2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 仮面ライダーフォーゼ #06「電・撃・一・途」 | トップページ | 神様の女房 第2回 »

2011年10月11日 (火)

「マルモのおきて」スペシャル・簡単感想

連続ドラマとほとんど同じスタッフ、キャストでのスペシャル。
実母のあゆみやあけぼの文具の人々も、出番は少しですが、皆登場してました。ムックはまだ喋れるんですね。

連ドラ当時にあまりはまれなかったので、今回のスペシャルも、そこそこ面白かった、という感じ(汗)。

夏休みの子供たちを描いたシーンは、葡萄園の少年の、ちょっと古風な面立ちもあって、ノスタルジックで面白かったです。

河童に会いたくて、水辺を探索子供たちは、その度に危ない、と怒られます。
確かに河童が出そうなところは、子供によっては危険な場所なんだろうなぁ。

・・・なのに、子供たちだけを、川に呼んだことがどうしても納得できなくて。

その上、家の近所じゃないですよね?どうやって行ったんだろう?
視聴者が護の計画を知っているとは言え、子供たちにとっては河童に会いに行くのは大冒険だと思うのですが・・・なんかもったいない設定のように感じました。

クジラのおやっさんが倒れたからという理由で、護と双子たちを引き離す設定にも無理を感じたり・・・もう少し護と双子に話を絞っても良かったのでは・・・

連ドラの時に感じた強引さと雑さを、今回も感じてしまいました。
でも、テレビだと、このくらいゆるい方が丁度いいのかなぁ。

護と彩はいい感じになってきました。真島、可哀想。
芦田さん、鈴木さんが子役でおられるうちは、続編が作られそうな気がしますが、どうでしょう。

.

.

#1 #2 #3 #4 #5 #6 #7 #8 #9 #10 最終回

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 仮面ライダーフォーゼ #06「電・撃・一・途」 | トップページ | 神様の女房 第2回 »

#ドラマ:SP」カテゴリの記事

#ドラマ:2011年第4クール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「マルモのおきて」スペシャル・簡単感想:

» マルモのおきて スペシャル [レベル999のgoo部屋]
『薫と友樹、友だちの願いをかなえるためにカッパさがしの大冒険  マルモがいつか結婚して子どもができても、  薫と友樹のことをずっと好きでいてね 内容 再び、亡き親友の双子・笹倉薫(芦田愛菜)友樹(鈴木福)、喋る犬ムックと 暮らすことになった高木護(阿部サ...... [続きを読む]

» マルモのおきて スペシャル [のほほん便り]
マルモのおきて、夏休みバージョン。 護の大学の後輩、大輔(林泰文)が経営する山梨のぶどう園に遊びに出かけ、そのファミリーとの交流… 途中、居酒屋「クジラ」の主人。陽介(世良公則)が倒れたと連絡が入り、護は双子を残して、東京に戻りますが、大事には至らず留守してる間 薫(芦田愛菜)と友樹(鈴木福)は、行き先の子供達、翔太(矢部光祐)と菜々(清水詩音)と、すっかり仲良しに。でも、その両親は、ちょっと複雑な時期で、 「ぶどう戦士パープルフォー」、可愛かったですね。カッパを信じて冒険&... [続きを読む]

« 仮面ライダーフォーゼ #06「電・撃・一・途」 | トップページ | 神様の女房 第2回 »

作品一覧