2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« それでも、生きていく #05「居場所を求めて…」 | トップページ | 2011年7月の読書 その1 »

2011年8月 5日 (金)

陽はまた昇る 第3話

公式サイト

射撃訓練を中心に、湯原の過去が描かれたお話でした。

このドラマ、少年漫画のようなタッチを目指しているのかも。だとしたら、ある程度成功しているのではないでしょうか。

射撃チャンピオン・・・じゃなくて全国三位の湯原。
拳銃を所持することを軽く見ている宮田たちとぶつかる理由は大体想像はつきましたが、エンディングまでベタに堂々と描いていたので、面白かったです。

パニクって皆に銃弾の入った銃を向ける上野・・・って怖すぎるやん(笑)。
薬莢を隠し持っていた、警察オタクの瀬尾も、ありえへん・・・などなど突っ込みどころは一杯あるのですが。

それぞれのキャラ設定が極端すぎることも含めて、そこはデフォルメしているということで、警察学校のことを全く知らない自分は、生徒とともに警察学校の授業を受けている気持ちになって、へぇぇぇ、と、見れました。

蓑島は、好きな子ほどいじめたくなるタイプなのね(爆)
うたた寝から目覚める宮田のカットは不自然だったかも。

そうそう、逃避行の最中に倒れる奈津美、抱き起こす安西のシーンも、学校の描き方とは方向が違うトリモチレベルのベタベタテイストで、この二人はギャグ要員なの?と思わず思ってしまいました。
同じテイストでは"ワケ"ありげな「スナックのママ」もいます。この"ワケ"もおおよそ想像がつくのですけれども。

で、一番受けたのは、最後の2分割画面でした(苦笑)。
いや、この二人が遠野の警察官人生の鍵を握っているのはわかりますが。浮きまくりすぎて、かえって、爆笑。
射撃訓練の話がどっかへいっちまいました。

楽しんで突っ込めるレベルの作品ではあると思います、今のところ。

.

.

#1 #2

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« それでも、生きていく #05「居場所を求めて…」 | トップページ | 2011年7月の読書 その1 »

#ドラマ:2011年第3クール」カテゴリの記事

□陽はまた昇る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 陽はまた昇る 第3話:

» 陽はまた昇る 第3話 [ドラマハンティングP2G]
「初めての拳銃」 静岡で30代の男が巡回中の警察官から拳銃を奪い、逃走するという事件が発生した。朝一番にそのニュースを耳にした警視庁警察学校の教官・遠野一行(佐藤浩市)は、動揺のあまり動きを止めた。妻・奈津美(斉藤由貴)、そして彼女と逃避行している犯罪者…... [続きを読む]

» 陽はまた昇る (第3話 8/4) 感想 [ディレクターの目線blog]
7/21からテレ朝で始まったドラマ『陽はまた昇る』(公式)の第3話『初めての拳銃』の感想。本年5/14放送の『最後の晩餐 ~刑事・遠野一行と七人の容疑者~』の続編。 たかがドラマだが… 人それぞれの「強さ」を描きたいのはよくわかる。真面目な奴もふざけた奴もいるのはわかる。 しかし、「学校」「生徒」とは言え、学校教育法における「学校」なく「訓練施設」だし、給料を貰う地方公務員であり、何よりこれほど「警察官」としての自覚が希薄な登場人物たちに、いくら遠野(佐藤浩市)がありがたいお説... [続きを読む]

» 陽はまた昇る 第3話 初めての拳銃 [レベル999のgoo部屋]
『初めての拳銃』 内容 その日は特別な日だった。 静岡で警察官が拳銃を奪われる事件が発生した。 流れるニュースに、遠野(佐藤浩市)は、胸騒ぎを覚え 杉崎(六角精児)に連絡を入れる。。。。 まさか、、妻・奈津美(斉藤由貴)と安西(ARATA)なのでは!?と...... [続きを読む]

« それでも、生きていく #05「居場所を求めて…」 | トップページ | 2011年7月の読書 その1 »

作品一覧