2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« それでも、生きていく #11 最終回「光の方に向って・・・」 | トップページ | 江 姫たちの戦国史 第36話 »

2011年9月17日 (土)

陽はまた昇る 第9話 最終回

公式サイト

突っ込みまくっているので、ご注意下さい。

.

まず。
はかなく命絶えた奈津美・・・安西は、奈津美が撃たれた状況を知らないままなのでしょうか。
あのままなんですか!?

辞職うんぬんについては・・・もう、ワケがわかりません。
脚本が井上さん、そしてこのキャスティング、ということで期待していたのに。
なんとラストにも再登場!の成宮さんの存在もぶっ飛ぶ粗いシナリオでした。

さて、以下、簡単にまとめ感想を書きます。

皆さんが書かれているように2時間ドラマに納めるか。
もしくはいっそのこと昔のスクールドラマのように半年以上続ければ、面白くなったかもしれません。
だったら、逃避行にも時間がそれなりに使えて、バランスがとれたかもしれないかな、と。
あれだけ生徒のキャラを細かく設定してあったのに(公式参照)、ほとんど生かせてなかったのが、もいったいないです。
最後の別れのシーンも中途半端だったですし。

もったいないといえば佐藤さん、三浦さん・・・。
特に佐藤さん。
ひたすら主人公を格好よく描こうとするストーリー、そして主人公を目立たせるためだけに配置された脇キャラ。
緻密さもなく、粗くても勢いがあるわけでもない。そうなってしまったのは、キャストの方々の負うべきことではなく、製作サイドの意識の問題です。

佐藤さんをヒーローにすべく描いていることが、ことごとく裏目に出てしまっていたような気がしました。

波岡さんが最後までいい人だったのが、救いでした。

そういうことを踏まえた上で熱演されていたキャストの皆さん、本当にお疲れ様でした。
皆さんの次回作に期待しています。

.

.

#1 #2 #3 #4 #5 #6 #7 #8

.

にほんブログ村 テレビブロ
グへ    Q_2

« それでも、生きていく #11 最終回「光の方に向って・・・」 | トップページ | 江 姫たちの戦国史 第36話 »

#ドラマ:2011年第3クール」カテゴリの記事

□陽はまた昇る」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ~
いや~終わっちゃいましたが、何か笑っちゃうような最終回でしたね。
なんか「金八先生」みたいだった~(´∀`;)
辞めた佐藤さんに電話して卒業式に来て下さいって・・
ありえんわ・・・
佐藤さんもアレだったけど、よくもARATA様の役をぞんざいに設定してくれたわね・・・って感じデスヨ。
広げすぎちゃったのか、なんなのか、生徒たちの関わり方も中途半端だったし、結局、また学校に戻ってくる佐藤さんも何だかなぁ・・って感じ。コレ、学校じゃなくて普通の刑事としての佐藤さんのアレにするか、教官としての姿を描くかどっちかにした方が良かったんじゃ・・・・
そして、こんなこと書いてるのに、副教の浪岡君の涙にもらい泣きした私っていったい・・・(笑

きこりさん、こんばんわ~。

>ありえんわ・・・
ほんとに、ありえんわっていうラストでした。(激爆)

>よくもARATA様の役をぞんざいに設定してくれたわね・・・って感じデスヨ。
もうね、キャラ設定が破綻してて・・・(涙)

警察学校って、今までにあまりない舞台なのだから、きちんと描いたら面白くなったと思うのですよ~。
警察学校ってどんなところ?という視聴者(というとり、私が;;)の要求に応えてなかったように思います。メロドラマを期待して観ていたわけではなかったし・・・
マニアックさが決定的に不足していた、というか。あー、もったいない。

>浪岡君の涙にもらい泣きした私っていったい・・・(笑
頑張ってたですよね。
他のキャストの皆さんには、お気の毒、という思いしか抱かなかったのですが、彼には、まずまず、良かったね、と思えました。
本文中にも書きましたが、ほんと、それが救いでした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204809/52746053

この記事へのトラックバック一覧です: 陽はまた昇る 第9話 最終回:

» 陽はまた昇る 第9話(最終回) [レベル999のgoo部屋]
『卒業〜さらば愛しき教官』 内容 安西(ARATA)による警察学校立てこもり事件は、 遠野(佐藤浩市)と訓練生達の活躍により、解決するかと思われた。 その矢先、SITが突入。。。。捜査員の銃弾が、遠野に命中する。 警察病院へ運ばれ、緊急手術が行われることに...... [続きを読む]

» 陽はまた昇る (第9話・最終回 9/15) 感想 [ディレクターの目線blog]
7/21からテレ朝で始まったドラマ『陽はまた昇る』(公式)の第9話・最終回『卒業~さらば愛しき教官』の感想。本年5/14放送の『最後の晩餐 ~刑事・遠野一行と七人の容疑者~』の続編。 こう言う卒業式を描きたいなら… あそこまで涙涙のお別れのシーンになるような崇高な授業があったとは思えないし、生徒たちがいきなり成長して驚いたが、登場人物がある回から突然成長してまとめるのが最近のドラマの流行らしいからしょうがない(苦笑) ただ、卒賞式を通して、タイトルの意味や描きたいことはだい... [続きを読む]

« それでも、生きていく #11 最終回「光の方に向って・・・」 | トップページ | 江 姫たちの戦国史 第36話 »

作品一覧