2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

最近のトラックバック

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 海賊戦隊ゴーカイジャー 第25話 「海賊とニンジャ」 | トップページ | 最後の絆 沖縄 引き裂かれた兄弟~鉄骨勤王隊と日系アメリカ兵の真実~ »

2011年8月16日 (火)

ドン・キホーテ 第6話

公式サイト

今回は幸子のお話でした。

ミネコから児相の広報雑誌「あすなろ」の執筆及び構成を命じられた城田・・・やる気ゼロです。

一方、あゆみに耳掃除をしてもらっている鯖島、嬉しそうです、城田が見たら地団太を踏むところでしょう、の元に、大変ですっ、と鯵沢の特集が組まれている極道雑誌を持ってくる兵藤たち。

早速城田に報告する鯖島。
当然のごとく激怒する城田。
出版会社にお金を積んで書かせたことを知って、それならオレも、と、いうことで、高そうなカメラを買って(西脇曰く、ドイツ製)、幸子を本人の意向など関係なく、お金を握らせて無理矢理アシスタントに雇い、グラビア(笑)撮影へ、GO!
カメラマンは城田、被写体は当然鯖島です。

幸子がお金がないこと、そして将来に悩んでいることなど、城田には全く関係ありません。

城田にこき使われながらも、意外に一生懸命にアイスタントを務める幸子。
城田と鯖島がじゃれているのも、ちょっと楽しそうに見ています。
自分も、合い間を見ては写真を撮ったり。
記事を頼まれた兵藤が捻りだす川柳に満足げなあゆみ姐さんや、その川柳と鯖島のポーズがシンクロしているのには、ほのぼのしました。

そして、事務所に河岸をかえて、鯖島組の人たちとも楽しく(爆)撮影。

一方児相では。
幸子を置いて行方をくらましていた母、玲子が、幸子に会いたい、と訪れます。
今は再婚して、女の子にも恵まれた。でも、夫には幸子のことは何も言っていない。
では、幸子に会ってどうするつもりなのですが、とミネコ。
あの時は幸子から別れて本当にほっとしていた。あのままだったらまだ虐待を始めていたかもしてない。
しかし、今の自分が幸せであればあるほど、幸子のことが、幸子に悪いことをしたという思いがわきおこる。なので、あやまりたい。←概略です。

勝手な人だな、と思ってしまいました。
玲子が親権を手放したおかげで、親娘がずっと暮らしていればおきたであろう悲劇は避けられたし、その後、玲子が幸せな家庭を築けて、良かったとは思います。
しかし、そのために払った代償は大きいはず。
玲子がやましさを抱えて生きているのは、救いではありましたが、母として娘を受け入れることができない状態で会えば、かつ、新しい家庭では自分はない者になっていることを知れば、幸子はどう思うか。
置き去りにされた幸子の心の傷を癒すより、自分の気持ちを癒すためだけに幸子に会いにきたとしか思えませんでした・・・それでも一歩踏み出した、ということなのかな。

当然、ミネコは幸子に会わせずに返します。

駿が、離婚をし、身辺整理をした母親に引き取られていく姿を見て、寂しそうな幸子。
そんな幸子を見たミネコは母親が訪れたこと、玲子の、今の境遇と、あやまりたい、という意向を伝えて、住所を渡します。
会うか会わないかはあなた次第だというミネコに、いや、本当は母親にでしょう、反発する幸子。

そうそう、城田がカメラからSDカードを抜いて何じゃらほい、てな顔をして見ているぞ?余計なことをするんじゃないかな?というシーンがありましたが。予想通り騒ぎが。

自分がSDカードをなくした、と思い込んだ幸子。
SDカードをフィルムのようなものだと思っている城田は激怒。おいおい。(苦笑)
意外にも幸子は必死で街中を探し始めます。でも、見つからない。
ミネコに助けを求めます。結局、ミネコが最後の支えなのね。
駆けつけて一緒に探し回るミネコ。

結局見つからないので、ミネコに、こういう時は「ごめんなさい」でしょ、と言われた通り、みんなにあやまる幸子。
そしてミネコには「ありがとう」と。

そこで鯖島が、幸子が写真を撮っていることを思い出します。
これがいい写真でして。鯖島組の人々も大満足。
雑誌に掲載される写真はすべて幸子の撮った作品になりました。

