2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 家政婦のミタ #10 | トップページ | 坂の上の雲 3-#03「敵艦見ゆ」 »

2011年12月17日 (土)

専業主婦探偵~私はシャドウ 第9回 最終回

原作:「私はシャドウ」粕谷 紀子(集英社文庫)

公式サイト

原作は連載当時に読んでいました。

武文(藤木直人)と泰介(小日向文世)の話を立ち聞きしてしまった芹菜(深田恭子)は、二年前の出来事が武文を苦しめていたのだと知って責任を感じ、姿を消していた。そんな芹菜の前に現れた武文は浮気を謝罪するが、夫婦の間に出来てしまった深い溝を認めざるを得ない芹菜…。そんな二人の前に、ある人物から捜査を依頼されたという陣内(桐谷健太)が現れる。

一方、ひばり証券では吸収合併の噂が広まったせいで、社長が役員を召集し、取締役会を開いていた。新山常務(遠藤憲一)の背任行為を暴こうとする泰介との直接対決が始まる。
一人で答えを探していた芹菜は、ある情報を得て、変装し車を飛ばしていた。「必ずあなたを救い出すから、信じて待ってて…」芹菜が助けに向かうのは、武文か陣内か!?

以上、公式サイトのあらすじをそのままコピペしました。
時間の都合で感想のみ書きます。

まず、上記のあらすじに突っ込み。

芹菜が助けに向かうのは、武文か陣内か!?

っていうのは、おかしくないかな?
今回、そんな風に思えたシーンはありませんでした。

妻に浮気を告白して謝罪し、一緒に働いた仲間を救うために危険を顧みない。
そんな武文の、実は「顔だけじゃない」二枚目っぷり、そして彼の救出しか描いていなかったと思います。

もう少し陣内にも危険が迫ると思っていたのですが、全然(苦笑)。
選択の余地のないお話でした。

千早がキーパーソンだったのは予想通り。そしてあっさりと去っていきました。
あっさりといえば、泰介も改心してました。釣り堀あたりまでは真っ黒だったのに。

その他色々突っ込みどころはあるのですが、一番ガクっときたのは、初回のオープニング・シーンと繋がっていないように思えたこと。

公式サイトの「相関図」にも使われている、あの芹菜のポーズはいったい何だったのかな?子供の”水鉄砲”で持ごまかしたような気がしました。

そのため、展開が公式のあらすじと微妙に違うことも併せて、空中分解してしまったような印象を受けてしまいました。
十島が途中退場したのが、話が違う方向に向かうターニングポイントだったのかもしれません。うまく動かせなかった、もしくはその余地がなくなったというか。
ラストのサプライズも、芹菜と陣内の絡みを減らしたための帳尻合せのようにも思えました。十島の再登場、ドレスアップした徳丸など、楽しかったけれども。

フミくん、フミくん、と言っていた芹菜が急に大人っぽい表情で
「夫婦って全部知らない方がいいのかもね」
と言うまで。
そしてそんな芹菜に慌てる武文・・・芹菜の成長、そして夫婦の絆が深まるまでを描いた話として筋は通っていたと思うので、残念です。

とはいえ、深田さん、藤木さん、桐谷さん、石田さんなど、キャストの魅力で毎週楽しく見れました。後味は悪くないドラマだったと思います。

特に、以前にも書きましたが、深田さんをとっても可愛く撮っていたのが好印象。ヒロインは魅力的でないとねっ。

で、桐谷さんの陣内。
バカ奥様、と悪態をつきながらも、実は純情、という美味しい役をいい具合に軽く、格好良く、切なく演じてられました。
原作を知っているので、ひょっとしたら、もしや、と期待はしたのですが、やっぱり藤木さんの年季の入った二枚目オーラには敵わなかったのね。そりゃそうかぁ・・・(_ _);;

原作関係なく、「陣内」の、ちょっとコミカルなハードボイルドを見てみたいです。

以上、何か思いついたら追記するかもしれませんが、とりあえず、直後の感想をば。

.

