2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 塚原ト伝 第4回「一拍子の太刀」 | トップページ | 海賊戦隊ゴーカイジャー 第36話 「相棒カイゾク」 »

2011年10月30日 (日)

江 姫たちの戦国史 第42話

公式サイト

大坂冬の陣のお話でした。

数で勝る徳川軍に大坂城への籠城に追い込まれる豊臣軍。
秀忠の提案で和睦を申し出るも、頑なに拒否する淀君。

ところが真田幸村の挑発にのった徳川軍は、戦況が一転するかもしれぬ損害を受けます。
対する家康は、大坂城に通じる穴を掘らせ、天守閣、淀君や秀頼たちの居住区を砲撃。
やむなく和睦を受けます。
豊臣方の使者には淀君のたっての願いで初こと常高院が立ちます。徳川方は家康の側室、阿茶局。

和睦の条件は堀の埋め立てが含まれていました。
しかし徳川に押し切られて、条件以上の部分まで、徹底的に埋め立てられてしまいます。

裸同然となってしまった大坂城。

父の進める策略を見ているしかなかった秀忠は、江戸に帰るなり、崩れ落ちるようにして江に詫びます。

結局、淀君の、ヒステリックではありますが、家康は信用できない、という言葉が正しかったことになりました。
淀君が、秀頼を大将として兵士の前に立たせなかったのは、誰も信じていなかったからなのでしょうか。
二度の落城と、その折々に身内を亡くしてきた淀君の心中やいかに。

一方、幸せな幼児期をすごした、美しく力強かった城が、無残に変わり果てていく姿を見つめる秀頼。
お忍びで会いにきた秀忠の、城を出られよ、という説得を、自分は大坂城そのものである、と断る姿が印象に残りました。

江は、江戸で福と角つきあっていました。今後への伏線ですな。

江がワープしなくなったと思ったら、将軍・秀忠が大坂城内にワープ。(汗)
江戸城でもみんなの目の前で崩れ落ちたり・・・脚本家さんは江と秀忠に何か恨みでも?(苦笑)

老いの一徹で追い詰める家康、滅びゆく豊臣方の描写は見応えがありました。

というわけで、来週は豊臣家の最期です。

.

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 第21話 第22話 第23話 第24話 第25、26話 第27話 第28話 第29話 第30話 第31話 第32話 第33話 第34話 第35話 第36話 第37話 第38話 第39話 第40話 第41話

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 塚原ト伝 第4回「一拍子の太刀」 | トップページ | 海賊戦隊ゴーカイジャー 第36話 「相棒カイゾク」 »

△大河:江」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 江 姫たちの戦国史 第42話:

» 江〜姫たちの戦国〜 第四十二回 大坂冬の陣 [レベル999のgoo部屋]
『大坂冬の陣』 内容 秀忠(向井理)や江(上野樹里)の願いむなしく、 家康(北大路欣也)は豊臣との開戦を決断する。 そして慶長19年11月。。。。大坂冬の陣が開戦。 徳川勢は、徐々に大坂城へと追いつめていき、ついに籠城戦となる。 真田幸村(浜田学)の動き...... [続きを読む]

» 江 -姫たちの戦国- 第42回「大坂冬の陣」 [あしたまにあーな]
いよいよ大詰めを迎え、歴史上名高い「大坂の陣」の一つである大坂冬の陣が始まりました。江があまり登場しなくなって物語から離れると面白くなるというのはなんだか寂しい話です。今回も江は江戸城で祈るばかりであり、竹千代に対してものすごい形相でしかる母の姿くらいが今回の最大の見せ場でした。 一方で淀を演じる宮沢りえと秀頼を演じる太賀は、迫真の演技をみせまるで物語の主人公ではないかと思えるほどの存在感を示しています。今まで大坂城を出たことがないという秀頼に対して、城を出てほしいと願う秀忠。本当に時の将軍がこのよ... [続きを読む]

» 大河ドラマ「江」/姫たちの戦国 Vol.42大坂冬の陣 [Refreshing-wind-blows※別館※]
【送料無料】歴史街道 2011年 02月号 [雑誌]価格:630円(税込、送料別) ↑ 内容は歴史街道 HP 【送料無料】お江の方と春日局 江 公式HP 江 公式HP(大津放送局版) 第42回「大坂冬の陣」 【あらすじ】 慶長19年(1614)... [続きを読む]

» 「江〜姫たちの戦国」第42回〜主役の上野樹里ちゃん、出番は5分ほど・・・。 [世事熟視〜コソダチP]
『江〜姫たちの戦国』 第42回「大坂冬の陣」 今回の主役・江ちゃん(上野樹里)の出番を整理。 まず最初は、OP曲が終わって、江戸城。 江(上野樹里)は江戸城に残る家臣たちに「これより先は、大坂からもたらされる、ありとあらゆる知らせを私のもとに届けよ」と命じて、大坂城にいる姉や娘の身を案じるなど、ここまで『約45秒』の出演。 次は、竹千代と国松が剣術の訓練をしている場面。 江ちゃんが目をやると、竹千代が国松に向かって「そなたは豊臣じゃ、豊臣など滅びればよい!! えい!!」と木刀... [続きを読む]

» 大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第42回... [徒然”腐”日記]
昨夜は観られなかったんで先程昼ごはん食べながら観ました江あらすじは大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」公式サイトから慶長19年(1614)11月、いよいよ大坂冬の陣が始まった。 江戸城... [続きを読む]

» 江「大坂冬の陣」 [blog mr]
 冒頭、「情報隠すと大坂行くぞ」と宣言する江に笑う。脅迫だよ、それじゃ。また随分と自虐的な台詞回しにしたもんだ。  今回も男臭い話。  秀志が随員に変装して敵地に乗り込む、というシチュエーションは好きである。江がうつったのか、という意見もあるやもしれんが。  弱音を吐く淀はいいが、秀頼の台詞にもうちょっとシャープな山が欲しかった。豊臣の長である彼にとって大坂城が全てなのかもしれないが、「城を出たら死ぬ」では単にひ弱なおぼっちゃんという印象を持ってしまう。  一対一の会談に入る直前、秀志が呼び止め... [続きを読む]

« 塚原ト伝 第4回「一拍子の太刀」 | トップページ | 海賊戦隊ゴーカイジャー 第36話 「相棒カイゾク」 »

作品一覧