そのころ、城田はようやくSDカードがなんであるかわかりましたが、もう、言い出せません。あんだけ頭ごなしに怒ったんだもんね。

この騒動で少し心が和らいだのか、城田と鯖島に見守られつつ、幸子は母親に会いに行きますが、自分とは関わりのない家庭で、幸せそうにしている母を見て、声をかけずに帰ってきました。

今は、それでいいんじゃないかと思います。

写真を撮るのがよほど楽しかったのか、真っ当な仕事でお金を稼げたのが嬉しかったのか、ミネコの気持ちが伝わったのか。それとも城田と鯖島のオバカっぷりに癒されたのか(笑)

定時制の高校へ行ってちゃんと働く、とミネコに言う幸子。

城田、SDカードの件は、幸子だけにはちゃんと話したようです。口止め料はカメラ。おっと、ふくれっつらだった幸子が破顔一笑。

.

今回も楽しかったです。写真と兵藤の川柳がコラボした、あの極道雑誌が見たい(^^)

ただ・・・幸子の変化がちょっと急激すぎるような気がしました。
駿など児相に保護された子供たちに向ける優しさは描かれていましたが、途中で投げ出さない性格であることや、写真に興味があるとか。もう少し伏線が欲しかったかな、と。
その他、SDカードを探す場所とか、広報誌やカメラなど・・・細かい設定が乱雑というかちょっと?だったりもしたのですが。

ま、ミネコに素直になれたのは嬉しかったので、あまり突っ込まないことにします。
みんなにあやまる幸子の表情から、本気も伝わりましたし。成海さんはこういう一生懸命な表情がとても綺麗だな、と思いました。

幼馴染の少年を巡る行き違いで、女友だち(友だちじゃないけれども。)から一方的に責められる幸子。
このまま縁を切ってしまえばいいのに・・・。
まだ少年は登場するようですので、トラブルが起きる?

次回はお休みですね。寂しいです。

.

.

#1 #2 #3 #4 #5

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 海賊戦隊ゴーカイジャー 第25話 「海賊とニンジャ」 | トップページ | 最後の絆 沖縄 引き裂かれた兄弟~鉄骨勤王隊と日系アメリカ兵の真実~ »

#ドラマ:2011年第3クール」カテゴリの記事

□ドン・キホーテ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204809/52489730

この記事へのトラックバック一覧です: ドン・キホーテ 第6話:

» ドン・キホーテ 第6話 [ぷち丸くんの日常日記]
城田(松田翔太)は、極道雑誌にライバルの鯵沢(小木茂光)がカラーグラビア で特集されていることを知り、自分も特集記事を作ると言い出す。 最高級のカメラ機材を買い込み、幸子(成海璃子)をアシスタントに雇い、鯖島 (高橋克実)をモデルに撮影を開始する。 そんな中、... [続きを読む]

» ドン★キホーテ 第6話 [レベル999のgoo部屋]
『カメラマン初体験』 内容 ミネコ(小林聡美)から、 児童相談所の広報誌の記事を書くよう命じられる城田姿の鯖島(松田翔太) 一方、鯖島姿の城田(高橋克実)に、兵藤(松重豊)が週刊誌を持ち込んでくる。 なんと、ライバルの鯵沢(小木茂光)が特集として、掲載さ...... [続きを読む]

» ドン★キホーテ (第6話 8/13) 感想 [ディレクターの目線blog]
7/9から日テレで始まったドラマ『ドン★キホーテ 』(公式)の第6話『カメラマン初体験』の感想。 いろいろ詰め込み過ぎと言うか、無理してると言うか? これまで幸子(成海璃子)が宙に浮いた存在だったのを、一気に表舞台に出したかったのはわかるが、グラビア記事を作るのと、捨てた母・玲子(西尾まり)との再会を同時に描き、最後に「幸せなら良いや」とまとめるのは、些か強引過ぎやしないか? そもそも… もし、今回のテーマが“幸子の心の成長”であるとしたら、カード紛失や友達の... [続きを読む]

« 海賊戦隊ゴーカイジャー 第25話 「海賊とニンジャ」 | トップページ | 最後の絆 沖縄 引き裂かれた兄弟~鉄骨勤王隊と日系アメリカ兵の真実~ »

作品一覧