2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 南極大陸 第三話 | トップページ | 11人もいる! 第2話 »

2011年11月 1日 (火)

専業主婦探偵~私はシャドウ 第2回

原作:「私はシャドウ」粕谷 紀子(集英社文庫)

公式サイト

原作は連載当時に読んでいました。

簡単に感想をメモっておきます。
金土日はドラマラッシュで、大変(汗)。

探偵の極意がフミくんの心を取り戻すすべ、と思い込んだ芹菜が陣内の事務所に押しかける冒頭。
助手を雇う余裕はない、という陣内に、お金なんかいりません、欲しいのは文くんの心、と芹菜。

芹菜のボケっぷりと陣内の「おいおい」という感じ、そして見守る十島のやりとりがテンポ良く描かれていました。

そこへ、失踪した息子を探して欲しいとの依頼主が訪れます。
息子は30歳、司法書士試験を9度も落ちており、自信を喪失しているらしい。
そのため三日後に行なわれる試験もから逃げているのではないか、と、母親。試験はいいから、とにかく無事でいて欲しい。

こういうお客さんには無愛想な陣内より、井戸端会議的に話を進める芹菜の方が合っているようで、そのことは陣内も認めざるおえない。芹菜を見習いとして、依頼主の息子、義彦を探すことに。

広島物産展でバイトをしていることを聞き込んだ二人は、会場に行きますが、そこで大阪に出張に行っているはずのフミくんと新山部長のデートを見てしまいます。
しかもフミくんは楽しそうに笑っている・・・

芹菜の前ではあんなに楽しそうに笑ってくれないのに。
新婚当時は笑ってくれていたのに。
ショックをうける芹菜。

二人を追いかけようとしますが、ディスプレイを壊してしまい、ブンカッキーに助けられます。そのブンカッキーこそが、探している義彦でした。
しかし芹菜は義彦ではなく、武文と新山部長の方を追いかけてしまいます。おいおい(苦笑)。

武文が新山部長に近づくのは、というより、接近を許すのは、芹菜の父、泰介の指示のようです。
家では酔えない、というのは、泰介の存在があるのでしょう。酔えなくなった、というべきなのでしょうか。だとしたら泰介は、かなり罪なことをしているかと。
しかし、自分に会いに来てくれたと思いきや、夫の常務取締役とともに帰宅する新山部長を見る武文の眼差しは、泰介の指示、という以外の感情がこもっているような、ないような。

新山部長も、本当は武文に会いに来たのに、夫と鉢合わせしたので咄嗟に切り替えたのか、それとも、武文をじらそうとしたのか。
双方に大人な駆け引きがありそうで、わかりましぇん(汗)。

武文と新山部長の複雑そうな関係を描くのに比重が置かれていて、主人公の芹菜の存在が、義彦探索を含めて、薄かったように感じました。
ま、二人から全く無視されてもなお、フミくんを連呼する芹菜が痛く感じることも含めて、プロセスは違いますが、原作通りのテイストではあります。原作のテイストに忠実なら、あまり笑える話ではありません。
でも、原作を読んでいなくて、深田さんのはじけっぷりを期待していた人には、物足らなかったかもしれない、と。

うーん、義彦の話(ドラマ・オリジナルです)が、芹菜を成長させるためのエピソードでしかなかったのが、ドラマとしては、薄く感じたのかもしれません。
「逃げてちゃだめ」と、義彦に言った言葉がそのまま自分に跳ね返ってくるシーンは良かったのですが。

しかし芹菜の活躍はこれからです。
「いつもの服ですが」は、ナイスでした。
右折もできるようになったし。
少しずつ成長して、周囲を驚かせて欲しいものです・・・って多分そうなるはず。

実は、陣内の出番が少なかったので残念だったりしてます(^^;;
電話で「ミナミの帝王」を思い出しました。

第1話

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 南極大陸 第三話 | トップページ | 11人もいる! 第2話 »

#ドラマ:2011年第4クール」カテゴリの記事

□専業主婦探偵~私はシャドウ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 専業主婦探偵~私はシャドウ 第2回:

» 専業主婦探偵〜私はシャドウ 第2話 [レベル999のgoo部屋]
『出張という名の不倫』 内容 夫・武文(藤木直人)を取り返すため、芹菜(深田恭子)は決心する。 「わたし、探偵になります!」 意味がサッパリわからない陣内(桐谷健太)だが、芹菜に押し切られてしまう。 同じ頃、武文は昨夜のことに動揺していた。 いきなり上司...... [続きを読む]

» 「専業主婦探偵〜私はシャドウ」 第2話 出張という名の不倫 [トリ猫家族]
 右折できたじゃん!!(゚◇^d) 文くんも笑顔で褒めてくれたよ! なんだろう・・・おばちゃん、感動しちゃった。 深キョンは決して上手い女優さんとは思わないけど(スマン!)、 ... [続きを読む]

» 探偵シャドウ&FAIRY TAIL [別館ヒガシ日記]
探偵シャドウは右折OKも 行方調査&嘘出張で 行方捜して成長だが 嘘出張の方は良い感じで 調査&出張の絡め方が不満も 義父が旦那に常務の妻の様だ... [続きを読む]

» 別館の予備(探偵シャドウ&FAIRY TAIL) [スポーツ瓦版]
10月30日 探偵シャドウ&FAIRY TAIL TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/11061853221/f1c4b4ee [続きを読む]

« 南極大陸 第三話 | トップページ | 11人もいる! 第2話 »

作品一覧