2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 仮面ライダーフォーゼ #08「鉄・騎・連・携」 | トップページ | カーネーション・不定期観測メモ 第3週「熱い思い」 »

2011年10月24日 (月)

南極大陸 第二話

原案:北村泰一「南極越冬隊タロジロの真実」(小学館文庫)

公式サイト

簡単に印象をメモります。

まず疑問から。

いくら時代が違うとは言え、出発してから越冬するかどうかを決めるのは乱暴だなぁ、と思いました。
そういう計画ならば食料とか衣服だとか、用意していくものがあるはずだし。
ドラマだけの設定なのかどうなのか。
あまりに気になったので、まだ読んでいませんが、原案となった本を買ってしまいました(汗)。

それから二度の台風シーン。
ほとんど沈没する寸前に見えました。
あんなに浸水しても、無事だったのね。

横峰さん、双子誕生、おめでとうございます。
でも、台風のシーンと出産のシーンとのカットバックは、いらなかったように思いました。
加えて。横峰の妻の手を握る美雪のシーンは、わざとJINとダブラせたのでしょうか?
だったら逆効果だったような気がします。

さて、疑問や突っ込みはここまで。

プロローグだった前回に比べ、船と言う密室に閉じ込められた主要人物たちを描いた今回は、ドラマとしてまとまりがあって面白かったです。

反抗的な者、しり込みをする者、気を使う者、押しが強い者、気が弱い者。
サブ・キャラにもスポットライトがあたってきたので、独唱だったのがコーラスになってきた、という感じです。

ちょっと先に突っ込みはしましたが(汗)、船の構造上、暴風雨の影響をまともに受けてしまうシーンも迫力がありました。こういう困難を経て、まとまっていく男たち。

色々とベタといえばベタなのですが、こういう男っぽいドラマがあってもいいんじゃないかな、と思いました。

実はプロローグを見ても、南極へ行くことが、当時の日本にとってどれだけ意味があったのかがもう一つ掴めなかったのです。

しかし、初めて南極大陸を目の当たりにした時の高揚感は、伝わってました。
ですので単純に冒険物語、として楽しめそうな気がしてきました。
先週書いたような今までのドラマと重なる印象も、白い大陸を見た瞬間に払拭されたような気がします。

今後もしばらくは男臭いお話になるはず。楽しみです。

ただ・・・日本の家族のシーンの入れ方は、なくてもいい、などとは言いませんが、もう少し工夫して欲しいと思います。

.

.

第1話

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 仮面ライダーフォーゼ #08「鉄・騎・連・携」 | トップページ | カーネーション・不定期観測メモ 第3週「熱い思い」 »

#ドラマ:2011年第4クール」カテゴリの記事

□南極大陸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南極大陸 第二話:

» 南極大陸第二話 [徒然”腐”日記]
携帯から一言つか書いてたら強烈な睡魔に教われはっと気付いた時にはログを間違って消してたから(泣)今回、半分以上台風やら低気圧やらで大変なシーンばかりあんまり凄かったもんで... [続きを読む]

» 南極大陸 第2話 [レベル999のgoo部屋]
『到達!南極大陸』 内容 南極へ向けて出航した“宗谷”と観測隊。 その直後、白崎隊長(柴田恭兵)に星野(香川照之)が“越冬”を懇願する。 だが、向かっている先が接岸不能の地と言うこともあり、 遭難もありうる場所であると、白崎は許可しない。 倉持(木村拓哉)もま...... [続きを読む]

» 南極大陸 第2話 [ドラマハンティングP2G]
「到達!南極大陸」10月23日 日曜よる9時 10分拡大スペシャル 昭和30年代。戦後10年を過ぎた頃、地質学の研究者・倉持岳志 (木村拓哉) は、日本が失いかけた自信を取り戻すため、「 南極観測 」 実現に向け奔走する。幾多の難題にぶつかるが、日本の未来に大きな夢と希望…... [続きを読む]

» 【南極大陸】第2話感想と視聴率&タイアップ商品 [ショコラの日記帳・別館]
第2話の視聴率は、前回の22.2%より下がって、19.0%(関東地区)(関西は1 [続きを読む]

» 別館の予備(南極大陸&WJ46号) [スポーツ瓦版]
10月25日 南極大陸&WJ46号 TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/11056040336/7c93ca55 [続きを読む]

» 南極大陸&WJ46号 [別館ヒガシ日記]
南極大陸は到着したけど 誰か死ぬ思ったら皆が無事で 色々と災難あり結束の展開し 越冬が決定も立往生して 災... [続きを読む]

» 「南極大陸」第2話〜突然のゲリラ台風で「宗谷」大揺れ。キムタク大活躍。 [世事熟視〜コソダチP]
TBS開局60周年記念ドラマ 「南極大陸」第2話 南極観測船 宗谷 第一次南極観測隊 日曜劇場「南極大陸」パッケージ【ハセガワ】【1/350プラ...価格:4,299円(税込、送料別) 鮫島(寺島進)がツンデレ。突然の嵐で『宗谷』がえらい目に遭う。犬塚(山本裕典)とジロが溺れそうになったけど助かった。横峰(吉沢悠)に死亡フラグが立つが死なずに双子に恵まれた。キムタクの大演説などが功を奏して越冬が許可された。南極に着いた。 それだけの話です・・・なんてことを言っちゃうと身も蓋もなくなっちゃ... [続きを読む]

» 《南極大陸》★02 [まぁ、お茶でも]
<自立した日本を世界に示すため 未知の大陸 南極へと  旅立った「宗谷」は南シナ海を南下していた> 昭和31年 11月 南シナ海 長い航海中、倉持達犬班は、廊下を犬を連れて散歩していた。かなり揺れて皆、船酔いがひどかった。そんな毎日のことだが、犬塚は、毎回タロに逃げられた。 ... [続きを読む]

» 《南極大陸》★02 [まぁ、お茶でも]
<自立した日本を世界に示すため 未知の大陸 南極へと  旅立った「宗谷」は南シナ海を南下していた> 昭和31年 11月 南シナ海 長い航海中、倉持達犬班は、廊下を犬を連れて散歩していた。かなり揺れて皆、船酔いがひどかった。そんな毎日のことだが、犬塚は、毎回タロに逃げられた。 ... [続きを読む]

« 仮面ライダーフォーゼ #08「鉄・騎・連・携」 | トップページ | カーネーション・不定期観測メモ 第3週「熱い思い」 »

作品一覧