2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« カーネーション・不定期観測メモ 第12週「薄れゆく希望」 | トップページ | 2011年12月のまとめ<2011年秋クールのドラマ・まとめ> »

2011年12月28日 (水)

初めての海外旅行でロンドン一人旅。 その19:2日目の夕暮れ

前回から大分時間が経ってしまいました・・・大分にも、ほどがある(汗)。
途中で止めるのは「日記」としてもいかがなものか、と思うので、年末年始で完結したいと思います。
.
.

帝国戦争博物館を出たのは午後4時くらい。

ここまではプランを立てていたのですが、後は何も決めていなかったので、博物館の入り口にあるバス停留所によって、地図を眺めながら思案していると、欧州系の中年のご婦人に・・・道を聞かれてしまいました(汗々)。

さすが国際都市。どこから見てもアジア系の自分に道を尋ねるとは、いい度胸(違)。

日本だったら、外国の人に道を聞くなんてありえない。ロンドンという街の懐の深さのようなものを感じました。中国系の方も多いですしね。
あわてて、「ワタシモ ナニモ ワカリマセン」みたいなことを言うと、がっかりしてられました。ごめんなさーい。

それで、なんとなくその場に居づらくて、バスを待たずに、来た道を少し戻り、北へ進んでウォータールー駅の方へ行き、ウエストミンスター通りを西へ曲がりました。

Photo_3

 
そのまま行けばウェストミンスター橋。橋を渡ればすぐに国会議事堂とウェストミンスター寺院。
つまり、「その17:ニュー・スコットランドヤード周辺散策」で書いたあたりへ戻るわけです。
それでは面白くないので、橋を渡らずにテムズ河沿いに北へ。

Photo_4

ウェストミンスター通りから次の橋、ハンガーフォードまで。間にはロンドン水族館があり、河沿いは公園になっていました。有名な大観覧車、ロンドン・アイもここにあります。

ここで、昼食をまだ食べていないことと、かなり疲れていることに気がつき、ウェストミンスター通りの方にファーストフード店がいくつかあったことを思い出して、途中でいったん戻りました。

ナショナル・ポートレート・ギャラリーのような失敗はしたくない、の一心で何軒か物色。
で、入店したのが「YO!Sushi」。
回転寿司のチェーン店です(爆)。

Yo

システムは全く日本と同じ。なので段取りはわかっているので、一人で入っても大丈夫!しかも比較的安い!

内装は「なんちゃって東洋」。
別注のボタンを押すと派手なジングルがなるのにはびっくり。
英国人が経営者だということは、後で知りました。

でも、でも・・・お皿がベルトコンベアーに乗って回っている、お皿の色で値段がわかる、写真つきのメニューがある!しかも日本語が書いてある!

何にも話さなくってもいいんです!

後で、ロンドンを訪れた日本人の間では、あまり高い評価を得られていないことを知りましたが、この時はまさしく天の助けでした。

食べたのは、サーモンのお刺身、海草サラダ、ギョウザ。
お寿司は前夜の経験で懲りていたので、パスしました。
サーモンのお刺身はかなり一般的なようです。醤油はキッコーマン。
海草サラダは中華風味、ギョウザはカレー味、パサパサしてて、サモサのようでした。
で、飲み物は・・・アサヒドライのビンビール。実にうまかったです(爆)。

Photo

サモサ(wikipediaより引用)

ふっと一ひと息つきながら、カウンターの中を見ると。
白い制服を着た様々な肌の色の若い人たちが、透明のビニールの手袋をし、恐る恐るピンセットでネタをつまんで、寿司飯の上にのっけてました・・・食べなくて良かった(汗)。

お会計の方法は日本と同じ。一皿2.2ポンド、この頃で約300円くらい、ちょい高め?アサヒビールの瓶は1本4.75ポンド、665円・・・安い。
若いアフリカ系の店員さんが愛想かったのに、なごみました。

お店を出たら、もう夕暮れ。午後5時を過ぎていたと思います。

1

逆光で撮ったので実際より暗くなってしまいました。実際は

2

まだこのくらい。どちらにもビックベンが写っています。

.

その18:帝国戦争博物館
その17:ニュー・スコットランドヤード周辺散策
その16:ナショナル・ポートレート・ギャラリー
その15:2日目、オイスターカードを買う、そしてバス停へ
その14:ロイヤル・ナショナル・ホテル(後)
その13:ロイヤル・ナショナル・ホテル(前)
その12:ピカデリーラインに乗る。
その11:ピカデリー・ライン・・・ヒースロー空港駅
その10:ドーハ→ヒースロー空港
その9:ドーハ空港
その8:関 空→ドーハ
その7:関空
その6:持って行ったもの
その5 :観光プラン3
その4:観光プラン2
その3:観光プラン1
その2:渡 航費用など。
その1:プロローグ
その0:帰りました。

« カーネーション・不定期観測メモ 第12週「薄れゆく希望」 | トップページ | 2011年12月のまとめ<2011年秋クールのドラマ・まとめ> »

☆初めてのロンドン旅行」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ~♫
いや~ロンドンにも回転寿司があるんですね。
しかも日本語のメニュー・・・海外旅行中だとかなりほっとするでしょうね。
ネタとかパサパサなんじゃ?とかトンデモないネタがあるんじゃとか思いますが、わりかし普通でしたか?
スーパードライ、さぞ美味しかったことでしょう。
日本みたいにお茶作れる蛇口とかあるのかな・・
しかし、毎回思いますがLargoさん、度胸ありますね~((*´∀`*))旅を満喫されてるのが伝わってきて、読んでると楽しいです。

きこりさん こんばんわっ。

楽しんでいただけて、嬉しいです(^^)
回転寿司、ツナ系などがメインで日本のように魚の種類は多くありませんでしたが、メニューはわりかしまともでした。
ご飯類はがっかりするのが恐くて頼めませんでしたが。

蛇口・・・あー、しまった。どうだったかなぁ。ビールに気を取られて忘れてしまいました。(大汗)
ビールだけは口頭で注文しなきゃけなかったので、緊張したためだと思います(^^;;

次回、いや、その次くらいには、ずっと以前にお尋ねがあったホテルの空調について書けると思いますm(_ _)m

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初めての海外旅行でロンドン一人旅。 その19:2日目の夕暮れ:

« カーネーション・不定期観測メモ 第12週「薄れゆく希望」 | トップページ | 2011年12月のまとめ<2011年秋クールのドラマ・まとめ> »

作品一覧