2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 海賊戦隊ゴーカイジャー 第29話 「アバレ七変化で新合体」 | トップページ | 魔術はささやく »

2011年9月12日 (月)

仮面ライダーフォーゼ #02「宇・宙・上・等」

公式サイト

ユウキからコズミックエナジーを利用したアストロスイッチの研究をしていた賢吾の父が、その力を悪用しようとする人間たちに殺害されたことを知らされる。フォーゼドライバーとアストロスイッチは亡き父の遺産。以来、賢吾はゾディアーツを止めることが自分の仕事だと思い込んでいるという。
賢吾はそんな重いものを背負っていたのか…。(公式サイトより)

弦太朗は賢吾に反発するのをやめ、サポートをしたい、と申し出ます。

病弱少年、賢吾の秘密が明かされ、二人の基本スタンスも確立されました。
何かと展開がはやいです。

「仮面ライダー」という都市伝説、二人でひとつという設定、ガイアメモリーを思い出させるゾディアーツ。確かにWに似ているかもしれません。
無駄な謎は引っ張らないところも似ている?だったらちょっと嬉しいかも。

フォーゼドライバーで変身したものが「仮面ライダー」という意識はなかったんですね、なるほど。
みんなと友だちになる、と言う弦太朗ですが、友子へのあの迫り方はちょっと怖かったです。
そんな怖い目に会いながらも、ゴス娘、友子は友だちとはいかなくても、味方にはなってくれそう。いじめにあっていた少年は公式を見ると今回きりの登場のようです。ふ~ん・・・
あとの、どうみても嫌~な性格の連中とも、友だちになれるのかな?

幼友達のユウキに、雰囲気が変わった、と言われてうつむく弦太朗。
彼にも何かありそうです。

病弱少年が見た目病弱に見えないのはちょっと気にはなりますが(大汗)、そこは演技でカバー、ということでしょうか。
ユウキって優香さんに似ているかも・・・などなど、まだまだ遠巻きに様子を見ています。

.

.

#01

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 海賊戦隊ゴーカイジャー 第29話 「アバレ七変化で新合体」 | トップページ | 魔術はささやく »

△特撮:仮面ライダーフォーゼ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204809/52711262

この記事へのトラックバック一覧です: 仮面ライダーフォーゼ #02「宇・宙・上・等」:

» 仮面ライダーフォーゼ 第2話 宇・宙・上・等 [レベル999のgoo部屋]
『宇・宙・上・等』 内容 スイッチでフォーゼに変身した弦太朗(福士蒼汰) だが、自分が戦えなくても、賢吾(高橋龍輝)は、弦太朗を認めない。 怪物。。。ゾディアーツは、アストロスイッチにより変身している人間であり 人間のスイッチをオフにしない限り、ゾディアー...... [続きを読む]

» 仮面ライダーフォーゼ第2話「宇・宙・上・等」 [OPUS MAGNUM]
今回は第2話「宇・宙・上・等」。 ストーリーは仮面ライダーフォーゼ第2話「宇・宙・上・等」で! 日曜に見られなかった仮面ライダーフォーゼを見ました! いやー、やっぱり面白いですね! 今回、さっそく進展がありましたね! 如月弦太郎をけむたがっていた歌星賢吾...... [続きを読む]

» フォーゼ「宇・宙・上・等」 [blog mr]
新聞の省略タイトル「宇宙キックと友情」  世間的には好評らしいじゃないですか。電王が人気シリーズになった時点で、俺の感覚と世間様の感覚がずれとることはわかってるので、驚きもしないが。  まぁしかし、弦太朗が素直すぎて爽快感を覚えたのは事実だ。変身しておいて、指示してくれ、とかよく言えるわ。  対照的に、大文字と美羽は徹底的に嫌な奴として描かれるわけね。いつまで持つかは疑問だが。  その肯定評価も、これが「仮面ライダー」だということを忘れられれば、の話。とってつけたように言わなくてもいいってば。... [続きを読む]

« 海賊戦隊ゴーカイジャー 第29話 「アバレ七変化で新合体」 | トップページ | 魔術はささやく »

作品一覧