2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 胡桃の部屋 第3話 | トップページ | それでも、生きていく #06「招かれざる客」 »

2011年8月11日 (木)

チーム・バチスタ3~アリアドネの弾丸 第5回 女解剖医の復讐

原作:「アリアドネの弾丸」(海堂尊著/宝島社刊)

公式サイト

原作未読です。

斑鳩の命令ひとつで、殺害された北山がなぜか東城医大で司法解剖が行なわれることになった。
何か隠そうとしているのではないか、と疑った白鳥は、司法解剖が行なわれる前に密かにAiを行なう。
データからは何も新しいことはわからなかったが、専門家が見れば、何かわかるはず。そのためにデータを取っておくんだ、と白鳥。

北山殺害の容疑者として拘束された島津の行方がわからない。
それどころか、事件そのものが公表されない中、殺害時の録音データを検証するとともに、殺害現場のMRI室に足を運ぶ白鳥、グッチー。

犯人は、磁場外からMRIを壊さずに一撃で北山を倒したことを確認。そんなことが、ガンマニアであるとはいえ、島津ができるとは思えない。
2発の銃声のうち、後の1発は、宇佐見が島津を撃ったもの。
しかし、1発目の銃声がした時には、白鳥、グッチー、宇佐見はともにいた。
と、いうことは第三の人物が忍び込んだ可能性もある。

一方、司法解剖を担当した笹井教授の過去が明らかになります。
笹井教授の、やはり法医学教授だった父親は、冤罪事件をひきおこす決め手となったDNA鑑定を行なった人物で、自分の鑑定が冤罪を引き起こしたことを苦に自殺していた。←大体わかっていたことですが(汗)

警察は常に正しくなければならない。情報に惑わされるな。情報をコントロールするのは我々だ。正義は常に我々のそばにいる。
我々こそ、正義だ。

新米警察官たちの前で自論を滔々と述べる斑鳩。

皮肉る白鳥に、君には守るべき信義はあるのか、私にはある、と。
彼の「守るべき信義」とは何なのでしょうか。

斑鳩の思惑が、北山の死の公表を冤罪事件の判決日にぶつけて、冤罪事件の印象を薄くするためだと推理する白鳥・・・

父のように思っていた北山を殺された宇佐見は、斑鳩のやり方に納得していません。
法医学教室助手の須賀に、笹井教授を救いたいんだろう?と不気味な暗示をかけていました。
須賀にフラグがたったのでしょうか?

島津の犯行ではない、と推定した根拠に無理がありませんでした。
こういうところがしっかりしていると、安心して見れます。
人間関係も、斑鳩、宇佐見、笹井・・・須賀君じゃないけれども、誰を信用していいかわからない状態なのが、じりじりした描き方を含めて、本格ミステリーっぽい感じです。
後は情に流された結末にならないことを願うばかりです。

白鳥は、やはり情より理屈優先、本当は何を考えているかわからない方が、名探偵らしくって好きです。
情緒的な面は、グッチーにまかせて。

ヘンな人たちばかりの中での、フツーの人、玉村が小さくてもいい仕事をしてました。

あ、今回のタイトル「女解剖医の復讐」の復讐って?亡き父が当時の最新技術DNAに振り回されたことに対する復讐心を、現在の最新技術、Aiではらすってことなのでしょうか。どんな復讐をしたのか、はっきり描かれていないのでわかりにくかったです。それともそれはミスリードで、対象は全く違う?←ちょっと投げやり。(汗々)

.

.

第1話 第2話 第3話 第4話

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 胡桃の部屋 第3話 | トップページ | それでも、生きていく #06「招かれざる客」 »

#ドラマ:2011年第3クール」カテゴリの記事

□チーム・バチスタ3~アリアドネの弾丸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チーム・バチスタ3~アリアドネの弾丸 第5回 女解剖医の復讐:

» チーム・バチスタ3~アリアドネの弾丸~ 第5話 [ぷち丸くんの日常日記]
司法解剖のために運び出されていた北山(尾美としのり)の遺体が、東城医大に 戻って来る。 斑鳩(高橋克典)が解剖の担当医に、スミレ(小西真奈美)を指名したためだった。 斑鳩がスミレと組んで何かを隠そうとしていると睨んだ白鳥(仲村トオル)は、解剖 前の遺体を密かに... [続きを読む]

» チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸 第5話 [レベル999のgoo部屋]
『女解剖医の復讐』 内容 島津(安田顕)への業者との収賄疑惑が浮かぶ中 縦型MRI室で警察庁の北山錠一郎審議官(尾美としのり)の遺体が発見される。 左目と銃で撃たれたようで。。。。その近くには島津が、銃を手に倒れていた。 現場に居合わせた宇佐見(福士誠治...... [続きを読む]

» 別館の予備(ぬらり千年魔京&バチスタ3&韓国に快勝) [スポーツ瓦版]
8月11日 ぬらり千年魔京&バチスタ3&韓国に快勝 TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/10977298952/fc725ea9 [続きを読む]

» ぬらり千年魔京&バチスタ3&韓国に快勝 [別館ヒガシ日記]
ぬらり千年魔京は遠野で修行だが リクオ京都に行くため畏れ修行で 総大将が畏れ出す所は良かったし 遠野メンツも声は予想以上だけど 次は羽衣... [続きを読む]

» チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸 (第5話 8/9) 感想 [ディレクターの目線blog]
7/12からフジテレビで始まったドラマ『チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸 』(公式)の第4話『女解剖医の復讐』の感想。原作は未読。 強引に引っ張るなぁ… じわじわ進むのが『チーム・バチスタ』の特徴だから、それはそれとして楽しむしかない。しかし、先週までの事件と松崎事件の客観的な相関関係が、何ら視聴者に提示されていないのに、登場人物たちだけが「つながってる」として、調査や捜査をしているだけに見える。 いや、田口(伊藤淳史)と白鳥(仲村トオル)に関しては、調査していると言う... [続きを読む]

» 《チーム・バチスタ3アリアドネの弾丸》☆05 [まぁ、お茶でも]
先週殺害された北山。 宇佐美は、島津とエレクトリック社との癒着について、北山が調べていたと言った。 玉村に、銃弾の線条痕を調べくれと、宇佐美は、渡した。 北山の遺体が運ばれる時、宇佐美は、哀しそうな顔をした。それを白鳥と、田口が目撃。 宇佐美は、北山審議官は、島津の収賄について話を聞くと言っておられました。 まさか、こんなことになるなんて・・・ 北山審議官は、私にとっては父親も同然でした。 お二人には、またあらためて、島津先生について、お伺いします。... [続きを読む]

« 胡桃の部屋 第3話 | トップページ | それでも、生きていく #06「招かれざる客」 »

作品一覧