2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« ドン・キホーテ 第10話 | トップページ | 2011年9月の読書 その1 »

2011年9月22日 (木)

チーム・バチスタ3~アリアドネの弾丸 第11回 最終回 「さようならバチスタコンビ!殺人迷宮から救い出す…最後の謎」

原作:「アリアドネの弾丸」(海堂尊著/宝島社刊)

公式サイト

原作未読です。

先週の感想で「弁護団の二人。彼らが医療技術に長けていることはまだ描かれていないので、松崎を殺したとしたら、ちょっと後出しジャンケンぽいかなぁ。」って書いたら、見事に後出しジャンケンでした(苦笑)。

なので、自分の推理は大ハズレでした。あははっ。

時間も経っていますので、粗筋は省略して、感想のみ書きます。

連続殺人ねぇ・・・

20年前の事件を解決はしたのですが、「後出しジャンケン」のために、独立した事件のように感じてしまいました。
やっぱりこの人だったのかぁ、というガッカリ感もありましたし、彼の異常性が良くも悪くも印象的すぎたためかもしれません。
20年前の捜査ミスが、こう人物を野放しにしてしまった、ということを描いているのはよくわかりますが。

死因を正しく究明することが、次の犯罪を防ぐことになる。
それには、警察、法医学とAiなどの新しい技術の連携が不可欠である、ということを斑鳩に納得させるために用意された事件のように見えてしまったのが残念でした。

結局、宇佐見が暴走することもなく、斑鳩が宇佐見を抹殺することなく、会見で謝る"いい人"になり、島津が法医学チームと仲良くなって・・・ということで、八方丸くおさまりました。
でも、鳴り物入りで始まったAiセンターはどこへ?グッチーはまだAiセンター長なの?・・・Aiセンターが途中から前面に出なくなったので、竜頭蛇尾的印象は持ちました。

ま、この甘さがシリーズの持ち味だと思っているし、開始前に予想していたより、推理物としての骨格は構築されていたので、満足です。
ミスリードもしっかりしていて、途中、自分勝手な深読み推理が楽しめました。
元からグダグダなお話だったら、推理なんか楽しめませんから。

ラスト、宇佐見の扱いは甘かったですが、涙、涙で終わらさなかったのが、何より。

あまり馴れ合わないグッチーと白鳥のコンビの迷走しながらも鋭い推理(汗)、そしてなんといっても玉村の活躍が楽しかったです。

ひとつだけ合点がいかなかったこと。
それは島津に何もペナルティーが課せられなかったことです。

確かに法律で罰することができない行動ではありますが。
「未必の故意」という方法で復讐を遂げようとし、実行に移した彼の中の暗い部分はどうなったのでしょうか。
父親を殺されてしまったこととで相殺されたことになるのでしょうか。
全てが終わった後の島津自身の気持ちが描かれなかったのが不満でした。おずおずと笹井にあやまる表情だけで、すべて解決しちゃったのが。

.

.

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« ドン・キホーテ 第10話 | トップページ | 2011年9月の読書 その1 »

#ドラマ:2011年第3クール」カテゴリの記事

□チーム・バチスタ3~アリアドネの弾丸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

» チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸 (第11話・最終回 9/20) 感想 [ディレクターの目線blog]
7/12からフジテレビで始まったドラマ『チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸 』(公式)の第11話『さよならバチスタコンビ! 殺人迷宮からの救出』の感想。原作は未読。 最終回は、Aiセンター放置で、松崎殺人をスッキリ解決の巻… まず、あれだけ第8話位まで騒いでいたAiセンターのネタはどこへ行ってしまったのか?最後にチラッと斑鳩(高橋克典)の記者会見と白鳥(仲村トオル)の伝言で出ただけの印象。 その分、第8話から突然に話題の中心になった松崎事件は、予想通りの犯人役でスッキ... [続きを読む]

» アリアドネの弾丸 #11 [シフォンなキモチ]
やっぱり、真犯人は井野でしたね!! 怪しさ満点だったもんなぁ・・・。しっかし、美容外科の医師だったとは。塾講師は学生時代のバイトだったんですね。 笹井先生と宇佐美の逃避行(違うw)なかなかカッコいいぞ。膨大な資料の中から犯人を探り当てる2人。帽子のうさうさはかっこいいなー。純朴なオーボエの人と同一人物とは思えないわー[... [続きを読む]

» チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸 第11話(最終回) [レベル999のgoo部屋]
『さよならバチスタコンビ!殺人迷宮からの救出』 「さようならバチスタコンビ!殺人迷宮から救い出す…最後の謎 内容 田口(伊藤淳史)と白鳥(仲村トオル)は、 20年前から連続して“松崎事件”と同様の事件が起きていたことに気づいた。 そして10年前の事件で、斑鳩...... [続きを読む]

» ぬらり千年魔京&バチスタ3 [別館ヒガシ日記]
千年魔京は京都バトルだけど [続きを読む]

» 別館の予備(ぬらり千年魔京&バチスタ3) [スポーツ瓦版]
9月22日 ぬらり千年魔京&バチスタ3 TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/11020520934/3de25c3e [続きを読む]

» 《チーム・バチスタ3アリアドネの弾丸》☆最終話 [まぁ、お茶でも]
<Ai 死亡時画像診断。遺体をCTやMRIにかけること。  ずさんな死因究明制度に光を当てるべく設立した Ai センターを巡りこんな不可解な事件   が起こるなんて、誰が予想できただろうか。> 玉村が、マンション前の、監視カメラの映像を管理人から借りて来た。 映像は、宇佐美が笹井先生を拉致するところが映っていて、ショッキングだった。 そこへ電話が鳴った。田口が出ると、誰?と相手が聞いた。笹井からだった。 ... [続きを読む]

« ドン・キホーテ 第10話 | トップページ | 2011年9月の読書 その1 »

作品一覧