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 家政婦のミタ #10 | トップページ | 坂の上の雲 3-#03「敵艦見ゆ」 »

#ドラマ:2011年第4クール」カテゴリの記事

□専業主婦探偵~私はシャドウ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 専業主婦探偵~私はシャドウ 第9回 最終回:

» 専業主婦探偵〜私はシャドウ 第9話(最終回) [レベル999のgoo部屋]
『最終回!私が救いたいのはあなた!』 内容 自分が武文(藤木直人)を苦しめていたと、姿を消した芹菜(深田恭子) だが武文は、ある思い出の場所を思い出し。。。向かったところ。。。いた。 そこは、2人にとって思い出のガソリンスタンド。 驚く芹菜だったが、、、...... [続きを読む]

» 「専業主婦探偵〜私はシャドウ」第9話(最終回)〜小日向vsエンケン、低燃費対決!? [世事熟視〜コソダチP]
「専業主婦探偵〜私はシャドウ」第9話 出来のいいドラマじゃないから、もはや真面目に感想を書く感じでもない・・・。 泰介(小日向文世)と新山常務(遠藤憲一)の対決を見てると、新型ムーヴのCM『燃費調査委員会・小日向 vs 研究所長・遠藤憲一』を連想せずにいられない。 「TNP27」 「嘘だ〜〜!」 「ウソじゃない!」 ひばり証券内のゴタゴタを絡めたストーリーは、専業主婦探偵・深田恭子の活躍の場を閉鎖空間に限定しちゃう傾向になってしまって、失敗だったと思います。 −◆− フミ... [続きを読む]

» 専業主婦探偵~私はシャドウ 第9話(最終話) [ドラマハンティングP2G]
「最終回!私が救いたいのはあなた!」 2011.12.16 O.A 武文(藤木直人)と泰介(小日向文世)の話を立ち聞きしてしまった芹菜(深田恭子)は、二年前の出来事が武文を苦しめていたのだと知って責任を感じ、姿を消していた。そんな芹菜の前に現れた武文は浮気を謝罪するが…... [続きを読む]

» 専業主婦探偵 私はシャドウ [AKIRAのドラマノート]
最終回の感想 [続きを読む]

» 「専業主婦探偵〜私はシャドウ」 第9話 最終回!私が救いたいのはあなた! [トリ猫家族]
  いや〜ん!(ノ)´∀`(ヾ) いいラストだったんじゃないですか〜? 陣内が寂しい感じで終わらなくて良かった・・・(TwT。) 芹菜は陣内と文君にとって永遠の女神だね・・   ... [続きを読む]

» 専業主婦探偵~私はシャドウ - 深田恭子 藤木直人 桐谷健太 [新ドラマQ]
専業主婦探偵~私はシャドウ 金曜 22:00 TBS 2011年10月21日~ [キャスト] 深田恭子 藤木直人 桐谷健太 古田新太 芦名星 遠藤憲一 石田ゆり子 小日向文世 ほか [スタッフ] 原作:粕谷紀子『私はシ...... [続きを読む]

» 別館の予備(探偵シャドウ&FAIRY TAIL) [スポーツ瓦版]
12月18日 探偵シャドウ&FAIRY TAIL 下記TBアドレスの別館にTBして頂けると有難いです TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/11109322351/c708726f 別館で ... [続きを読む]

» 探偵シャドウ&FAIRY TAIL [別館ヒガシ日記]
探偵シャドウは遂に最終回なり 芹菜が最後は武文を助けたが 部長が武文を助ける予想通りも 部長が陣内を使う予想外も良く 最終回も全体的に良い思うけど 最後の尾行ドッキリ面白く 初回から全体で探偵は微妙... [続きを読む]

» 専業主婦探偵 私はシャドウ 最終回(第9話)の感想 [オタクと呼ばないで]
TBS系で放送された「専業主婦探偵 私はシャドウ」最終回(第9話)の感想ほか。この最終回を放送した日に、裏番組で「借りぐらしのアリエッティ」が放送されていたためにそちらを優先して視聴しました。このドラマの最終回は、録画を先ほど見たところです。まず、公式サイト... [続きを読む]

» 専業主婦探偵~私はシャドウ 最終回 [のほほん便り]
「下妻物語」や「ヤッターマン」で本領発揮!したよう、最初は、稀有なまでに何でも着こなせてしまう深キョン・七変化が楽しめるかな? と、探偵モノ、に、そちらを期待、したのですが、想像したより着せ替え度は低くて… (でも、男装は新鮮だった) それでも、フミ君(藤木直人)ラブの、脳天気若妻・深キョン、可愛い♪ですべて許せてしまうドラマでした。 サブタイトル「私が救いたいのはあなた!」 フミ君の浮気あり、会社の陰謀あり、しまいには、芹菜(深田恭子)パパ、泰介(小日向文世)までブラックになった... [続きを読む]

« 家政婦のミタ #10 | トップページ | 坂の上の雲 3-#03「敵艦見ゆ」 »

作品一覧