2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 陽はまた昇る 第5話 | トップページ | 江 姫たちの戦国史 第32話 »

2011年8月20日 (土)

「罠にかかったパパとママ」「ポリアンナ」

BSで放映された映画の感想を忘れないようにネタばれなしでメモっておきます。

「罠にかかったパパとママ」

1962年 米 129分 原題「THE PARENT TRAP!」

原作:エーリッヒ・ケストナー「ふたりのロッテ」
監督:デイヴィッド・スウィフト/脚色:デイヴィッド・スウィフト/音楽:ポール・スミス/製作:ウォルト・ディズニー
出演者:ヘイリー・ミルズ、モーリーン・オハラ、ブライアン・キース、レオ・G・キャロル、ウナ・マーケル

主人公の少女が、自分と瓜二つの少女と出会う。親友となった二人はお互いの事を話すうち、自分たちが、離婚して父と母に引きとられた双子であると分かる。二人は、なんとか両親のヨリを戻そうとするが……。エーリッヒ・ケストナーのユーモア小説『双児のロッテ』に材を採ったホームコメディ。(allcinemaより)

うう、懐かしのヘイリー・ミルズです。
後述の「ポリナンナ」の大ヒットを受けて、同じスタッフで製作されたようです。
幼い時に見たことがあるような、ないような・・・

1949年に発表された原作の「ふたりのロッテ」は、はるか昔に読んだっきりで、ほとんど覚えていません。舞台化及びアニメ化作品は未見です。

映画の双子は名子役のヘイリー・ミルズの一人二役。
当時の最先端の技術や大変な労力を使って製作されたのが、よっくわかります。
でも、双子たちが話し合ったり、一家全員が揃ったシーンには、「ああ、代役。」なんて思ってしまうすれた大人になっちまいました。

最初から最後まで子供目線で作って欲しかったのですが、双子が言い合うシーンを撮るのに時間がかかるためか、後半はパパとママのラブコメ・シーンが多かったです。

夫婦が別れた理由がはっきり描かれていないのは、観客層である子供たちに配慮したためでしょうか。
そのわりに、うんと年下の恋人に夢中になっていたパパの気持ちがママに戻るポイントが、フィジカルなことだけのように見えたのも、なんだかなぁ。
ママもカルフォルニアに来てからは、ハリウッドお得意の「気が強くて可愛い女性」に変貌しちゃったし。
この夫婦、子供たちの気持ちなどおかまいなしなのね(^^;;
ああ、でもそういうのって、アメリカの子供たちには、至極当然なことなのかな。

子供たちのいたずらも、やりすぎていて、あまり笑えませんでした。

元夫婦の感情の流れが、コメディ仕立てを意識するあまり、行き当たりばったりに見えたのが、残念。
前半はともかく・・・後半だけ見ていると、双子が登場しなくても作れた映画じゃないかな、と思ってしまいました。(撃沈)

嬉しかったのは、牧師役で、ヒッチコック映画の名脇役であり、「0011ナポレオン・ソロ」シリーズの課長ことレオ・G・キャロルが飄々と出演していたことです。

.

「ポリアンナ」

1960年 米 134分 原題「Pollyanna」

原作:エレナー・H・ポーター「少女ポリアンナ」
監督:デイヴィッド・スウィフト/脚色:デイヴィッド・スウィフト/音楽:ポール・スミス/製作:ウォルト・ディズニー
出演者:ヘイリー・ミルズ、ジェーン・ワイマン、リチャード・イーガン、カール・マルデン、ナンシー・オルセン、アドルフ・マンジュー、ドナルド・クリスプ、アグネス・ムーアヘッド

両親に死なれ孤児になったポリアンナ(ヘイリー・ミルズ)は、ポリー・ハリント叔母さん(ジェーン・ワイマン)に引き取られた。そして叔母さんから最初に言われたことは、ハリントン家は町の名もハリントン通り、町の人たちがすべてハリントン家を手本にするから礼儀正しく振舞わねばいけない、ということだった。(goo映画より)

これも原作ははるか昔に読みました。続編である「パレアナの青春」も読んだ記憶がありますが、再読していないので内容はほとんど覚えていません。

 

映画はところどころ覚えていました。
特にプリズムで、部屋の中に虹を作るシーンははっきりと。
それからポリアンナが木から落ちるシーンも。

ポリアンナの服を可愛い、と思ったことも思い出しました。
水色をアクセントにした白いセーラー服には憧れました。
で、そんな綺麗な服を着ているのに、外で走り回って汚してしまうのに、ハラハラしたことも。
時代は1910年前後ですが、ポリアンナのファッションは今でも通用するんじゃないでしょうか。やっぱり素敵、と思いました。

物語の方は・・・この映画だけ見ていると、ポリアンナと叔母ポリーの関係がよくわかりません。

恐らくポリーは姉妹(妹か姉かも、字幕を見る限りでは定かではありませんでした)であるポリアンアの母と、貧しい牧師だったポリーの父との結婚に大反対した結果、絶縁状態になっていたのでしょう。
ポリー叔母はポリアンナの母を溺愛していたのではないでしょうか。
だから裏切られたショックも大きかった、というパターンかと。

でも、そんな大人の関係は、薄っすらわかればOK。
「赤毛のアン」シリーズよりも低年齢層をターゲットにしてるので、単純ではありますが、貧しい育ちでありながら、明るく自由な魂の持ち主のポリアンナが、町の人々を解放していく様が楽しかったです。
ラスト、町中の人々が・・・というシーンはちょっと大袈裟に感じましたけれども(汗)。

再見して気がついたことは。

オープニングのタイトルバックのシーンが躍動感に溢れていること。
さすがディズニー、動物の使い方がうまいです。
つかみはOK、これから始まる物語の世界にぐぐっと入っていけました。

そして名だたる名優が出演していること。

ポリー役のジェーン・ワイマン、気難しい老人役のアドルフ・マンジュー、牧師役のカール・マルデン・・・。
そして気難しい老婦人が「奥様は魔女」のサマンサの母上を演じてられたアグネス・ムーアヘッドだったとは。

カール・マルデンが演じる牧師の最初のお説教のシーンが異常に長いのですが、「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」にも見られる、アメリカにおけるキリスト教の狂信的とも言える一面が漂っていて、興味深かったです。

彼ら名優たちとヒロイン、ヘイリー・ミルズの生き生きとした魅力、そして強弱のついた脚本と、これぞ職人という熟練した演出によって、子供映画としては長尺なのですが、すっかり大人になった今でも、面白く見れました。

ヘイリー・ミルズは今もロンドン中心に活躍されているそうです。(2011年8月現在)

.

.

« 陽はまた昇る 第5話 | トップページ | 江 姫たちの戦国史 第32話 »

*DVD・映画・観劇 ら、わ行」カテゴリの記事

*DVD・映画・観劇 総合」カテゴリの記事

#ドラマ:2011年第3クール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「罠にかかったパパとママ」「ポリアンナ」:

« 陽はまた昇る 第5話 | トップページ | 江 姫たちの戦国史 第32話 »

作品一覧