2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« ステキな隠し撮り~完全無欠のコンシェルジュ 簡単感想 | トップページ | 南極大陸 第四話 »

2011年11月 7日 (月)

海賊戦隊ゴーカイジャー 第37話 「最強の決戦機」

公式サイト

今回も前後編です。
先週とは一転して、シリアスな展開に。

ついにアホぼんのお父上ザンギャック皇帝が、黒い輪郭のみで登場。ラスボスは安売りしない、というところでしょうか。
不甲斐ない息子に、「これを使えば誰でも勝てる@ダマラス」という最強の武器、グレートワルズを贈ります。
ダマラスたちに軽く見られている。アホぼんはアホぼんなりの自覚があったのね。
負けた事がない、という偉大な父を持った二代目のプレッシャーとコンプレックスを払拭するために、自らグレートワルズに乗り込みます。
バリゾーグは、唯一忠実な部下だったんだ。いつも無口で無表情(当然か;;)なのでわかりませんでした。

さて、地球では連戦連敗ですが、それも小競り合いでのこと。最終的にザンギャックが負けたことがない、ということは、対抗勢力が勝った事がない、ということです。

地球侵略に手こずっているのはワルズ・ギルの責任なのか、ゴーカイジャーが上手なのか、ってことですね。
組織的に言えば、トップが責任をとらされるパターンではありますが、行動隊長たちもかなりアホだったしなぁ(苦笑)。

ゴーカイジャーは皆、サンギャックに負けた者ばかり。
特にリーダーのレッドさんは、自らの体験から、軽々しく「地球を守る」とは言えません。
本当に守る、ということはどういうことなのか。
ザンギャックが本気を出してきたら・・・

勝った事がない、というのは重たいです。
まだ負けた経験のない地球人の銀色君には理解しがたいこと。

本気を出して攻勢をかけてきたアホぼんのグレートワルズは強いです。でも、微妙にフラグがたった?
ブルーさんとバリゾークも最終決戦?

一気に畳み掛けてきました。
アホぼん、そしてバリゾークにもまだまだ活躍して欲しいのですが・・・まだそんなに活躍していない気がするので。

.

.

#1 #2 #3 #4 #5 #6 #7 #8 #9 #10 #11 #12 #13 #14 #15 #16 #17 #18 #19 #20 #21 #22 #23 #24 #25 #26 #27 #28 #29 #30 #31 #32 #33 #34 #35 #36

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« ステキな隠し撮り~完全無欠のコンシェルジュ 簡単感想 | トップページ | 南極大陸 第四話 »

△特撮:海賊戦隊ゴーカイジャー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海賊戦隊ゴーカイジャー 第37話 「最強の決戦機」:

» 海賊戦隊ゴーカイジャー 第37話 最強の決戦機 [レベル999のgoo部屋]
『最強の決戦機』 内容 ザンギャックとの戦いのあと、マッハルコンから、 “ゴーカイジャーの大いなる力”について問われ、 答えに窮するマーベラス(小澤亮太)たち。 そのころ 差し向けたスゴーミンが、再び負けてしまったと怒るワルズ・ギルのもとに、 父である皇帝ア...... [続きを読む]

» ゴーカイジャー「最強の決戦機」 [blog mr]
 残り三ヶ月というところで、話が少しずつ核心に。アイムもお疲れのようだし。  真に守るとは何か。今の彼らは、単に毎週、行動隊長を撃破しているだけ。今まで、ザンギャックに勝った奴はいない。  バカ息子は俄然やる気に。ダマラスにも、俺をバカにしてるんだろう、と口答えする。そういやバスコちゃんと何かしてたもんねぇ。  グレートワルズは比較的細身なのでゴーカイオーとの対比がよい。ワルズアローを下から映す、というのもかっこよい。  親衛隊がまた妙にバカっぽいのが楽しい。  五人を強制射出、船と運命を... [続きを読む]

« ステキな隠し撮り~完全無欠のコンシェルジュ 簡単感想 | トップページ | 南極大陸 第四話 »

作品一覧