2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 家政婦のミタ #7 | トップページ | 蝶々さん~最後の武士の娘~後編 簡単感想 »

2011年11月25日 (金)

蝶々さん~最後の武士の娘~前編 簡単感想

   

原作:市川森一「蝶々さん」上下(講談社文庫)

公式サイト

原作・脚本:市川森一/演出:清水一彦/製作統括:佐野元彦、谷口卓敬/音楽:村松崇継
出演:宮崎あおい、伊藤淳史、西田敏行、池脇千鶴、戸田恵子、ともさかりえ、藤村志保、奥貫 薫、岩松了、高橋由美子、本田博太郎、余 貴美子、伊武雅刀、川平慈英、イーサン・ランドリー、パトリック・ハーラン、野田秀樹

原作未読です。

リアルタイムで観たのですが、感想を書くのがすっかり遅くなってしまったので、簡単に。
もう、明日後編が放映されますし(汗)。

野田さんの若い時が伊藤さんかぁ・・・と、ちょっとツッコミそうになりましたが、NHKらしい落ち着いた映像で、じっくり観れました。

豪華なキャスト、そして長崎ロケやセットなどの映像の美しさが魅力的で、初めはそちらに気をとられたのですが、お話を振り返ってみると、お蝶、ちょっとあの時代の「売られた娘」としては優遇されすぎてないか?などというイジワルな感想も抱いてしまいました。

遊郭の養女となったお蝶。
周りにいる、身を売られて遊女となった女たちが、お茶、お花、はては女学校行まで約束されたこの少女のことをどう思っていたのかが、気になりました。
ドラマでは皆がお蝶に好意的だったように描かれていましたが。

武士の出だから身分が違う、と初めから嫉妬心すら抱かなかった・・・ことはないですね、武士の出で遊女になった人はいただろうし。不運な絹も、芸者とはいえ、元武士の娘。
身を犠牲にしたみわ、やえの娘、ということで特別視されたのだろうか。
それとも、人望厚い女将のマツが見込んだ娘として、リスペクトしていたのかなぁ。
などと、色んなことを考えてしまいました。

そういった事プラス、お蝶の純な性格、持って生まれたオーラ、そして学問を続けたい、という一途な思いが人の心を打った、ということなのだろうと、なんとなく納得しつつ観ました。小公女的ストーリーにこんなツッコミを入れるのもどうかな、と思いつつ(^^;;
宮崎さんのお蝶はキリっとしていて、はまっていたと思います。

高橋さんの、見るからに水商売あがりの崩れた感じを漂わすおたかと、蝶々の祖母、母の壮絶な死に方が印象に残りました。

amazonの原作紹介によるとですが、少女時代の割合がかなり多いみたいです。
そのままドラマ化したら、前編のほとんどが子役か、もしくは「江」状態になったのかな(苦笑)

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 家政婦のミタ #7 | トップページ | 蝶々さん~最後の武士の娘~後編 簡単感想 »

#ドラマ:SP」カテゴリの記事

#ドラマ:2011年第4クール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蝶々さん~最後の武士の娘~前編 簡単感想:

» 土曜ドラマスペシャル『蝶々さん〜最後の武士の娘』前編 誇りの代償 [レベル999のgoo部屋]
『誇りの代償』 内容 昭和11年。東京・歌舞伎座。 「蝶々夫人」というオペラを真剣なまなざしで見つめる谷川伊作(野田秀樹) 舞台が終わり、休んでいたところ、 ジョー(川平慈英)という男が伊作に声をかけてくる。 伊作が、モデルとなった女性のことを知っていると...... [続きを読む]

« 家政婦のミタ #7 | トップページ | 蝶々さん~最後の武士の娘~後編 簡単感想 »

作品一覧