けるために、白河法王に会いに行きます。

”親子”の対面です。

我が子に、忌むべき存在として生まれてきたことを、そのために非業の死を遂げた母のことを伝える白河法王の妖怪じみた振る舞い。
そして、そんなもののけのような彼の血を引くことを突きつけられた清盛。
見応えのあるシーンでした。

人々に殺生を禁じることで、仏の慈悲を得ようとする白河法王。
平安末期の退廃の世を謳歌する一方、そんな生き様の業の深さに密かにおののく複雑な人物像が先週、今週のわずかな時間でしっかり描かれていたと思います。
であるからこそ、清盛の苦悩も伝ってくる。

清盛が自分の中に流れる、禍々しい血とこれからどうやって向き合っていくのか。
久しぶりに大河で、鬱屈した想いを抱く、立体的な主人公を観たような気がしました。

一昨年の龍馬は、最初の頃こそ様々なコンプレクックスを持ってたけれども、だんだんスーパンマン化していったというか、悟りをひらいた人のようになっていったため、ドラマに歪が生まれしまったように感じたのですが、今回はどうでしょうか。

武士の息子が貴族の前で舞いを踊る。
コネも必要だし、下準備など、莫大なお金がかかったでしょう。
それが可能なくらい、忠盛は貴族に取り入っており、大金持ちだったそうです。
源為義が悔しがるのも無理はありません。
義朝が爽やかに登場しました。清盛とは対照的です。

祖父の愛人と知りつつ、璋子に惹かれる鳥羽上皇と、人形のようにその愛を受け入れる璋子。退廃っぽいです。
この鳥羽上皇を中心とした政治的駆け引きがドロドロと描かれそうで、こちらも楽しみです。

なお、白拍子は、単なる遊女ではなく、特に貴族の前で踊るほどの人は高い見識を持っていて、男装麗しいアイドル的な存在だったそうです。

父のようにはならない。面白く生きる。

貴族の番犬に徹する父に反発する清盛。
青春の彷徨はまだまだ続きそうです。

.

.

01

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 2011年12月の読書 その1 | トップページ | 最後から二番目の恋 第1回「寂しくない大人なんていない」 »

△大河:平清盛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平清盛 #02「無頼の高平太」:

» 平清盛 第2回 無頼の高平太 [レベル999のgoo部屋]
『無頼の高平太』 内容 忠盛(中井貴一)に引き取られ育てられた平太(前田旺志郎)は たくましく成長。。。。。。。。。平太(松山ケンイチ)となっていた。 賭場荒らしなどをして“無頼の高平太”と呼ばれていた。 忠盛の弟・忠正(豊原功補)は、平氏の嫡男としてはふ...... [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」 Vol.2無頼の高平太 [Refreshing-wind-blows※別館※]
【送料無料】平 清盛 前編 (NHK大河...価格:1,100円(税込、送料別) 【送料無料】2012年NHK大河ドラマ「平...価格:980円(税込、送料別) 【送料無料】 西行と清盛価格:1,575円(税込、送料別) 平 清盛 公式HP 平清盛 公式HP(広島放送局版)... [続きを読む]

» 「平清盛」第2回〜もののけ王子・清盛が舞を奉納 [世事熟視〜コソダチP]
『平清盛』第2回「無頼の高平太」 平太(松山ケンイチ)がサイコロとかして遊びまくっている京の町は、道路が舗装もされていないので汚いですねぇ。 清盛ら登場人物も、まるで何日も風呂に入っていないように汚れています。 きっと上下水道も整備されてないんでしょうねぇ・・・って、こんなの平安時代末期だから仕方ない。 でもね、町や人が汚れていたら「画面が汚い。鮮やかさのない画面ではチャンネルを回す気にならないというのが第一印象」「うちのテレビがおかしくなったのかと思うような画面だった」「時代考証は... [続きを読む]

» 平清盛、生類憐みの令!! [函館 Glass Life]
ドラマのテンポが意外と速く、見ていても飽きさせないように 作られているような感じがします 今回は高平太の元服がメインだったのでしょうね 高平太とは高下駄を履いて闊歩する平氏の御曹司の意味だと思 うのですが、忠盛が実子でもない清盛にはたして平太と命名す...... [続きを読む]

» 平清盛 #2 無頼の高平太 [シフォンなキモチ]
マツケン登場です!いきなり、賭場から始まりますが、まだ12歳の設定です。成長しすぎだw とにかく、反抗期真っ只中の平太くんです。 まさに、盗んだバイクで走り出す年頃・・・。「俺は誰なんだー!」と叫ぶと「誰でもよーいっ (タスケテ)」って間の抜けた声が!! 平太の作った落とし穴に嵌っていた高階通憲さん、いや、いい味出して... [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」 第二話 [西徂庵]
#「無頼の高平太」 [続きを読む]

» 平家の野性児 〜平清盛・無頼の高平太〜 [早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常]
清盛の幼名についてはよく分かっておらず、 この物語では平家の太郎という意味の『平太』という名前になっている。 従四位の官位をもらっている父・忠盛と違い、清盛は12歳まで朝廷から官位を持たず、高下駄...... [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」 第二話 [西徂庵]
#「無頼の高平太」 [続きを読む]

« 2011年12月の読書 その1 | トップページ | 最後から二番目の恋 第1回「寂しくない大人なんていない」 »

作品一覧