2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« それでも、生きていく #07「心の闇について…」 | トップページ | 「罠にかかったパパとママ」「ポリアンナ」 »

2011年8月19日 (金)

陽はまた昇る 第5話

公式サイト

今回は山岳訓練。

悪天候時だからこそ訓練になる、という遠野。
思わず、八甲田山か、と突っ込んだら、直後に蓑島が突っ込んでいて、思わず苦笑。
実際の訓練が、悪天候でも決行されるのかどうかを知らないので、ここはこれ以上突っ込むのはやめておきます。

しかし。
いくら浅瀬があると知っていても、拙いんじゃないかなぁ。川を舐めたらいかんぜよ。
で、マウス・トゥ・マウス、訓練なのに。意識する方がどうかしてるぜ。そのラインを狙っているのはわかってますけれどもね。

訓練を休んででも出産間近な妻の側にいてやりたい、という松岡・・・でも、そういう仕事なんじゃないの?と思ってしまう自分は冷たいのでしょうか(汗)。

今回のドジは珍しく宮田ではなく、湯原でした。
上背のある宮田を背負うのは、さすがに無理があるからかと、邪推。

湯原をかわりばんこに背負いながら、抱負を叫ぶ生徒たち。背負い方を知っている遠野。
中仙道の「体力はなくても~」はちょっとウケました。

が。逃避行と、スナックのママと、罠を仕掛ける杉崎のパートがどうしても蛇足に思えてしまって。
さらに意味ありげな校長と、秘密を探ろうとする蓑島。
彼ら、大人の話に生徒の湯原まで絡ませるのは、もう、勘弁して、って感じ。そうしないと完全に分離してしまうのはわかるのですが。

遠野の妻と安西の話の比重が今後もっと上がりそうなのが、憂鬱です。

生徒たちの成長物語と、メロドラマ。
恐らく接着点は殺されたという、スナックのママの警官だった夫にまつわるエピソードなのでしょうけれども。←違ってたらごめんなさい。

ともかく、逃避行絡みの話には興味が持てないのです。(汗々)
そこを仔細に描く時間があるのなら、生徒たちの成長をもっとちゃんと描いて欲しいのですが。

.

.

#1 #2 #3 #4

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« それでも、生きていく #07「心の闇について…」 | トップページ | 「罠にかかったパパとママ」「ポリアンナ」 »

#ドラマ:2011年第3クール」カテゴリの記事

□陽はまた昇る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 陽はまた昇る 第5話:

» 陽はまた昇る 第5話 [ドラマハンティングP2G]
「絶体絶命…妻の涙」 警視庁警察学校の教官・遠野一行(佐藤浩市)の妻・奈津美(斉藤由貴)とともに逃亡中の犯罪者・安西雄哉(ARATA)を追い、警視庁捜査一課長・杉崎孝夫(六角精児)らは静岡へ。ところが、入院中の奈津美を病室に残し、安西は姿を消してしまう。  …... [続きを読む]

» 陽はまた昇る 第5話 [レベル999のgoo部屋]
『絶体絶命…妻の涙』 内容 安西(ARATA)の所在をつかんだ杉崎捜査一課長(六角精児) 遠野(佐藤浩市)の妻・奈津美(斉藤由貴)が入院する病院に踏み込むのだが、 すでに、安西は逃走していた。 同じ頃、台風が接近する中、白石(波岡一喜)は中止を提案するが ...... [続きを読む]

» 陽はまた昇る (第5話 8/18) 感想 [ディレクターの目線blog]
7/21からテレ朝で始まったドラマ『陽はまた昇る』(公式)の第5話『絶体絶命…妻の涙』の感想。本年5/14放送の『最後の晩餐 ~刑事・遠野一行と七人の容疑者~』の続編。 少しはマシになった? 前回までと比べれば、宮田(三浦春馬)の幼稚な違反と口先だけの反省が無かっただけでも、警察学校モノとしても学園モノとしても、そして宮田の成長と言う部分でも、少しはマシになったと言えるかも? ただ全体的には相変らずグズグズで… 宮田の冒頭の「俺もそろそろ成長した」の台詞を... [続きを読む]

« それでも、生きていく #07「心の闇について…」 | トップページ | 「罠にかかったパパとママ」「ポリアンナ」 »

作品一覧