2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 「アイシテル」「アンフェア the special~ダブル・ミーニングー二重定義」 簡単感想 | トップページ | 「プロヴァンス物語 マルセルの夏」「プロヴァンス物語 マルセルのお城」 »

2011年9月29日 (木)

キングオブコント2011

以下、一お茶の間ファンの寸評です。
あくまで個人の好みですので、ご容赦くださいませ。
(以下敬称略です)

.
.

<1回目>

1.トップリード
タクシーネタ。綺麗にまとめていました。でも、思わず吹いてしまう、というところがなかったです。

2.TKO
マジックネタ。「ホボ・ブラジル」には思わず笑ってしまいました。でも、会場の点数は伸びませんでした。作りこみすぎたのかな?

3.ロバート
忍者お笑いコンビネタ。いきおいはありました。でもちょっと雑な気がして。うーん、自分にはそんなに面白いとは思えなかったです、ごめんなさい。プロから見たら、違うのでしょうね。

4.ラブレターズ
ラップネタ。ラップ、上手でした。でもこの種のネタばかりだと厭きられる?2本目が楽しみ。

5.2700
リズムコント。好みじゃないのでしょう、笑いどころが見つからず、印象に残りませんでした。

6.モンスターエンジン
戦隊ものネタ。松本のコメントじゃないけれども、好きにやってました(笑)。自分は笑えました。

7.鬼が島
あやつり人形ネタ。キモ怖い人形の表情とチャールストン風な音楽がうまくあっていて、新鮮。笑えました。

8.インパルス
脱獄ネタ。もう、インパルスの世界です。点数が高かろうが、低かろうが、関係ありません。

-------------
<1回目の順位と点数>

1.ロバート  942
2.2700  884
3.鬼が島  874
4.モンスターエンジン  843
5.インパルス  815
6.ラブレターズ  790
7.TKO  757
8.トップリード  750

去年もそうでしたが、TKOの点数が低すぎるような気がします。
はっきりいうと、会場にいる芸人さんたちが目指すコントではないのでしょう。
自分の中では、最下位はトップリード、一番面白かったのは鬼が島でした。
-------------
<2回目>

1.トップリード
セッカチで先の見える男・・・ネタ。発想もいいし、よどみなく演じているのですが、メリハリに欠けた気がしました。緊張のためか、間を詰めすぎたようにも思います。お客さんの呼吸をつかめなかった、というか。

2.TKO
「ポーランド」はウケました。1回目よりは妥当な点数が出たと思います。うまいんだけれどもなぁ。

3.ラブレターズ
授業ネタ。コボちゃんには笑っちゃいました。ツッコミの人の動きが、キレるスレスレのところをよく表現していたと思います。

4.インパルス
町工場ネタ。いつもの・・・と思ったら、堤下がかんじゃって、板倉がアドリブでフォローして、それが面白かったのですが。ネタが終わったあと、DT二人が突っ込めないほど気落ちしてました。それはそれでライブ・コンテストらしくって良かったと思います。完成されたインパルスの世界が少し歪んだところが。でも、これでウケるのは邪道なんだろうな。

5.モンスターエンジン
テーマパークのスタッフネタ。吉本新喜劇の定番ギャグを本気でいうと怖いのね(笑)。西森の弾けっぷりは見応えがありました。ラストの竹刀の「勢い余って」の撃ち方は賛否両論、てところでしょうか。自分は面白かったです。

6.鬼が島
ニシオカ中学校ネタ。途中までは良かったのですが、女子中学生が反撃し始めてから、急に世界がバラけてしまった感じがしました。彼らならではの世界から、芸人さんたちが集まって即興でやるコントのレベルまで落ちちゃったような。

7.2700
キリンとゾウ。これ、ゲームかなにかのパロディなんでしょうね。ゲームの類をしないので、全く笑えませんでした。松本曰く「おじいちゃん、おばあちゃん、完全無視」、はい、わたし、置いていかれました(笑)。でも、シュールな世界観は好きです。

8.ロバート
自動車修理工場ネタ。うーん、それほど新しくもないし、テンポが飛びぬけていいようにも思えなかったし・・・笑えませんでした。好みでしょうね。ロバートは好きなのですが。
-------------
<2回目の点数と総合順位及び点数>

1.ロバート  934 1875
2.2700  925 1809
3.モンスターエンジン  919 1762
4.インパルス  881 1696
5.鬼が島  805 1679
6.TKO  877 1634
7.ラブレターズ  798 1588
8.トップリード  765 1515

そいうことで、TKO以外はほぼ、2回目に出た得点通りの結果となりました。

自分の中ではモンエンが一番でした。

2700の高得点は、好みでしょう、わかりません。だって笑えなかったから。
しかし、芸人さんたちが見ると違うんでしょうね。新しい発想というか形が評価されたのかもしれません。

そういう意味では、完成されたTKOやインパルスは不利かも。
特にインパルス、今回のようなちょっと崩れた彼らもいいけれども、圧倒的な完成度と集中力で他をねじ伏せる、という形でないと勝てないような気がします。
期待値が高い分、ハードルが高いというのでしょうか。

ロバートのダントツでの優勝は予想外でした。
しかし明るく華やかで楽しくはありました。ネタは2008年の時のほうが尖がっていたかもしれません。尖っていればいい、というわけでもないのですが。

華がある、というのは大切なこと。
華って自分たちだけで努力して出るものじゃなく、周りの環境、助力があってこそ、というのが難しい。裏返すと、売れっ子になると皆さんそれなりに華やかさを持ち始め、洗練された顔つきになってくる、ということですが、そこへいくまでが、大変なんだろうなぁ。インパルスはさらに高いところを求められている気がしました。

ロバート、優勝おめでとうございました。

.

R-1ぐらんぷり2011
ドリームマッチ2011
M1グランプリ2010
キングオブコント2010
R-1ぐらんぷり2010
ドリームマッチ2010
M1グランプリ2009
キングオブコント2009

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

.

« 「アイシテル」「アンフェア the special~ダブル・ミーニングー二重定義」 簡単感想 | トップページ | 「プロヴァンス物語 マルセルの夏」「プロヴァンス物語 マルセルのお城」 »

#ドラマ:2011年第3クール」カテゴリの記事

@お笑いコンテスト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キングオブコント2011:

« 「アイシテル」「アンフェア the special~ダブル・ミーニングー二重定義」 簡単感想 | トップページ | 「プロヴァンス物語 マルセルの夏」「プロヴァンス物語 マルセルのお城」 »

作品一覧