2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« それでも、生きていく #09「心はどこにある?」 | トップページ | 2011年8月のまとめ~夏クールドラマの中間報告その2 »

2011年9月 3日 (土)

陽はまた昇る 第7話

公式サイト

今週の発売の「週間TVガイド」掲載の来週の粗筋と被っています。1話少なくなったのでしょうか?でも、視聴率は今期の中では良い方なので、方向転換したのでしょうか?

さて。

安西を不運な男と見るか、勘違い男と見るか。
警察学校が安西ただ一人に乗っ取られるのをスリリングと見るか、警察学校なのになんて迂闊な、と見るか。
逃避行パートと警察学校のパートが絡み合って盛り上がってきた、と思うかどうかを含めて、すべて好みでしょうね。

単なる学校ものにはしないぞ、という作者の意図はわかるのですが。

いつも笑顔の警察官にないたい、と言いつつ高校生たちにボコボコにされる宮田。
一方、不審尋問で発砲した上、取り逃がす警察官。警察学校を舞台にした話なのに。
もう、無理やりです・・・

その他、キャラの動かし方、編集を含めて、すべてに大雑把な作りのドラマだなぁ、という印象でしか見れなくなってきました。
あと2話。ここでリタイアするのも悔しいので、簡単でも、最後まで書きます。

.

.

#1 #2 #3 #4 #5 #6

.

にほんブログ村 テレビブロ
グへ    Q_2

« それでも、生きていく #09「心はどこにある?」 | トップページ | 2011年8月のまとめ~夏クールドラマの中間報告その2 »

#ドラマ:2011年第3クール」カテゴリの記事

□陽はまた昇る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204809/52632943

この記事へのトラックバック一覧です: 陽はまた昇る 第7話:

» 陽はまた昇る 第7話 愛と憎しみの銃声 [レベル999のgoo部屋]
『愛と憎しみの銃声』 内容 “取り調べ”の実習で、遠野教場の宮田(三浦春馬)ら訓練生たちは、 遠野(佐藤浩市)の苦しむ過去を知り、動揺を隠せなかった。 それでもそこに、1人の人間としての遠野を見て、 宮田らは遠野に信頼を向けようとしたが。。。。。 「ちょっ...... [続きを読む]

» 陽はまた昇る (第7話 9/1) 感想 [ディレクターの目線blog]
7/21からテレ朝で始まったドラマ『陽はまた昇る』(公式)の第7話『愛と憎しみの銃声』の感想。本年5/14放送の『最後の晩餐 ~刑事・遠野一行と七人の容疑者~』の続編。 好き嫌いの問題なのだが、私には期待外れな展開に… この1,2週間の遠野(佐藤浩市)の妻・奈津美(斉藤由貴)のくだりが中心の展開、好き嫌いと言うか、期待外れと言おうか。考えてみれば、SPドラマのスピンオフとすれば遠野が主役になるのは正当なのだが… 警官育成物語は何だったんだ? では、これまで... [続きを読む]

« それでも、生きていく #09「心はどこにある?」 | トップページ | 2011年8月のまとめ~夏クールドラマの中間報告その2 »

作品一覧